*

第65回憲法を考える映画の会『TOMORROW 明日』上映会

第65回憲法を考える映画の会『TOMORROW 明日』上映会

第65回憲法を考える映画の会『TOMORROW明日』2022年8月13日 3(7月25日版)オモテ

【上映会情報】

65憲法を考える映画の会&第3回 憲法を考える映画の会@国分寺 
日時:2022813日(土)13301630
会場:西国分寺いずみホール(JR西国分寺南口2分・駅前広場隣接)
プログラム 1映画TOMORROW 明日」106分)
参加費(会場費・資料代)1000円 学生・若者:500

『TOMORROW 明日』

今日の次は明日が来る
誰もがそう信じていた
長崎 
88日 ──

 映画『TOMORROW 明日は、194588日、長崎に原爆が投下される前日から翌朝までの日常風景を描いています。原作は、井上光晴の小説明日・194588日・長崎
戦争や核の使用が取りざたされている現在、反戦のために憲法をどのように活かしていったらよいか、考えていきたいと
思います

ストーリィ
194588日の長崎で、一組の結婚式が行われようとしていた。花嫁は看護婦のヤエ、花婿は工員の中川庄治だった。戦時下ゆえ、いつ空襲になるかわからないこともあり、つつましやかに執り行われた。
写真を撮り終えたところで姉のツル子が陣痛を訴えた。
ツル子の家には産婆がやってきて、「産まれるのは夜になるだろう」と言う。母・ツイはツル子のために小豆をお手玉から取り出して煮て食べさせてやった。ヤエの妹・昭子は恋人英雄に赤紙が来たことを知らされる。
誰もが明日に向かって精いっぱい生きていた。そして
89日の朝

 この映画は、黒木和雄監督の「戦争レクイエム」三部作の第一作です。「戦争レクイエム」は、この第一作に続いて、第二作美しい夏キリシマ2003)、第三作父と暮らせば2004年)の三部作からなる劇映画ですそれぞれ、戦争の中の日常、そこで精いっぱい生きる人々を描いて、考えさせます。
1988
キネマ旬報ベストテン日本映画第2
主演女優賞:桃井
かおり 監督賞:黒木和雄

スタッフ
監督:黒木和雄
プロデューサー:鍋島壽夫
脚本:黒木和雄、井上正子、竹内銃一郎
撮影:鈴木
達夫  美術:内藤昭 録音:井家眞紀夫 編集:飯塚勝
音楽:
松村禎三  助監督:月野木
製作:ライトビジョン 
沢井プロダクション 創映新社

出演者
三浦ツル子(桃井かおり)三姉妹の長女。妊娠中。
三浦ヤエ(南果歩)花嫁。三姉妹の次女。
三浦昭子(仙道敦子)三姉妹の三女。
石原継夫(黒田アーサー) 中川庄
治の友人。
中川庄治(佐野史郎) 花婿。製鋼所の工員
でヤエと結婚
三浦泰一郎(長門裕之) 三浦家の家長。
三浦ツイ(馬渕晴子) 三浦泰一郎の妻

銅打(田中邦衛)
中川庄治の継父。写真館を営む

1988年製作/105分/日本 原題:Tomorrow
配給:ヘラルド・エース=日本ヘラルド映画

TOMORROW 明日 maxresdefault

 

 

 

 

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事

裁判所前の男

映画「裁判所前の男」

映画『裁判所前の男』 監督:松原明 2015年/日本/65分ドキュメンタリー 制作・配給:ビ

記事を読む

love

ラブ沖縄 @辺野古・高江・普天間

米軍基地問題に揺れる沖縄の各地で繰り広げられている抵抗運動を記録したドキュメンタリー。普天間

記事を読む

第50回「憲法映画祭2019」オモテ

憲法映画祭2019

憲法映画祭2019のご案内   と き:2019年4月26日(金)19:00〜(前夜祭)

記事を読む

hima

死んどるヒマはない ─益永スミコ86歳

益永スミコさんは、1923年大分で生まれた。教育勅語で育ち「軍国少女」だった彼女は、助産婦と

記事を読む

49h

東電テレビ会議 49時間の記録

「本店!本店!大変です!3号機が爆発しました!」故吉田昌郎元所長の緊迫した声を覚えている人は

記事を読む

yahishi

教えられなかった戦争・沖縄編 阿波根昌李鴻・伊江島のたたかい

大平洋戦争の激戦地となり、民間人にも多くの死者を出した沖縄の近・現代史についての長篇記録映画

記事を読む

ザ・思いやり

ザ・思いやり

ザ・思いやり 一人のアメリカ人が米軍への“オモイヤリヨサン”の疑問に挑む 監督:リラン・バクレー

記事を読む

第8回浦安ドキュメンタリー映画祭

第8回うらやすドキュメンタリー映画祭

第8回うらやすドキュメンタリー映画祭(千葉・浦安市)のご案内 と き:2019年5月3

記事を読む

自由と壁とヒップホップ

自由と壁とヒップホップ

自由と壁とヒップホップ 音楽に境界はない!!! パレスチナのヒップホップムーブメントを取り上げた

記事を読む

第56回「ヤジと民主主義」「沖縄と本土 一緒に闘う」202000921

第56回憲法を考える映画の会「ヤジと民主主義」「沖縄と本土 一緒に闘う」

第56回憲法を考える映画の会 「ヤジと民主主義」「沖縄と本土 一緒に闘う」 第56回

記事を読む

ad

ad


第65回憲法を考える映画の会『TOMORROW明日』2022年8月13日 3(7月25日版)オモテ
第65回憲法を考える映画の会『TOMORROW 明日』上映会

第65回憲法を考える映画の会『TOMORROW 明日』上映会

第2回国分寺憲法をる映考え画の会20220717オモテ
闇に消されてなるものか 写真家 樋口健二の世界

映画『闇に消されてなるものか 写真家 樋口健二の世界』 【上

第8回小映画会「独裁者」20220625
第8回憲法を考えるちいさな映画の会(試写会)『独裁者』

第8回憲法を考えるちいさな映画の会(試写会)『独裁者』

シバサシ
憲法を考える映画の会―小さな上映会@中野『シバサシ―安里清信の残照―』

憲法を考える映画の会―小さな上映会 @中野 “抗い”の軌跡を見つめ

第1回国分寺「荒野に希望の灯をともす」2022年5月15日オモテ
第1回 憲法を考える映画の会@国分寺『荒野に希望の灯をともす〜医師・中村哲 現地活動35年の軌跡〜』

第1回 憲法を考える映画の会@国分寺 「中村哲さんと日本国憲法を考え

→もっと見る

PAGE TOP ↑