*

「 憲法9条を考える 」 一覧

テレビドキュメンタリー番組『言わねばならないこと─新聞人 桐生悠々の警鐘』

テレビドキュメンタリー番組『言わねばならないこと─新聞人 桐生悠々の警鐘』 【上映情報】 憲法を考えるちいさな映画の会『言わねばならないこと─新聞人 桐生悠々の警鐘』 と き:20

続きを見る

憲法映画祭2019

憲法映画祭2019のご案内   と き:2019年4月26日(金)19:00〜(前夜祭) 27日(土) 10:00〜 28日(日) 10:00〜 ところ:武蔵野公会堂ホール プログラム

続きを見る

憲法を武器として 恵庭事件 知られざる50年目の真実

憲法を武器として 恵庭事件 知られざる50年目の真実 【上映情報】 映 画「憲法を武器として 恵庭事件 知られざる50年目の真実」上映会 日 時:3月8日(木)14時~

続きを見る

映画「流血の記録 砂川」

流血の記録 砂川 1957年制作 日本映画(ドキュメンタリ−) 57分 亀井文夫 監督作品 【上映の案内】 と き:2016年8月12日(金)~19日(金)まで(月曜休

続きを見る

ハトは泣いている 時代(とき)の肖像

ハトは泣いている 時代(とき)の肖像 「公正中立」って何だ?民主主義って何だ?浮き彫りにされるキナ臭い時代状況 監督:松本武彰 出演:中垣克久(彫刻家)「九条俳句」市民応援団のみなさん 2

続きを見る

【更新】軍隊をすてた国

映画『軍隊をすてた国』のご案内 久々に「憲法を考える映画」らしい映画のご案内ができます。 軍隊をすてた国コスタリカは、私たちの知らないでいるいろいろなことを教えてくれます。 考えさせます

続きを見る

ANPO あの熱かった時代の「抵抗」のアート

ANPO あの熱かった時代の「抵抗」のアート 六十年安保当時、熱かった日本をアーティストたちはどう表現したのか。 1960年6月に日米安全保障条約が岸信介政権下で自動更新されるまでの

続きを見る

憲法万華鏡

いま、「憲法」をテーマに映像で何が表現できるのだろうか? 様々な人々が様々な方法で「憲法」をテーマに憲法について映像で表現した作品集です。3分間の作品が14本収録されています。 収録作品の中に

続きを見る

加藤周一さん九条を語る

評論家として生き、運動に直接かかわることのなかった加藤さんが、自ら呼びかけ人となって実践にのりだした課題、それが“九条”でした。晩年の加藤さんは、九条の会の講演やセミナーだけでなく、学生の集ま

続きを見る

井上ひさしさん九条を語る

  世界は九条の世界を実現しようとしている 2010年4月9日に亡くなった井上ひさしさんが語った憲法九条を守ることの意味。改憲をねらう安倍晋三自民党政府が復活するなか、改

続きを見る

映画日本国憲法

■戦後60年目を迎えた2005年、自衛隊のイラク派兵をきっかけに憲法についての踏み込んだ議論がはじまりました。国内のあまりに性急な改憲への動きを、 世界に視野を広げて見つめ直す、それがこの映画

続きを見る

戦争をしない国日本

この映画は憲法公布60周年にあたり、日本国憲法とその平和主義をめぐる規定が、なぜ、どのように誕生したのか、それは日本社会と国際社会にどのような役割を果たしてきたのか、日本国民と各階層はそれをど

続きを見る

ad

ad


「靖国・地霊・天皇」上映とお話の会-2オモテ
「遠近を抱えてPART2」「靖国・地霊・天皇」上映会

「遠近を抱えてPART2」「靖国・地霊・天皇」上映会   【上映情

天皇制を考える20191012
特別講演会 「現代天皇制による『心の支配』」

憲法を考える映画の会 映像とお話 特別講演会  10月22日即位の礼

第53回「ニジノキセキ」20191026コピー3
映画「ニジノキセキ─「4.24」の未来へ、七色の架け橋─」

映画「ニジノキセキ─「4.24」の未来へ、七色の架け橋─」

「自主制作映画見本市#2」オモテ190923
自主制作・上映映画見本市#2

自主制作・上映映画見本市#2   と き:2019年9月23日

10月14日報告集会用チラシ(1010版その2)
あいちトリエンナーレ《表現の不自由展:その後》再開を明日につなげる報告集会

『あいちトリエンナーレ 《表現の不自由展:その後》』再開を 明日につな

→もっと見る

PAGE TOP ↑