*

【報告】6月30日 7月1日 官邸前

公開日: : お知らせ

【報告】6月30日 7月1日 官邸前

私は30日、1日と続けて官邸前の抗議行動に参加してきました。両日とも翌日が仕事でしたので8時過ぎにはリタイヤしましたが、2日続けて抗議行動は深夜まで続きました。

30日は学生団体の呼び掛けもあってか大変若い人が多く、中高年主体の抗議行動に慣れている身としては大変うれしい変化でした。やはり、今後の日本の厳しい変化に一番影響を受けるのは若い人たちで、今の政権が向かおうとしている方向を見ればどんどん悪いほうへ向かっていくのは明白です。

そういう意味で、若い人たちが当事者意識を持って考え出した、というのを目で見ることができたのはうれしかった。

1日は前日にもまして大変な人でした。警官があちこちで道をブロックしていて嫌がらせをしていましたが、それにも関わらずあとからあとから人が来て、参加者の怒りのエネルギーが感じられました。

あまり人が多くて遠くの音声は聞こえませんので、あちこちでシュプレヒコールがあがり、周囲の人々が大声で唱和するという状態で、気がつけば1時間余りも継続して大声を上げていました。

2日ともヘリが飛んでいましたから探せばいい空撮写真があるのではないかと思います。

あまり人が多くでどのぐらいいるかもわかりませんでしたので、抗議行動の最中タブレットでときどきいろいろな角度からの中継をみて確認していました。

これからどうやって反対活動を盛り上げていくか。妙案はありませんが、自分としてはできるだけ反対が目に見えたほうがいいと思い、デモや抗議行動にはできるだけ参加するようにしています。

国の在り方を大転換させてしまう政策なのに、いくら反対が過半数とは言っても3割ぐらい賛成の人がいることがショックです。どういうものか知識や情報がない、ということもあるでしょう。

中韓との軋轢に不安を感じている人が、本当は個別自衛権で対処できるのに、集団的自衛権が必要だと思い込んでしまうこともあるでしょう。国が不安定になるとナショナリズムが高揚する、とどこかで読みましたが、自分の個人的な不安を勇ましいことを言うことで解消する、ということもあるかもしれません。

民主主義は受益するものでなく、個々人が実現させていくものであることの自覚がなく、あまり考えない、考えることより空気を読むことを奨励されてきた日本の教育や社会に原因があるのではないかと、今日まで何もしてこなかった一人として痛烈な反省を込めて思います。S.N.

*****************************************************************************************

「3月30日と7月1日に集会に行けなかったのでどなたか様子を教えて」と書いたところ、S.N.さんが答えてくれました。 ありがとうございます。

「ヘリが飛んでいたから空撮写真があるのでは無いか」と文中にもあったので、いろいろ画像検索したのですが見つけられませんでした。これはプレスセンターの屋上から。

8aa4eca8b77085df261a5954136caf80-1

こちらは毎日新聞が一面に出していました。

o0500033312989698624

ただ個人のブログで、30日の夜の動画と報道ステーションの画面が見られるのがありました。

「真実を探すブログ」

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-3001.html

このブログでは、報道ステーションが3万5000人と報道しているのに、NHKは全く無視したということも伝えています。

動画検索していくと、でも報道のインデックスがあったので

TBSnyu-su

開いてみると2日後なのにすでに「ファイルが見つかりません」と取り下げられているところがありました。

TBSニュースです。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2238214.html?mode=pc              (同じページの「山手線の車両から煙」は堂々と空撮映像なのにね)

前々からでも報道、とくに「デモで大勢の人が反対している」空撮映像は報道されないといわれていましたが、

残念ながらまたひとつ確認を重ねてしまいました。

これらの報道を見たら、「あした行ってみよう」いう人が増えて「なだれ」のような現象になるのを恐れているんですね。よほど徹底した圧力がテレビ局にかかっているんでしょうね。報道管制規則でもあるのかな。

現場の記者の人たちはがんばってるのにね。でもそういえば、たいした事件でもないのに、どこにでもウンカのように集まってくる報道のテレビカメラの数って、集会やデモでは比較的少ないですよね。安倍政権はずうっとそういう形で外堀から埋めていったんですね。市民運動の側もあらためて作戦を練っていかなくては、と思いました。どうやって声を上げて声を集めて力にしていくか、流れを変えて押し返すか。S.H.

 

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事

軍隊を捨てた国オモテ

【更新】映画『軍隊をすてた国』と書籍「活憲の時代」の紹介をアップしました

映画『軍隊をすてた国』と書籍「活憲の時代」の紹介 日本と同じ平和憲法をもって、ほんとうに「

記事を読む

国民安保法制懇

「国民安保法制懇」緊急記者会見のお知らせ

「国民安保法制懇」緊急記者会見のお知らせ 7月1日の臨時閣議で解釈改憲で集団的自衛権行使容認に合意

記事を読む

栁沢さん講演3

報告 「栁沢協二さんの講演『迷走する集団的自衛権』」から

報告「9条フェスタ市民ネット学習会」で栁沢協二さんの講演『迷走する集団的自衛権』を聞きました。

記事を読む

第18回案内チラシ「憲法を語る150613(色-エグゼクティブ).pptx

第18回「憲法を考える映画の会」の案内アップしました

第18回「憲法を考える映画の会」の案内アップしました 詳しくはこちらから「第18回憲法を考える

記事を読む

辺野古2014年8月

第3回「憲法を考えるちいさな映画の会(試写会)」のおしらせ

第3回「憲法を考えるちいさな映画の会(試写会)」のおしらせ 日時:10月04日(土)13時半〜16

記事を読む

第55回「アフガニスタン 用水路が運ぶ恵みと平和」20200211入稿時原稿

映画『アフガニスタン 用水路が運ぶ恵みと平和』

アフガニスタン 用水路が運ぶ恵みと平和 【上映会情報】 2020年2月11日(火

記事を読む

e0171573_22492050

シロウオ 原発立地を断念させた町

シロウオ 原発立地を断念させた町 監督:かさこ 2014年/日本映画/分

記事を読む

野獣たちのバラードリーフレット

【更新】「ありふれたファシズム」の作品紹介・上映会案内

「ありふれたファシズム」の作品紹介 第14回憲法を考える映画の会に上映する「ありふれたファシズム─

記事を読む

イベント「新たな対抗運動の可能性—台湾・ひまわり革命」表 のコピー

イベント「新たな対抗運動の可能性—台湾・ひまわり革命」参加者募集

イベント「新たな対抗運動の可能性—台湾・ひまわり革命」参加者募集   日時:2014年9月2

記事を読む

51WVbeVXe0L._SL500_AA300_

陸軍

陸軍 木下恵介監督 1944年 87分 【上映の機会】 「戦争と原発と人権を考える

記事を読む

ad

ad


第75回憲法映画祭2024(2024・4・29)入稿版オモテ
憲法映画祭2024

憲法映画祭2024 「憲法映画祭2024」(第75回憲法を考

第7回むのたけじ反戦塾案内チラシ2024年3月20日版
第7回むのたけじ反戦塾

第7回むのたけじ反戦塾 第7回むのたけじ反戦塾 日

第74回「サイレントフォールアウト」20240203案内チラシ2
第74回憲法を考える映画の会『サイレント・フォールアウト 乳歯が語る大陸汚染』

第74回憲法を考える映画の会『サイレント・フォールアウト 乳歯が語る大

第6回むのたけじ反戦塾案内チラシ2024年1月20日版
第6回むのたけじ反戦塾

第6回むのたけじ反戦塾 日時:2024年1月20日(土)13

第73回「流血の記録砂川」20231223チラシ(11月30日版)オモテ
第73回憲法を考える映画の会『流血の記録 砂川』

第73回憲法を考える映画の会『流血の記録 砂川』 と き:2023年

→もっと見る

PAGE TOP ↑