*

「 月別アーカイブ:2014年07月 」 一覧

【更新】『ぼくたちは見た ガザ・サムニ一家の子どもたち』を作品紹介に加えました。

2014/07/31 | お知らせ

『ぼくたちは見た ガザ・サムニ一家の子どもたち』を作品紹介に加えました。 パレスチナ・ガザでほぼ無差別爆撃が続き、また多くのこどもたちが殺されました。この映画は2008年から2009年にかけての

続きを見る

映画「ぼくたちは見た」

映画「ぼくたちは見た」のご紹介 1400人という多くの犠牲を出した、2008年から09年にかけてのイスラエル軍によるパレスチナ・ガザ地区への攻撃。本作の監督であるジャーナリス ト・古居み

続きを見る

第13回憲法を考える映画の会(7月19日『ファルージャ』)手元資料

第13回憲法を考える映画の会(7月19日『ファルージャ』)手元資料 第13回憲法を考える映画の会(7月19日『ファルージャ』)手元資料をpdfでアップします。 ダウンロードは下記から 第13

続きを見る

『GODZILLA』

映画『GODZILLA』を見に行ってきました。 おすすめの関連図書でご紹介した『映画で憲法を学ぶ』(志田陽子編)の第1部の冒頭が 1『ゴジラ』の時代だったからです。(Facebook「憲法を考える映

続きを見る

【更新】『GOBAKU』『ジャーハダ』を作品紹介に加えました。

2014/07/25 | お知らせ

DVD『GOBAKU アメリカは誰と戦っているのか?』『ジャーハダ イラク民衆の戦い』を作品の紹介 しばらく「憲法を考える映画」の紹介をアップしていなかったのですが、再開します。 『GOBAK

続きを見る

GOBAKU アメリカは誰と闘っているのか?

■戦火のアフガニスタン、イラクを果敢に取材。オバマの戦争、その実態としくみを解き明かす 2008年3月のイラクから2010年1月のアフガンまで、撮りためてきたイラク・アフガン映像を、一つ

続きを見る

ジャーハダ イラク 民衆の戦い

あきらめるな! 米軍の撤退を求める民衆の闘い──武器を持って闘うのではなく、集会やデモ行進で平和なイラクを取り戻そうとする人々。そんな草の根の闘 いにエールを送る。感動と連帯の映像。「ジャーハ

続きを見る

「平和の灯を!ヤスクニの闇へ 2014キャンドル行動」のご案内

2014/07/23 | お知らせ, イベント

「平和の灯を!ヤスクニの闇へ 2014キャンドル行動」のご案内 日時 : 2014年8月9日(土)13:30〜18:30  19:00〜キャンドル・デモ 会場: 在日本韓国YMCA スペースYホー

続きを見る

日本とイスラエル共同声明の意味するもの

日本とイスラエル共同声明の意味するもの ガザ地区の空爆と地上戦に日本製の兵器が使われ、武器を持たない住民や子供たちを殺す日も 「今年5月に安倍首相がイスラエルのネタニヤフ首相と『準同盟国』となる共

続きを見る

泥にまみれた靴で 未来につなぐ証言 侵略戦争

1931年から15年におよんだ侵略戦争で加害者となった兵士たちは、人間性を奪われ、鬼へとわっていった。侵略戦争の深い反省にたって生まれた日本国憲法。罪を自覚し自らの体験を語り始めた兵士たち。「

続きを見る

ジョン・ラーベ

映画「ジョンラーベ」 【上映情報】 『ジョン・ラーベ 南京のシンドラー』(2016/04/03 武蔵境駅)のご案内 と き:4月3日(日)13時半〜17時 ところ:武蔵野

続きを見る

チルドレン・オブ・ホァンシー 遥かなる希望の道

1930年代の終わり、日中戦争の戦火が南京から黄石(ホァンシー)に迫ったことを知り、中国人孤児60名を連れてシルクロードを横断した英国人記者ジョージ・ホッグ(英語版)の実話の映画化。 日

続きを見る

南京1937

日中戦争下の南京で日本軍が行ったいわゆる“南京大虐殺”を描いた実録歴史ドラマ。監督は「太陽山」のウー・ツゥニュウ。製作は「フェイス/オフ」など監督として著名なジョン・ウー。 出演は「ロア

続きを見る

南京!南京!

中国の“第6世代”に属する若手監督・陸川(ルー・チュアン)が4年の歳月をかけて入 念に準備・制作した注目作。日中戦争時の南京陥落と、その後おこなわれた大虐殺の惨劇を描く。1937年12月、日本

続きを見る

集会・デモのご案内

2014/07/21 | お知らせ, イベント

7月から8月にかけての集会・デモのご案内 7月25日(金) 「パレスチナ占領を終わらせよう!安倍はイスラエルを支援するな! ~ガザの殺りくを今すぐヤメロ!対イスラエル大使館7.25デモ~」 7

続きを見る

「ファルージャ」上映会(国分寺)のお知らせ

2014/07/21 | お知らせ, 上映会

「ファルージャ」上映会(国分寺)のお知らせ   7月24日(木)7月25日(金)国分寺で「平和のための戦争展」があります。 その中で、『ファルージャ イラク戦争日本人人質事件そして

続きを見る

北海道新聞「映画で憲法考えよう」紹介

北海道新聞「映画で憲法考えよう」紹介 7月11日の北海道新聞の「『不戦』どこへ」という記事の一つとして、「憲法を考える映画の会」と「憲法を考える映画のリスト」が紹介されました。 ち

続きを見る

『ファルージャ』プレスシートのご案内

『ファルージャ』プレスシートのご案内 第13回「憲法を考える映画の会」 ■日時:7月19日(土)14時〜16時半 ■会場:東京体育館第2会議室(総武線千駄ヶ谷駅・地下鉄大江戸線国立競技場駅2

続きを見る

19日上映「ファルージャ」チラシのご案内

2014/07/14 | 上映会

19日上映「ファルージャ」チラシのご案内 第13回憲法を考える映画の会 7月19日(土)14時〜16時半に上映する 『ファルージャ  イラク戦争 日本人人質事件…そして』の案内チラシが届きました

続きを見る

怒りのブルドーザーデモ

2014/07/12 | イベント

怒りのブルドーザーデモのご案内 日時:8月2日(土)16時出発(予定) 場所:代々木公園ケヤキ並木 8.2 ファシズム潰せ!安倍政権打倒 怒りのブルドーザーデモ 安倍政権の民意無視のフ

続きを見る

ad

ad


第32回「小林多喜二」20170209 オモテ
映画「小林 多喜二」

映画「小林 多喜二」 今井正監督 1974年制作 119分 多喜二プ

テロ等準備罪は必要か?
上映会にインターネットTVの取材が来ました。

前回の『横浜事件を生きて』の上映会には,テレビ朝日系のインターネット報

スキャン 10
座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバル

ドキュメンタリーフェスティバル     2017年

170129千駄ヶ谷区民会館
第31回 憲法を考える映画の会「横浜事件を生きて」報告

第31回憲法を考える映画の会報告 2017年1月30日の「レイバ

憲法を考える映画の会あとおいニュース7(20170125ウラ)
憲法を考える映画の会あとおいニュース第7号

※次回の憲法を考える映画の会のご案内を送る送り状として、また「

→もっと見る

PAGE TOP ↑