*

第72回憲法を考える映画の会『鶴彬 こころの軌跡』

第72回憲法を考える映画の会『鶴彬 こころの軌跡』

第72回「鶴彬」20230921上映会2

【上映会情報】

2023年10月21日(土)13時半〜16時半
文京区民センター3A 会議室(地下鉄春日駅(2分)・後楽園駅(5分)

プログラム
13:40〜15:10
劇映画『鶴彬 こころの軌跡』(90分)上映
15:20〜16:30
トークシェア
参加費:一般 1000円 学生・若者 無料
(当日、会場でお支払いください。予約不要です。どなたでも参加できます)

【映画の解説】

映画鶴彬 こころの軌跡』2009年制作  

鶴彬、本名は喜多一二(かつじ)。石川県出身。
17歳で家を飛び出し、鋭い怒りと悲しみの川柳をつくった。
それが反戦思想を鼓舞するとして、治安維持法違反で特高警察に捕らえられ、
赤痢にかかって病院のベッドにくくりつけられたまま二十九歳で死んだ。

映画は、日本が軍国主義に傾倒していく中、
戦争の悲惨さを訴えた反戦川柳を詠んだために治安維持法違反で逮捕され、
29歳の若さで獄死した鶴彬の生き様を描きだす。
監督:神山征二郎
出演:池上リョヲマ 樫山文枝 高橋長英 安藤一夫 河野しずか 角谷栄次
ナレーター:日色ともえ

今回のプログラムのねらい
反戦川柳作家、鶴彬が治安維持法違反で投獄され、29歳で獄死するまでを描いた映画です。
この映画を上映し、戦争に反対すると言うこと、「反戦」と言うことを、今こそ考えたいと思います。
「新しい戦前」「もはや戦中」とも言われます。
戦争に巻き込まれる危機が身近に迫っている情勢であるにもかかわらず、多くの人々はそれに無関心です。
それがアメリカに代わって日本人が血を流す戦争であっても、
ひとたび戦闘が起きれば、「軍人・兵士(自衛隊員)が命をかけて戦っているのに、戦いに反対するとは何ごとか」という風に社会全体が変わってしまいます。

いまでも、「それはおかしい」と言うことが、ためらすでにわれる世の中になっていませんか。
そうした躊躇は、すでに私たちの気持ちのどこにあるのかを見つめ直してみましょう。

「何も知らされてなかった」とまた繰り返すことのないように、
「何が戦争を起こすのか
を見極め、話し合い、声を上げて行きましょう。

 

 

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事

証言 侵略戦争千葉上映会

「映画『証言 侵略戦争3部作』船橋上映会」(千葉・船橋)

「映画『証言 侵略戦争3部作』船橋上映会」(千葉・船橋) 日時:4月18日(土) 10:00~  

記事を読む

アムネスティ・フィルム・フェスティバル表

アムネスティ・フィルム・フェスティバル2015

アムネスティ・フィルム・フェスティバルのご案内 政府を批判するだけで投獄される、 紛争下で人びと

記事を読む

sensouwoshinai

戦争をしない国日本

この映画は憲法公布60周年にあたり、日本国憲法とその平和主義をめぐる規定が、なぜ、どのように

記事を読む

軍隊を捨てた国オモテ

映画『軍隊をすてた国』

映画『軍隊をすてた国』   解説 中米コスタリカ共和国は、軍隊を廃止してから半世紀以上

記事を読む

空想の森映画祭

第19回空想の森映画祭

「第19回空想の森映画祭」のご案内 日時:9月13日(土)14日(日)15日(祝) 会場新得

記事を読む

第54回「主戦場」20191128制作オモテ

映画「主戦場」

映画『主戦場』 【上映情報】 第54回 憲法を考える映画の会 と き:2019

記事を読む

第8回むのたけじ反戦塾案内チラシ2024年6月15日版オモテ

第8回 むのたけじ反戦塾(2024年6月15日)

第8回 むのたけじ反戦塾 日時:2024年6月15日(土)13:30〜17:00 会場:文京区民

記事を読む

87

八十七歳の青春 市川房枝生涯を語る

映画「八十七歳の青春 市川房枝生涯を語る」 1981年制作・120分・村山英治監督

記事を読む

第53回「ニジノキセキ」20191026コピー3

映画「ニジノキセキ─「4.24」の未来へ、七色の架け橋─」

映画「ニジノキセキ─「4.24」の未来へ、七色の架け橋─」 第53回憲法を考える映画の

記事を読む

禁じられた歌声_poster_01

禁じられた歌声

禁じられた歌声 監督:アブデラマン・シサコ 2014年/フランス・モーリタニア映画/97

記事を読む

ad

ad


第76回「アトミック・カフェ」20240629案内チラシ(20240607)テスト版表
第76回憲法を考える映画の会『アトミック・カフェ』

第76回憲法を考える映画の会『アトミック・カフェ』 第76回

第8回むのたけじ反戦塾案内チラシ2024年6月15日版オモテ
第8回 むのたけじ反戦塾(2024年6月15日)

第8回 むのたけじ反戦塾 日時:2024年6月15日(土)13:30

第75回憲法映画祭2024(2024・4・29)入稿版オモテ
憲法映画祭2024

憲法映画祭2024 「憲法映画祭2024」(第75回憲法を考

第7回むのたけじ反戦塾案内チラシ2024年3月20日版
第7回むのたけじ反戦塾

第7回むのたけじ反戦塾 第7回むのたけじ反戦塾 日

第74回「サイレントフォールアウト」20240203案内チラシ2
第74回憲法を考える映画の会『サイレント・フォールアウト 乳歯が語る大陸汚染』

第74回憲法を考える映画の会『サイレント・フォールアウト 乳歯が語る大

→もっと見る

PAGE TOP ↑