*

【報告】「『閣議決定』で戦争する国にするな!6.17大集会」

公開日: : ごまめのはぎしり, イベント

【報告】「『閣議決定』で戦争する国にするな!6.17大集会」に行ってきました。

6月6日のFacebookでご案内して、たくさんのアクセスをいただいた集会です。

20140617解釈で憲法を壊すな大集会
開会に10分ほど遅れて日比谷公園に行ったら野外音楽堂には満員で入れなくて…、でもそれはそれで大勢の人が反対に駆けつけてきたということなのだろうとうれしく思いました。

617日比谷集会1

デモは今回は銀座コースを選び、右翼の出迎えもなくて粛々と解散。

東京駅のkioskの日刊ゲンダイの見出しが「公明党裏切り」「行使容認確定」とありました。
でも最終的に容認するとしても、7月5日までに合意形成をめざす以降とか引き延ばしを図っているとか(時事通信)

2週間も伸びれば、その間に、たとえばいま地方自治体の首長や議会が解釈改憲は慎重にと言い始めているというように、良識ある声がじわじわ広がっていかないか、連日行われているデモがどんどん人数を増していかないだろうかなどとほんのり期待をしてしまうのです。
(秘密保護法の時はそれで安倍さんが急いだのだから、今回も、夏菜)

それにしても、デモの中から道行く人の無関心を眺めていて、何がどうなれば多くの人を巻き込んでいく渦になるのかなあ、と考えていました。

タイでも、エジプトでも、政権が変わる(倒れる)きっかけに大きなデモのうねりがあることがこの頃いろいろな国で起きています。

自分たちが不満と思うこと、正しくないと思うことに人々が街頭に出て声を上げていくことでひっくり返る国の方が、よほど密室で一部の政治担当者が国の根幹、というか国民の財産を好きなように無くしてしまおうとする国よりよっぽど民主的で政治の水準が高いようにも思われます。

60年安保の時、国会の周辺をたくさんの国民が取り巻いたのは、「新安保条約によってまた戦争に巻き込まれるのは嫌だ」という安保そのものに対する反対が強かったとともに、当時の岸信介内閣の強行採決などあまりにも強引なやり方に多くの国民が怒って街頭に出て「安保反対、国会解散」と声を上げたということがあると覚えています。

いまの強引な進め方、人の言うことを聞こうともしない態度、政治は数で多数を取っていれば何をやっても結果は見えているという小馬鹿にしたような答弁、それも国の基本である憲法をめぐっての話でですよ、もっともっと国民は怒るべきと思います。

(そんなこと知らされてもいないし,しろうとも思わない、ということなのか)

政治のレベルの低さ、そして国民の政治レベルの低さが、海外からの信頼をじわじわと落としていきます。
そうして日本人がこれまで作り上げてきた日本人への好感と信頼(日本人は平和的な国民だという信頼)がどんどん落とされていきます。失うものは多い、これではどんどん負の遺産を日本の未来に遺していくことになりそうです。

またあした考えよう。考え続けよう。

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事

琉球新報1面上

琉球新報記事「海が戦場 県人犠牲」

琉球新報特集記事「海が戦場 県人犠牲」 8月13日琉球新報では「沖縄戦70年」の特

記事を読む

人を殺さないが憲法の原点

新聞の投書「『人を殺さない』が憲法の原点」から

この1週間くらい考えていたことを少しお伝えします。個人的な感想です。 集団的自衛権の行使容認につい

記事を読む

中国インデペンデント映画祭p.1

中国インデペンデント映画祭

中国インデペンデント映画祭 と き:12月12日(土)〜27日(日) ところ:ポレポレ

記事を読む

9条の会

【報告】「九条の会発足10周年講演会『集団的自衛権と憲法9条』に行って聞いてきました。その2

【報告】「九条の会発足10周年講演会『集団的自衛権と憲法9条』に行って聞いてきました。その2[その1

記事を読む

koukoku198206

【ご紹介】「日本政府の“邦人擁護”の実績は?(大貫 康雄)」

「【大貫 康雄】日本政府の“邦人擁護”の実績は?」のご紹介 集団的自衛権行使容認の閣議決定をめ

記事を読む

テロ等準備罪は必要か?

上映会にインターネットTVの取材が来ました。

前回の『横浜事件を生きて』の上映会には,テレビ朝日系のインターネット報道番組(AbemaTV「Abe

記事を読む

第25回憲法映画祭160501 オモテ

憲法映画祭2016 5月1日

憲法映画祭2016   と き:2016年5月1日(日)11時〜19時 ところ:東京体

記事を読む

日本は戦争をするのか

「集団的自衛権」書籍のご案内

「集団的自衛権」を考える4冊の書籍のご案内 いまこそ、憲法と集団的自衛権についての知識をパワーアッ

記事を読む

top_all

集会・デモのご案内

7月から8月にかけての集会・デモのご案内 7月25日(金) 「パレスチナ占領を終わらせよう!安倍

記事を読む

平和の火をヤスクニの闇へ

「平和の灯を!ヤスクニの闇へ 2014キャンドル行動」のご案内

「平和の灯を!ヤスクニの闇へ 2014キャンドル行動」のご案内 日時 : 2014年8月9日(土)

記事を読む

ad

ad


第34回憲法映画祭2017(2017・3・20)オモテ
憲法映画祭2017

憲法映画祭2017   【憲法映画祭2017】のご案内

第33回「武器なき斗い」20170225
武器なき斗い

武器なき斗い 『武器なき斗い』(140分)監督:山本薩夫

テロ等準備罪は必要か?
上映会にインターネットTVの取材が来ました。

前回の『横浜事件を生きて』の上映会には,テレビ朝日系のインターネット報

第32回「小林多喜二」20170209 オモテ
映画「小林 多喜二」

映画「小林 多喜二」 今井正監督 1974年制作 119分 多喜二プ

スキャン 10
座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバル

ドキュメンタリーフェスティバル     2017年

→もっと見る

PAGE TOP ↑