*

『GODZILLA』

公開日: : お知らせ, ごまめのはぎしり

映画『GODZILLA』を見に行ってきました。

おすすめの関連図書でご紹介した『映画で憲法を学ぶ』(志田陽子編)の第1部の冒頭が 1『ゴジラ』の時代だったからです。(Facebook「憲法を考える映画の会」2014年5月9日紹介)http://www.hou-bun.com/cgi-bin/search/detail.cgi?c=ISBN978-4-589-03550-9

あれから60年、映画は当時何を描こうとし、今、何を描こうとしているのか、見て考えたかったからです。

『ゴジラ』は1954年11月公開、3月にビキニ環礁で核実験が行われ第5福竜丸が死の灰を浴びた年。7月には保安庁が防衛庁になって映画の中にも発足したての自衛隊が出てくる。(そういえば自衛隊の60年目の記念の日の7月1日に、安倍政権は集団的自衛権の閣議決定をしようとしていたっけ)

640px-Gojira_1954_Japanese_poster

そして2014年、映画『GODZILLA』はしっかりとその集団的自衛権を行使して共に戦う「我が国と密接な関係にある他国」の戦争映画になっていました。

godzilla_poster

以下映画を見ながら考えたこと、断片的に。

・アメリカ人から見て、日本は危ない国だってことになっているんだなあ、富士山と高層ビル街と原発が一つの画面にあるような。アメリカも十分に危ない国ですけどね。

・311や911のトラウマを次々と逆なでしていくのがパニック映画というものなのだろう。

・アメリカ人の放射能や核兵器についての認識ってやっぱりこんなもんなんだ(核戦争になったら机の下に身を隠しなさい程度の)そんな国が地球上の人間を何回も殺せる量の核弾頭をもっていて、核開発をしようと言うそぶりを見せる勢力を力尽くで抑え込もうとしている。

・怪獣映画なのだろうと思って見に行ったら、(一瞬これは反核・反原発に使える映画と思ったのだけど)結局戦争映画でした。(兵器が妙に前時代的でしたが)

・アメリカの軍人って、(あるいは政治家も)たてまえとして市民を巻き添えにするなと言って英雄的無謀さを強要しながら、その戦法においては市民や住民をまったく頓着しないことがわかりました。他国民はもちろん、自国民に対してでも。イスラエルの軍人と政治家もまた。

とあまり書いていると何だか自分が貧しくなってくるので、テキトウにします。

『映画で憲法を学ぶ』(志田陽子編)の第1部の冒頭が 1「『ゴジラ』の時代」を読み直して、もう一度し昭和29年制作の『ゴジラ』を見たくなりました。

出来ればFilmで、屋外上映会か何かで。https://www.facebook.com/satoshi.hanasaki(7月20日)

『映画で憲法を学ぶ』(志田陽子編)

第Ⅰ部 平和と国際社会
1.『ゴジラ』の時代(『ゴジラ』)
2.『戦争のはじめかた』の終わりかた(『バッファロー・ソルジャーズ─戦争のはじめかた』
3.国家の統治原理の転換と戦争責任・戦後補償『私は貝になりたい』
4.憲法とは何か『遠い夜明け』
5.法学博士の異常な愛情(『博士の異常な愛情(…)』『2001年宇宙の旅』

映画で学ぶ憲法

 

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事

空想の森映画祭

第19回空想の森映画祭

「第19回空想の森映画祭」のご案内 日時:9月13日(土)14日(日)15日(祝) 会場新得

記事を読む

写真

小平でもで考えたこと(子供たちにどう話せるか?)

【報告】小平デモに5日の日、行ってきました。 デモ行進がはじまる前のスピーチの最後は親子連れでした

記事を読む

自由と壁とヒップホップ

自由と壁とヒップホップ

自由と壁とヒップホップ 音楽に境界はない!!! パレスチナのヒップホップムーブメントを取り上げた

記事を読む

140813東京新聞記事「消される戦争の跡」

「消される戦争の跡」と日本会議の正体

「消される戦争の跡」と日本会議の正体 最近の新聞記事を読んで気づいたことと前から気になっていたこと

記事を読む

第18回案内チラシ「憲法を語る150613(色-エグゼクティブ).pptx

第18回「憲法を考える映画の会」の案内アップしました

第18回「憲法を考える映画の会」の案内アップしました 詳しくはこちらから「第18回憲法を考える

記事を読む

41NVMK63SXL-1

【更新】映画『白バラの祈り』をアップしました。

白バラの祈り 白バラの祈り ヒトラー独裁政権末期、人々に“自由“を呼びかけた“白バラ

記事を読む

disc_case

【更新】「憲法について考える」作品に8作品を追加

「憲法について考える」作品に8作品を追加しました。   戦争をしない

記事を読む

ひまわり

ひまわり ~沖縄は忘れないあの日の空を~

映画「 ひまわり ~沖縄は忘れないあの日の空を~ 」 ■あの悲惨な沖縄戦から生き延びた沖縄

記事を読む

シチズンフォー

映画『シチズンフォー スノーデンの暴露』(原題:”CITIZENFOUR”)

映画『シチズンフォー スノーデンの暴露』(原題:"CITIZENFOUR") 2014年/アメリカ

記事を読む

140803

【更新】『こわされた5つのカメラ』『沈黙を破る』の2作品を作品紹介に加えました。

イスラエルによるガザ攻撃で1000人以上の市民が殺されたと報道されています。このような殺戮

記事を読む

ad

ad


第37回「戦ふ兵隊・日本の悲劇」20170731
戦ふ兵隊 日本の悲劇

第37回憲法を考える映画の会 と き:2017年8月27日(日)13

第36回「『テロリストは誰?』3
テロリストは誰?

テロリストは誰? 映画『テロリストは誰?』 2004年 フランク・ド

第35回「『知事抹殺』の真実」
「知事抹殺」の真実

「知事抹殺」の真実 映画『知事抹殺の真実』2016年制作 我孫子亘監

第34回憲法映画祭2017(2017・3・20)オモテ
憲法映画祭2017

憲法映画祭2017   【憲法映画祭2017】のご案内

第33回「武器なき斗い」20170225
武器なき斗い

武器なき斗い 『武器なき斗い』(140分)監督:山本薩夫

→もっと見る

PAGE TOP ↑