*

映画「流血の記録 砂川」

流血の記録 砂川

1957年制作 日本映画(ドキュメンタリ−) 57分
亀井文夫 監督作品

流血の記録 砂川1

流血の記録 砂川2

【上映の案内】

と き:2016年8月12日(金)~19日(金)まで(月曜休館)
第1回:10:30、第2回:12:30、第3回:14:00、第4回:15:30
ところ:府中市美術館講座室
https://www.city.fuchu.tokyo.jp/art/access.html
〒183-0001 東京都府中市浅間町1丁目3番地(都立府中の森公園内)
内 容:砂川闘争を記録した戦後社会派ドキュメンタリーを代表する作品(1957年、56分)
問合せ: 府中市美術館
〒183-0001 東京都府中市浅間町1丁目3番地(都立府中の森公園内)
電話:042-336-3371(代表)

e-mail:bijyutu01@city.fuchu.tokyo.jp

 

【映画の解説】

日米行政協定による一片の命令で、砂川の人々は祖先代々の土地を追われることになった。農民たちの必死の抵抗も警官隊の出動で破られ第一次測量を許す。           そして昭和三十一年十月、砂川の町には全国から応援に集ってきた数千の労働組合員や全学連の学生たちの姿が見られた。                           強制測量が始まり、数日間は小競合いが続く。
ついに十月十二日、千三百の警官隊出動。
ピケ隊はもみくちゃにされ、数多い負傷者が出る。翌十三日、武装した警官隊は細雨をついてスクラム陣の中に おどりこんだ。
警棒の突撃、乱打と鉄カブトの頭突き。殴り合い、突き倒し、砂川の町は地獄の様相を呈するのだった。
世論は警官隊の暴行と政府の無策にわきかえり、十四日夜、ついに今年度の測量中止が発表された。

【作品解説動画】

http://video.search.yahoo.co.jp/search?ei=UTF-8&p=%E6%B5%81%E8%A1%80%E3%81%AE%E8%A8%98%E9%8C%B2+%E7%A0%82%E5%B7%9D

日本のドキュメンタリー 政治・社会編 DVDBOX 作品紹介(2)

流血の記録 砂川3 流血の記録 砂川5

流血の記録 砂川4

【制作スタッフ】

監督:亀井文夫 1956年/55分/16mm/白黒
制作:日本ドキュメント・フィルム/
企画:砂川斗争記録映画製作委員会/製作:大野忠/
撮影:武井大・植松永吉・城所敏夫・勅使河原宏・大野忠・亀井文夫
編集:亀井文夫渡辺正巳・豊富靖・岸富美子/
録音:奥山重之助・大橋鉄矢・大野松雄
音楽:長沢勝俊/進行:斎藤茂夫/解説:寺島信子

1955年1956年東京都砂川米軍基地拡張反対闘争を描く。
「心に杭は打たれない」を合言葉に、地元農民が労組・学生・文化人と
一体になって武装警官隊と対決し、勝利をかち取るまでの日々。
亀井監督とスタッフ(若き勅使河原宏も参加)は農家に泊り込み、
労組員や学生と生活を共にして撮影した。
亀井文夫【かめい・ふみお】

1908年福島県原町(現・南相馬市)生まれ。
1928年文化学院大学部を中退しソビエトレニングラード映画専門学校に留学。
結核を発病し1931年帰国。
1933年PCL(後の東宝)に入社。文化映画部で『怒濤を蹴って』(1936)『上海』(1937)などの構成・編集を担当。
陸軍省の依頼で制作した『戦ふ兵隊』(1940)が “厭戦的” として上映禁止になり、1941年には治安維持法違反の容疑で逮捕される。
敗戦後も天皇戦争責任を示唆した『日本の悲劇』(1946)が吉田茂首相の逆鱗に触れ上映禁止となるが、山本薩夫と共同監督した初の劇映画『戦争と平和』(1947)が大ヒット。
東宝争議で退社し『無頼漢長兵衛』(1949)などの劇映画を手掛けた後、1954年日本ドキュメントフィルム社を創立し、『基地の子たち』(1953)『生きていてよかった』『流血の記録 砂川』(1956)『世界は恐怖する 死の灰の正体』(1957)『人間みな兄弟 部落差別の記録』(1960)など、一貫して反戦反核・反差別の立場から社会的問題作を発表する。1970年代には古美術店を開業し一線を退くが、『みんな生きなければならない』(1984)で監督に復帰、2時間45分の大長編『トリ・ムシ・サカナの子守歌』完成直後の1987年逝去。

(以上「短編映画研究会」(http://d.hatena.ne.jp/tancho/20070815/p1)より

【DVD購入先】

 


 

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事

beate

ベアテの贈りもの

日本国憲法(1946年11月3日公布)に、第14条「法の下の平等」と、第24条「家庭生活にお

記事を読む

main

消えた画 クメール・ルージュの真実

消えた画 クメール・ルージュの真実   解説 『S21 クメール・ルージュの虐殺者たち』な

記事を読む

首相官邸の前で

首相官邸の前で

映画「首相官邸の前で」   『首相官邸の前で』は,2011年の福島原発事故以降、2

記事を読む

yugon

証言 20世紀からの遺言 若者が問う侵略戦争

日本の敗戦から半世紀の時が流れ、悲惨な戦争体験を直接聞く機会は失われつつある。「戦争体験をた

記事を読む

hima

死んどるヒマはない ─益永スミコ86歳

益永スミコさんは、1923年大分で生まれた。教育勅語で育ち「軍国少女」だった彼女は、助産婦と

記事を読む

hn

ヒロシマナガサキ

白い光、黒い雨、あの夏の記憶―『はだしのゲン』の中沢啓治氏ら14人の被爆者と、原爆投下に関与

記事を読む

shirouo

シロウオ 原発立地を断念させた町

故郷を、自然を、仕事を、そして家族を守りたい―原発反対運動を成功させた人々の証言ドキュメンタ

記事を読む

shock

ショック・ドクトリン

20世紀の一時期、世界は資本主義から社会主義へ移行し、より平等な社会がやってくると信じる人々

記事を読む

裁判所前の男

映画「裁判所前の男」

映画『裁判所前の男』 監督:松原明 2015年/日本/65分ドキュメンタリー 制作・配給:ビ

記事を読む

映画「在日」

映画『在日』

映画『在日』 【映画『在日』解説】 映画「在日」河正雄 光復(解放)50年を記

記事を読む

ad

ad


第33回「武器なき斗い」20170225
武器なき斗い

武器なき斗い 『武器なき斗い』(140分)監督:山本薩夫

テロ等準備罪は必要か?
上映会にインターネットTVの取材が来ました。

前回の『横浜事件を生きて』の上映会には,テレビ朝日系のインターネット報

第32回「小林多喜二」20170209 オモテ
映画「小林 多喜二」

映画「小林 多喜二」 今井正監督 1974年制作 119分 多喜二プ

スキャン 10
座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバル

ドキュメンタリーフェスティバル     2017年

170129千駄ヶ谷区民会館
第31回 憲法を考える映画の会「横浜事件を生きて」報告

第31回憲法を考える映画の会報告 2017年1月30日の「レイバ

→もっと見る

PAGE TOP ↑