*

第16回憲法を考える映画の会「証言 侵略戦争」のご案内

公開日: : お知らせ, 上映会

第16回憲法を考える映画の会は「証言 侵略戦争」三部作を見て話し合います。

第16回憲法を考える映画の会

日時:3月14日(土)13:30〜16:30

会場:東京体育館 第4会議室 (総武線千駄ヶ谷駅・地下鉄大江戸線国立競技場駅2分)

映画:『証言 侵略戦争 人間から鬼へ、そして人間へ』(43分)
『証言 中国人強制連行』(41分)
『証言 20世紀からの遺言 若者が問う侵略戦争』(38分)
参加費:一般800円  学生600円

第16回憲法を考える映画の会案内チラシオモテ(150220).pptx 第16回憲法を考える映画の会案内チラシウラ(150220).pptx

戦後70年、首相談話はどのようなものになるのか、ということに注目が集まっています。

村山談話や小泉談話を引き継ぐのか、「植民地支配と侵略」や「痛切な反省」という言葉は、引き継がれるのか? 集団的自衛権についての閣議決定に基づく安全保障関連法案により、「戦争ができる国」へ向かう首相の決意を示しています。

戦争の現実とは?いま、体験者の言葉に静かに耳を傾けたい。

今回上映する映画は、『証言 侵略戦争』の三部作です。

戦争体験者が自らの体験、戦場での残虐行為・強制連行・生体解剖を語ります。それは、自らの行為に向き合い「上官命令だから」「そういう状況だったから」と個人の責任を回避せず、悩み、苦しんだ末の証言であり、それゆえに私たちの胸に強く迫ります。

この映画で証言された証言者達の多くは、今は、もうお亡くなりになり、この映画は、遺言となりました。

積極的平和主義の名のもと、戦争ができる国への道を歩みだしているように思える今、戦争の現実を知り、しっかりと、立ち止まって考えるため、証言者の言葉に静かに耳を傾けたいと思います。

DVD「証言 侵略戦争」DVD発売(証言シリーズ3本セット) 定価5000円+税(送料実費)             お問い合わせ:日本中国友好協会本部(東京都千代田区西神田2-4-1 東方学会ビル3階              TEL 03-3234-4700 FAX03-3234-4703 nicchu@jcfa-net.gr.jp)

リーフレット「証言 侵略戦争」三部作

証言侵略戦争DVDジャケット2

『証言 侵略戦争 人間から鬼へ、そして人間へ』(43分)                           『証言 中国人強制連行』(41分)
『証言 20世紀からの遺言 若者が問う侵略戦争』(38分)

 

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事

ANPOジャケット表

【更新】映画『ANPO』作品紹介にアップしました。

【更新】映画『ANPO』作品紹介にアップしました。 映画『ANPO』あの熱かった時代の「抵抗」

記事を読む

第25回憲法映画祭160501 オモテ

憲法映画祭2016 5月1日

憲法映画祭2016   と き:2016年5月1日(日)11時〜19時 ところ:東京体

記事を読む

戦場ぬ止み

戦場ぬ止み

戦場ぬ止み 監督:三上知恵 2015年 日本 129分  

記事を読む

野獣たちのバラードリーフレット

【更新】「ありふれたファシズム」の作品紹介・上映会案内

「ありふれたファシズム」の作品紹介 第14回憲法を考える映画の会に上映する「ありふれたファシズム─

記事を読む

栁沢さん講演3

報告 「栁沢協二さんの講演『迷走する集団的自衛権』」から

報告「9条フェスタ市民ネット学習会」で栁沢協二さんの講演『迷走する集団的自衛権』を聞きました。

記事を読む

日本と原発オモテ

映画『日本と原発』

【更新】映画『日本と原発』紹介記事をアップしました。 映画『日本と原発』 40年以上、原

記事を読む

メイシネマ祭2015

「メイシネマ祭 2015」のご案内

「メイシネマ祭 2015」のご案内 おかげさまでメイシネマ上映会25周年お越しをお待ちしています

記事を読む

標的の村in キタナラ

【報告】上映会「『標的の村』in キタナラ」に行ってきました!

【報告】上映会「『標的の村』in キタナラ」に行ってきました! 「憲法を考える映画の会」の準備会メ

記事を読む

20110826_hurui_001C

【更新】『ぼくたちは見た ガザ・サムニ一家の子どもたち』を作品紹介に加えました。

『ぼくたちは見た ガザ・サムニ一家の子どもたち』を作品紹介に加えました。 パレスチナ・ガザでほ

記事を読む

マスコミ市民フォーラム140708

安倍政権がめざす憲法無視の教育政策

講演会「安倍政権がめざす憲法無視の教育政策」のご案内 とき 2014年7月8日(火)午後6時半〜8

記事を読む

ad

ad


第41回「ザ・思いやりパート2」20180224
『ザ・思いやりパート2 希望と行動編』

『ザ・思いやりパート2 希望と行動編』   チラシpdf

2018:2:7・毎日新聞夕刊
「映画で憲法を考える 歴史的事実、生き生きと」(2018/2/7・毎日新聞夕刊)

「映画で憲法を考える 歴史的事実、生き生きと」(2018/2/7・毎日

第40回「憲法を武器として」20180109
憲法を武器として 恵庭事件 知られざる50年目の真実

憲法を武器として 恵庭事件 知られざる50年目の真実 【上映

第38回「隠された爪痕」20170920
隠された爪跡 払い下げられた朝鮮人

第38回憲法を考える映画の会 と き:2017年10月14日(土)1

第37回「戦ふ兵隊・日本の悲劇」20170731
戦ふ兵隊 日本の悲劇

第37回憲法を考える映画の会 と き:2017年8月27日(日)13

→もっと見る

PAGE TOP ↑