*

19日上映「ファルージャ」チラシのご案内

公開日: : 上映会

19日上映「ファルージャ」チラシのご案内

第13回憲法を考える映画の会

7月19日(土)14時〜16時半に上映する

『ファルージャ  イラク戦争 日本人人質事件…そして』の案内チラシが届きましたので紹介します。

ファルージャチラシ表面

ファルージャチラシ裏面

7月5日憲法を考える映画の会の準備会で試写を行いました。

私たちはこの映画を、「集団的自衛権行使容認が閣議決定」された今の時期に上映して行くことに次のような意味を考えています。

❶集団的自衛権の行使によって日本が加担する戦争とはどのようなものか、を考えます。

❷日本人人質事件がどのようなものであったかを、もう一度見直していくことを通して安倍さんが説明している「集団的自衛権行使の想定」とくに邦人保護の話が如何に欺瞞に満ちたものであるか考えます。

❸そもそもなぜ人質事件が起きたのか、その原因の「イラク自衛隊派遣」から目をそらさせ、邦人保護をせずに「自己責任論」でバッシングをした政府、メディア、あるいは乗った日本人の責任を考えます。

❹イラク戦争、とくに「ファルージャの戦闘」とはどのようなものだったのか?表向きは「アメリカ合衆国軍とイラク武装勢力との間の戦闘」とされていますが、犠牲者はほとんどが女性や子どもを含む武装していない住民でした。このようなアメリカの戦争に自衛隊員を派兵し、アメリカを守るために自衛隊員 がこのような戦闘=殺害を犯すことになると考えながらこの映画を見ると、集団的自衛権行使容認がもたらすもの、それによって失われるものが見えてきます。

❺もう一つこの映画に描かれているのが、劣化ウラン弾の後遺症、イラクでたくさん生まれている奇形児の悲劇についてです。アメリカが行った戦争はアメリカ軍が撤退した今も人々を苦しめ、人々の未来をも奪っていきます。そんな同盟国に対して軍事的歩調を合わせて戦争しようとしているのが「集団的自衛権」行使です。

そしていま、「集団的自衛権行使容認が閣議決定」直後から安倍政権はそうしたアメリカ軍と一緒に戦争をするために「攻撃型」武器の導入を検討することを表明しています。

武器「攻撃型」シフトに

日本国憲法を無視し、国家の名の下に戦争を始めるための武器を国民の税金でそろえようとしています。

安倍さんの意図していることがますます露骨になって来ています。(東京新聞以外のメディアはあまり報道しないので「露骨」ではないのか)

ad

Comment

  1. 小野寺 敬子 より:

    19日の映画会は予約しなくて大丈夫ですか?

    • 花﨑哲 より:

      小野寺敬子様
      コメントありがとうございます。
      予約はいつも用意していないので大丈夫です。    混み合う様なことがありましたら、念のために受付にお名前を伝えてコメントをいただいていることを伝えておきます。
      どうぞよろしくお願いします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事

被爆者映画祭表

被爆者の声を受け継ぐ映画祭のご案内

「被爆者の声を受け継ぐ映画祭2014」のご案内 7月3日(木)から6日(日)の4日間。 御茶ノ

記事を読む

スライド1

第13回憲法を考える映画の会のご案内

第13回憲法を考える映画の会のご案内 日時:7月19日(土)14時〜16時半 会場:東京体育鑑

記事を読む

highpower_jp_v5

映画「ハイ・パワー:大いなる力」

映画「ハイ・パワー:大いなる力」 映画「印・タラプール原発を描いた映画「ハイ・パワー:大いなる力」

記事を読む

hyouteki_mura

上映会『標的の村』のご案内

  上映会のメンバーが「標的の村」の上映会を千葉で開催致します。憲法を考える

記事を読む

辺野古2014年8月

第3回「憲法を考えるちいさな映画の会(試写会)」のおしらせ

第3回「憲法を考えるちいさな映画の会(試写会)」のおしらせ 日時:10月04日(土)13時半〜16

記事を読む

第34回憲法映画祭2017(2017・3・20)オモテ

憲法映画祭2017

憲法映画祭2017   【憲法映画祭2017】のご案内 と き:4月29日(祝)30日

記事を読む

第22回案内チラシ「ハーツ・アンド・マインズ」151128()

第22回憲法を考える映画の会のご案内

第22回憲法を考える映画の会 『ハーツ・アンド・マインズ』を見て 私たちが今巻き込まれようと

記事を読む

7月11日北海道新聞

北海道新聞「映画で憲法考えよう」紹介

北海道新聞「映画で憲法考えよう」紹介 7月11日の北海道新聞の「『不戦』どこへ」という記事の一

記事を読む

第20回案内チラシ「誰も知らない基地のこと」150825(色-フェリオ).pptx

第20回 「憲法を考える映画の会」『誰も知らない基地のこと』

第20回 「憲法を考える映画の会」 『誰も知らない基地のこと』 第19回「憲法を考える映画の会」

記事を読む

no_%e3%83%9b%e3%82%9a%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc

映画『NO(ノー)』

映画『NO(ノー)』 監督:パブロ・ラライン チリ映画 2012年制作 118分

記事を読む

ad

ad


第34回憲法映画祭2017(2017・3・20)オモテ
憲法映画祭2017

憲法映画祭2017   【憲法映画祭2017】のご案内

第33回「武器なき斗い」20170225
武器なき斗い

武器なき斗い 『武器なき斗い』(140分)監督:山本薩夫

テロ等準備罪は必要か?
上映会にインターネットTVの取材が来ました。

前回の『横浜事件を生きて』の上映会には,テレビ朝日系のインターネット報

第32回「小林多喜二」20170209 オモテ
映画「小林 多喜二」

映画「小林 多喜二」 今井正監督 1974年制作 119分 多喜二プ

スキャン 10
座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバル

ドキュメンタリーフェスティバル     2017年

→もっと見る

PAGE TOP ↑