*

証言 中国人強制連行

公開日: : 最終更新日:2014/06/06 作品紹介, 戦争を考える, 日本の戦争

renkou

1942年秋、東条内閣は中国人の強制連行を閣議決定。主に中国の華北地方で行われた強制連行作戦によって、およそ4万人が日本各地の135の事業所に連 行された。苛酷な労働と虐待で7千人近い死者を出した「中国人強制連行」。中国人被害者は犠牲者の無念の思いを胸に、元日本軍兵士は取り返しようのない行 為への反省を胸に、自らの体験を赤裸々に告白する。
証言者:被害者-趙冠英(室蘭)・劉智渠(花岡)劉殿卿(三池)、元日本兵-小山一郎・矢崎新二

作品情報
 
作品時間41分
価格DVD発売(証言シリーズ3本セット) 定価5000円+税(送料実費)
お問い合わせ日本中国友好協会本部(東京都千代田区西神田2-4-1 東方学会ビル3階TEL 03-3234-4700 FAX03-3234-4703 nicchu@jcfa-net.gr.jp)
ダイジェスト版映像http://jcfa-net.gr.jp/FS-APL/FS-Form/form.cgi?Code=china_video

ad

Comment

  1. 趙 莉英 より:

    もうすぐ父の命日です。何となく父の名前で検索してみたら、こちらにたどり着きました。

    父の証言映像の映画見たかったです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事

49h

東電テレビ会議 49時間の記録

「本店!本店!大変です!3号機が爆発しました!」故吉田昌郎元所長の緊迫した声を覚えている人は

記事を読む

ザ・思いやり

ザ・思いやり

ザ・思いやり 一人のアメリカ人が米軍への“オモイヤリヨサン”の疑問に挑む 監督:リラン・バクレー

記事を読む

sanga

いのちの山河 日本の青空Ⅱ

「日本国憲法」が施行されてから60年あまり。戦後の日本が60年以上もの間、かろうじて戦争をす

記事を読む

Image

ハーツ・アンド・マインズ ベトナム戦争の真実

ハーツ・アンド・マインズ ベトナム戦争の真実 これは、様々な証言や取材映像、ニュース・フィルム、戦

記事を読む

doi

女性たちにとっての日本国憲法

ベアテ・シロタ・ゴードンと土井たか子が語る!日本国憲法の現在とこれから。 2000年12月

記事を読む

main

消えた画 クメール・ルージュの真実

消えた画 クメール・ルージュの真実   解説 『S21 クメール・ルージュの虐殺者たち』な

記事を読む

沈黙を破る

沈黙を破る

■パレスチナ・イスラエル問題を20年以上にわたり取材してきたフリージャーナリスト、土井敏邦が

記事を読む

hn

ヒロシマナガサキ

白い光、黒い雨、あの夏の記憶―『はだしのゲン』の中沢啓治氏ら14人の被爆者と、原爆投下に関与

記事を読む

第40回「憲法を武器として」20180109

憲法を武器として 恵庭事件 知られざる50年目の真実

憲法を武器として 恵庭事件 知られざる50年目の真実 【上映情報】 映 画「憲法を武

記事を読む

sato_main_B5

映画「さとにきたらええやん」

映画「さとにきたらええやん」 2015年/日本/100分 重江良樹監督   【映画

記事を読む

ad

ad


第43回「500年─独裁者を裁くのは誰か?」「グラニート」20180509決定稿
映画『500年─権力者を裁くのは誰か?』

映画『500年─権力者を裁くのは誰か?』   「第43回憲法を

朝日新聞2018年5月1日
「憲法を考える映画の会」紹介記事(朝日新聞)

「憲法を考える映画の会」紹介記事(朝日新聞) と き:2018年

憲法を考える映画のリスト2018オモテ
「憲法を考える映画のリスト」2018年版

「憲法を考える映画のリスト」2018年版 「憲法を考える

第42回憲法映画祭2018(3月11日修正原稿)オモテ
憲法映画祭2018

憲法映画祭2018 2018年4月29日(日)30日(休) 国立オ

第41回「ザ・思いやりパート2」20180224
『ザ・思いやりパート2 希望と行動編』

『ザ・思いやりパート2 希望と行動編』   チラシpdf

→もっと見る

PAGE TOP ↑