*

『GODZILLA』

公開日: : お知らせ, ごまめのはぎしり

映画『GODZILLA』を見に行ってきました。

おすすめの関連図書でご紹介した『映画で憲法を学ぶ』(志田陽子編)の第1部の冒頭が 1『ゴジラ』の時代だったからです。(Facebook「憲法を考える映画の会」2014年5月9日紹介)http://www.hou-bun.com/cgi-bin/search/detail.cgi?c=ISBN978-4-589-03550-9

あれから60年、映画は当時何を描こうとし、今、何を描こうとしているのか、見て考えたかったからです。

『ゴジラ』は1954年11月公開、3月にビキニ環礁で核実験が行われ第5福竜丸が死の灰を浴びた年。7月には保安庁が防衛庁になって映画の中にも発足したての自衛隊が出てくる。(そういえば自衛隊の60年目の記念の日の7月1日に、安倍政権は集団的自衛権の閣議決定をしようとしていたっけ)

640px-Gojira_1954_Japanese_poster

そして2014年、映画『GODZILLA』はしっかりとその集団的自衛権を行使して共に戦う「我が国と密接な関係にある他国」の戦争映画になっていました。

godzilla_poster

以下映画を見ながら考えたこと、断片的に。

・アメリカ人から見て、日本は危ない国だってことになっているんだなあ、富士山と高層ビル街と原発が一つの画面にあるような。アメリカも十分に危ない国ですけどね。

・311や911のトラウマを次々と逆なでしていくのがパニック映画というものなのだろう。

・アメリカ人の放射能や核兵器についての認識ってやっぱりこんなもんなんだ(核戦争になったら机の下に身を隠しなさい程度の)そんな国が地球上の人間を何回も殺せる量の核弾頭をもっていて、核開発をしようと言うそぶりを見せる勢力を力尽くで抑え込もうとしている。

・怪獣映画なのだろうと思って見に行ったら、(一瞬これは反核・反原発に使える映画と思ったのだけど)結局戦争映画でした。(兵器が妙に前時代的でしたが)

・アメリカの軍人って、(あるいは政治家も)たてまえとして市民を巻き添えにするなと言って英雄的無謀さを強要しながら、その戦法においては市民や住民をまったく頓着しないことがわかりました。他国民はもちろん、自国民に対してでも。イスラエルの軍人と政治家もまた。

とあまり書いていると何だか自分が貧しくなってくるので、テキトウにします。

『映画で憲法を学ぶ』(志田陽子編)の第1部の冒頭が 1「『ゴジラ』の時代」を読み直して、もう一度し昭和29年制作の『ゴジラ』を見たくなりました。

出来ればFilmで、屋外上映会か何かで。https://www.facebook.com/satoshi.hanasaki(7月20日)

『映画で憲法を学ぶ』(志田陽子編)

第Ⅰ部 平和と国際社会
1.『ゴジラ』の時代(『ゴジラ』)
2.『戦争のはじめかた』の終わりかた(『バッファロー・ソルジャーズ─戦争のはじめかた』
3.国家の統治原理の転換と戦争責任・戦後補償『私は貝になりたい』
4.憲法とは何か『遠い夜明け』
5.法学博士の異常な愛情(『博士の異常な愛情(…)』『2001年宇宙の旅』

映画で学ぶ憲法

 

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事

love

【上映会】「憲法を考える映画の会 ちいさな映画会」のおしらせ

「憲法を考える映画の会 ちいさな映画会」のおしらせ 日時:6月21日(土)14時〜16時半

記事を読む

第8回浦安ドキュメンタリー映画祭

第8回うらやすドキュメンタリー映画祭

第8回うらやすドキュメンタリー映画祭(千葉・浦安市)のご案内 と き:2019年5月3

記事を読む

圧殺の海オモテ

圧殺の海─沖縄・辺野古

映画「圧殺の海─沖縄・辺野古」のご案内 2014 年7月1日、安倍首相が集団的自

記事を読む

sato_main_B5

映画「さとにきたらええやん」

映画「さとにきたらええやん」 2015年/日本/100分 重江良樹監督   【映画

記事を読む

亡国の安保政策

栁澤協二さん講演「迷走する集団的自衛権」+αのご紹介

栁澤協二さん講演「迷走する集団的自衛権 政府の言う15事例は現実に起こりうるのか?」のご紹介 9月

記事を読む

スライド1

第13回憲法を考える映画の会のご案内

第13回憲法を考える映画の会のご案内 日時:7月19日(土)14時〜16時半 会場:東京体育鑑

記事を読む

main

【更新】『消えた画 クメール・ルージュの真実』を作品紹介にアップしました。

【更新】『消えた画 クメール・ルージュの真実』を作品紹介にアップしました。 プノンペンの戦

記事を読む

本会のコラム7月2日山口二郎

泣く子はきちんと叱り、地頭の横暴は許さないようにしましょう!

泣く子はきちんと叱り、地頭の横暴は許さないようにしましょう! 東京新聞の「本音のコラム」は7人の書

記事を読む

10569068_10152171252706836_5619608196899509430_n

「パレスチナ・ガザのドキュメンタリー映画 8.8 緊急上映会のご案内

「パレスチナ・ガザのドキュメンタリー映画 8.8 緊急上映会 Here and Now 私たちにで

記事を読む

2018:2:7・毎日新聞夕刊

「映画で憲法を考える 歴史的事実、生き生きと」(2018/2/7・毎日新聞夕刊)

「映画で憲法を考える 歴史的事実、生き生きと」(2018/2/7・毎日新聞夕刊)のご紹介 と き:

記事を読む

ad

ad


第63回憲法を考える映画の会『標的』2022年2月6日入稿用オモテ
第63回 憲法を考える映画の会『標的』

第63回 憲法を考える映画の会『標的』 【上映会情報】

「自主制作映画見本市7」20211226オモテ
自主制作上映映画見本市#7

自主制作上映映画見本市#7 【上映情報】 日時:202

20211121憲法を考える映画の会「子どもたちの昭和史」オモテ
第62回憲法を考える映画の会『子どもたちの昭和史 第1部 大東亜戦争 第2部 15年戦争と教師たち』

第62回憲法を考える映画の会『子どもたちの昭和史』 【上映会

「自主制作映画見本市6」20210923(9月1日)P1
自主制作上映映画見本市#6

自主制作上映映画見本市#6 【上映情報】 自主制作上

第61回「荒野に希望の灯をともす」20210702(表面)
第61回憲法を考える映画の会『荒野に希望の灯をともす〜医師・中村哲 現地活動35年の軌跡〜』〈中村哲さんと日本国憲法を考える〉

第61回憲法を考える映画の会 『荒野に希望の灯をともす〜医師・中村哲

→もっと見る

PAGE TOP ↑