*

第1回 憲法を考える映画の会@国分寺『荒野に希望の灯をともす〜医師・中村哲 現地活動35年の軌跡〜』

第1回 憲法を考える映画の会@国分寺
「中村哲さんと日本国憲法を考える」
『荒野に希望の灯をともす〜医師・中村哲 現地活動35年の軌跡〜』

第1回国分寺「荒野に希望の灯をともす」2022年5月15日オモテ 第1回国分寺「荒野に希望の灯をともす」2022年5月15日ウラ

【上映情報】

第1回 憲法を考える映画の会@国分寺
「中村哲さんと日本国憲法を考える」
『荒野に希望の灯をともす〜医師・中村哲 現地活動35年の軌跡〜』
と き:2022年5月15日(日)14:00〜16:00(13:30開場)
ところ:CocobunjiプラザリオンホールB
(東京都国分寺市本町3-1-1 国分寺駅北口直結 cocobunji WEST 5階)
映 画:映画「荒野に希望の灯をともす」(上映時間 88分)
参加費:一般1000円 学生・若者 500円
「憲法を考える映画の会を地域で、地方で」。
2月の@中野、に続いて、その第2弾を国分寺で始めます。
その第1回目に、私たちは「中村哲さんと日本国憲法を考える」をテーマに、
中村哲さんの35年にわたるアフガニスタンでの現地活動を描いた
『荒野に希望の灯をともす』の上映会を行います。
【映画の会のねらい】
中村哲さんは、「戦いの中から平和は生まれない」ことを、いつも語っていました。
「敵を作らず、平和な信頼関係を築くことが一番の安全保障だと肌身に感じる。
憲法9条は日本に暮らす人々が思っている以上に、リアルで大きな力で、
僕たちを守ってくれているんです」(毎日新聞)
「軍事力で平和は達成できない。戦争で大きな被害を受けるのは子どもや女性、老人などの弱者だ。
自分たちの安全や安心を求めることは当然だが、人に危害を加えないためには、
どうすべきかも考える必要があるのではないだろうか。」
「『殺さない』ということの一つの結実が憲法9条だ。9条を壊すことは日本の良心を壊すことになる。
戦争を次々にしないとなり立たないような、自然を相手に汗水たらして働く人が損をするような社会は
長続きしない。いつか崩れるだろう」(論座)

中村さんの憲法を語る言葉に、「憲法9条」は、日本の平和だけでなく、
世界全体の平和と恵みの実現をめざしていたことを感じます。
中村さんがその実践でめざしていたものはそこにあるのではないでしょうか。
私たちは、中村哲さんが遺した言葉を手がかりに、中村さんが実現しようとしていた憲法について、
考えていく映画の会にしたいと思います。S.H.

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事

第43回「500年─独裁者を裁くのは誰か?」「グラニート」20180509決定稿

映画『500年─権力者を裁くのは誰か?』

映画『500年─権力者を裁くのは誰か?』   「第43回憲法を考える映画の会」上映会『500

記事を読む

51WVbeVXe0L._SL500_AA300_

陸軍

陸軍 木下恵介監督 1944年 87分 【上映の機会】 「戦争と原発と人権を考える

記事を読む

kenpo_chirashi

中高生のための映像教室 憲法を観る

中学生の皆さん。高校生の皆さん。憲法って何でしょうか?憲法って何のためにあるのでしょうか?

記事を読む

第35回「『知事抹殺』の真実」

「知事抹殺」の真実

「知事抹殺」の真実 映画『知事抹殺の真実』2016年制作 我孫子亘監督 80分   第

記事を読む

第61回「荒野に希望の灯をともす」20210702(表面)

第61回憲法を考える映画の会『荒野に希望の灯をともす〜医師・中村哲 現地活動35年の軌跡〜』〈中村哲さんと日本国憲法を考える〉

第61回憲法を考える映画の会 『荒野に希望の灯をともす〜医師・中村哲 現地活動35年の軌跡〜』

記事を読む

UNHCR難民映画祭2018

【上映会】UNHCR難民映画祭2018

UNHCR難民映画祭2018 【2018年スケジュール 】 イタリア 文化会館(東京):

記事を読む

速報 辺野古のたたかいチラシ表

沖縄ニューズリール『速報 辺野古のたたかい』のご案内

映画「沖縄ニューズリールNo.6『速報 辺野古のたたかい』2014年7月」のご案内 13日朝、

記事を読む

ikiru

“私”を生きる

職員会議では職員の意向を確認するための挙手・採決を行うことを禁止され、 卒業式や入学式で国歌

記事を読む

流血の記録 砂川1

映画「流血の記録 砂川」

流血の記録 砂川 1957年制作 日本映画(ドキュメンタリ−) 57分 亀井文夫 監督作品

記事を読む

第19回案内チラシ「東京裁判」20150629).pptx

第19回憲法を考える映画「東京裁判」のご案内

第19回憲法を考える映画「東京裁判」のご案内   と き:7月18日(土)13:30~18:

記事を読む

ad

ad


第68回「『テロリストは誰?』オモテ
第68回憲法を考える映画の会『テロリストは誰?』上映会

第68回憲法を考える映画の会『テロリストは誰?』上映会

第3回憲法と市政を考える映画会「白バラの祈り」230128(黒地版)
第3回「憲法と市政を考える映画会」@立川 『白バラの祈り ゾフィー・ショル、最後の日々』上映会

第3回「憲法と市政を考える映画会」@立川 『白バラの祈り ゾフィー・

第67回「日本原」 (2022年12月25日)入稿時オモテ
第67回憲法を考える映画の会『日本原 牛と人の大地』上映会

第67回憲法を考える映画の会『日本原 牛と人の大地』上映会

第66回「教育と愛国」 (2022年10月23日)入稿時オモテ
第66回憲法を考える映画の会『教育と愛国』上映会

第66回憲法を考える映画の会『教育と愛国』上映会

「自主制作映画見本市9」20220918-2オモテ
自主制作上映映画見本市#9

第9回自主制作上映映画見本市   自主制作上映映画見本市#9

→もっと見る

PAGE TOP ↑