*

第20回 「憲法を考える映画の会」『誰も知らない基地のこと』

公開日: : お知らせ, 上映会

第20回 「憲法を考える映画の会」 『誰も知らない基地のこと』

第19回「憲法を考える映画の会」

日時:9月13日(日)13:30~16:30

会場:東京体育館 第4会議室

(総武線千駄ヶ谷駅・地下鉄大江戸線国立競技場駅2分)

映画『誰も知らない基地のこと』(74分)2010年制作

参加費:一般1000円 学生600円

第20回案内チラシ「誰も知らない基地のこと」150825(色-フェリオ).pptx

自民党は、なぜ憲法の解釈をねじ曲げて、日本を戦争ができる国にしたいのか?なぜ辺野古基地建設を強行し、なぜ戦争するための法案を強行するのか?そのことを考える手がかりの一つがこの映画にあります。それは、戦争を必要とするアメリカの経済であり、戦争によって人のいのちを食い物にしている軍産複合体です。その歩みは、世界の戦後史そのものであり、日米関係そのものであり、また戦争や基地に反対する市民運動の歩みでもあります。その構造を明らかにすることによって「このままではいけない」という声をあげ、変えていかなくてはならない。いまそれが一つの山を迎えようとしています。

「集団的自衛権関連法案(戦争法案)」に反対、廃案をどのようにねばり強く続けて行くか、考えていくためにもまず「的」はどこに衣あるのかを知りたいとこのプログラムを企画しました。

 

【映画の解説】

日本人が知らない米軍基地問題の常識。世界中の米軍基地でさまざまな問題が起こっている。

なぜ基地はなくならないのか?なぜ基地は増え続けるのか?世界各国で起こっている米軍基地問題の真実を暴く。

イタリアで2007年に起きた、米軍基地拡大への反対運動をきっかけに、イタリアの若手監督2人がその謎をさぐる旅に出て制作したドキュメンタリー。主な取材先はビチェンツァ (イタリア)、ディエゴ・ガルシア(インド洋)、普天間(日本・沖縄)。

基地の騒音や兵士が起こす事件や事故に苦しむ住民と専門家への取材を通じ、あまりに横暴な米軍と膨らみ続ける軍産複合体の真実を明らかにしていく。そこには、戦争しなければ経済が成り立たないアメリカの経済、アメリカ人兵士を含めそれによって殺され生活を奪われていく人々のいのちという戦後の歴史と、現在、未来が見えて来て何とかしなければならないと言う気持ちにさせる。

 

 

vlcsnap-2015-08-25-23h53m02s233 vlcsnap-2015-08-25-23h52m06s156

vlcsnap-2015-08-25-23h41m13s255 vlcsnap-2015-08-25-23h37m40s209

オバマ大統領1 誰も知らない基地のこと

kichi_main 158526_01

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事

51lsHl6FmmL._SL500_SL160_

書籍「漫画家たちの戦争」のご案内

書籍「漫画家たちの戦争」のご案内 昨年刊行された全集ですが、こどもたちに戦争をどう伝えるかをマンガ

記事を読む

栁沢さん講演3

報告 「栁沢協二さんの講演『迷走する集団的自衛権』」から

報告「9条フェスタ市民ネット学習会」で栁沢協二さんの講演『迷走する集団的自衛権』を聞きました。

記事を読む

10569068_10152171252706836_5619608196899509430_n

「パレスチナ・ガザのドキュメンタリー映画 8.8 緊急上映会のご案内

「パレスチナ・ガザのドキュメンタリー映画 8.8 緊急上映会 Here and Now 私たちにで

記事を読む

ラ時・スラーニさん

2014年ガザ攻撃で何が起こったのか

2014年ガザ攻撃で何が起こったのか ─ラジ・スラー二氏のガザ・パレスチナ上告と映画上映会─ 日

記事を読む

ザ・思いやり

ザ・思いやり

ザ・思いやり 一人のアメリカ人が米軍への“オモイヤリヨサン”の疑問に挑む 監督:リラン・バクレー

記事を読む

憲法9条、未来をひらく1

『9条の会』パンフレットの中の「憲法9条、未来を開く」のご紹介

『9条の会』パンフレットの中の「憲法9条、未来を開く」のご紹介 集団的自衛権行使容認をめぐる閣

記事を読む

琉球新報140611

「憲法を考える映画のリスト」が琉球新報に紹介されました。(2014年6月11日)

「憲法を考える映画のリスト」のご報告 5月24日の第12回憲法を考える映画の会」の時に「憲法を考え

記事を読む

あとおいニュース第3号20130801表紙

あとおいニュース第3号

あとおいニュース第3号 あとおいニュース第3号20130801

記事を読む

gobaku

GOBAKU アメリカは誰と闘っているのか?

■戦火のアフガニスタン、イラクを果敢に取材。オバマの戦争、その実態としくみを解き明かす

記事を読む

package_kenpo_dvd_H800

【更新】憲法第9条に関わる三作品を追加

さまざまな側面から憲法を考えていくシリーズの3つの作品をアップしました。 「カ

記事を読む

ad

ad


第36回「『テロリストは誰?』3
テロリストは誰?

テロリストは誰? 映画『テロリストは誰?』 2004年 フランク・ド

第35回「『知事抹殺』の真実」
「知事抹殺」の真実

「知事抹殺」の真実 映画『知事抹殺の真実』2016年制作 我孫子亘監

第34回憲法映画祭2017(2017・3・20)オモテ
憲法映画祭2017

憲法映画祭2017   【憲法映画祭2017】のご案内

第33回「武器なき斗い」20170225
武器なき斗い

武器なき斗い 『武器なき斗い』(140分)監督:山本薩夫

テロ等準備罪は必要か?
上映会にインターネットTVの取材が来ました。

前回の『横浜事件を生きて』の上映会には,テレビ朝日系のインターネット報

→もっと見る

PAGE TOP ↑