*

証言 侵略戦争 人間から鬼へ、そして人間へ

公開日: : 最終更新日:2014/06/06 作品紹介, 戦争を考える, 日本の戦争

shinryaku

三人の侵略戦争体験者は、自らの加害行為を語ってきた。子供の頃には虫も殺せなかった人間が、戦場では鬼となった。数々の残虐行為を犯したこの体験者は、 痛苦の念をもってその体験を振り返る。中国の人道的対応で人間性を取り戻し、帰国後、自らの加害行為を告白してきた心の奥底には、自分と同じ過ちを繰り返 してはならないとの強い信念が横たわる。
証言者:土屋芳雄(憲兵)・富永正三(将校)永富博道(南京大虐殺・特務)

作品情報
 
作品時間43分
価格DVD発売(証言シリーズ3本セット) 定価5000円+税(送料実費)
お問い合わせ日本中国友好協会本部(東京都千代田区西神田2-4-1 東方学会ビル3階TEL 03-3234-4700 FAX03-3234-4703 nicchu@jcfa-net.gr.jp)
ダイジェスト版映像http://jcfa-net.gr.jp/FS-APL/FS-Form/form.cgi?Code=china_video

 

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事

レーン

レーン・宮沢事件 もうひとつの12月8日

■いま初めて映像化される“国家秘密体制”の爪痕 レーン・宮沢事件とは 太平洋戦争開戦

記事を読む

映画「在日」

映画『在日』

映画『在日』 【映画『在日』解説】 映画「在日」河正雄 光復(解放)50年を記

記事を読む

日本と原発オモテ

『日本と原発』

映画『日本と原発』   【解説】 この映画は、弁護士河合弘之と盟友弁護士海渡雄一、訴訟を共に闘

記事を読む

beate

ベアテの贈りもの

日本国憲法(1946年11月3日公布)に、第14条「法の下の平等」と、第24条「家庭生活にお

記事を読む

「自主制作映画見本市」190408入稿時

自主制作・上映映画見本市

自主制作・上映映画見本市 「自主制作・上映映画見本市」 2019年4月30日 (休) 9

記事を読む

KANBATSUNODAICHI

アフガン 干ばつの大地に用水路を拓くー治水技術7年間の記録

アフガン 干ばつの大地に用水路を拓くー治水技術7年間の記録 【上映情報】 「アフガン 干

記事を読む

第36回「『テロリストは誰?』3

テロリストは誰?

テロリストは誰? 映画『テロリストは誰?』 2004年 フランク・ドリル:編集 120分

記事を読む

ニッポンの嘘

ニッポンの嘘 報道写真家福島菊次郎90歳

  ニッポンの嘘 報道写真家福島菊次郎90歳 ■問題自体が法を犯したものであれ

記事を読む

flyer_omote_s

オマール、最後の選択

オマール、最後の選択   映画『オマール、最後の選択』について 主人公のオマールは、

記事を読む

第45回「スペシャリスト」20180923(電子メール発信用)

映画『スペシャリスト〜自覚なき殺戮者〜』

映画『スペシャリスト〜自覚なき殺戮者〜』 【上映案内】 第45回憲法を考える映画の会

記事を読む

ad

ad


「自主制作映画見本市#2」オモテ190923
自主制作・上映映画見本市#2

自主制作・上映映画見本市#2   と き:2019年9月23日

20190906集会チラシオモテ
あいちトリエンナーレ《表現の不自由展:その後》中止を許さず再開を求める緊急集会

9月6日《表現の自由展:その後》中止を許さず再開を求める院内集会&a

第52回「ひろしま」「ピカドン」20190810
映画「ひろしま」

映画「ひろしま」   【上映情報】 と き:2019年8

第7回小映画会「言わねばならないこと」20190702
テレビドキュメンタリー番組『言わねばならないこと─新聞人 桐生悠々の警鐘』

テレビドキュメンタリー番組『言わねばならないこと─新聞人 桐生悠々の警

第51回「沖縄から叫ぶ戦争の時代」「宮古島からのSOS」20190630オモテ
第51回憲法を考える映画の会(2019/6/30)

第51回憲法を考える映画の会『 沖縄から叫ぶ戦争の時代 』『 宮古島か

→もっと見る

PAGE TOP ↑