*

第5回むのたけじ反戦塾

第5回むのたけじ反戦塾

と き:20231123日(木・休13:3016:30
ところ:文京区民センターC会議室地下鉄春日駅2・後楽園駅5

プログラム(予定)
 参考上映「むのたけじ100歳のつどいジャーナリズム・メディアの
再生
戦後70年・未来への課題(66分)2015年4月制作
 参加者、それぞれが今考えていること、問題としていることの出し合
い・話しあい
 むのたけじ著希望は絶望のど真ん中に第三章「人類の余命は四
年か、四
年か」から
 「むのたけじ反戦塾」の新しい展開をめざして

第5回むのたけじ反戦塾案内チラシ11月23日版(修正)オモテ 第5回むのたけじ反戦塾案内チラシ11月23日版(修正)ウラ

当日の手元資料

資料❶ 第5回反戦塾へ
・これからの「むのたけじ反戦塾」の工夫
・第5回反戦塾へ                 P.2
資料❷ 「希望は絶望のど真ん中へ」へ思い             P.3
資料❸「むのたけじ反戦塾」これまでのあゆみ          P.3
資料❹ 第4回むのたけじ反戦塾(2023年8月26日)
参加者発言記録                            P.4~11
資料❺ これからの「むのたけじ反戦塾」
「憲法を考える映画の会」                           P.12
インフォーメーション
資料❻ 「希望は絶望のど真ん中に」
第3章人類の余命は40億年か、40年か       P20~14(左開き)

当日の手元資料(PDF)

ジャーナリズム・メディアの再生〜戦後70年・未来への課題〜ジャケット修正版

むのたけじ100歳のつどいジャーナリズム・メディアの再生
戦後
70年・未来への課題

あくなき世界平和を望むジャーナリスト・むのたけじさん。
100歳のむのさんが、命の尊さと「戦争をやれぬ」生き方を語る。
「ジャーナリストが戦争を検証し、裁かなければならない」
「メディアの使命は社会の歩みを見つめ、過ちを正していくこと」
「男女が本気で愛し合えば、戦争をさせない世の中になる」
2015年3月8日(日)(むのたけじさん100歳の時)収録
制作:「埼玉・市民ジャーナリズム講座」実行委員会
(埼玉新聞サポーターズクラブ・日本機関誌協会埼玉県本部
NPO法人埼玉情報センター・さきたま新聞)

第5回反戦塾へ

  むのたけじ反戦塾は、第4回までむのたけじが2016年5月有明防災公園で話した、憲法九条が日本の戦後社会に果たした役割などを道標の中心にして、残されたドキュメンタリーや著作などを材料にして話し合いを深めることをしてきました。しかし、むのたけじ地域・民衆ジャーナリズム賞の活動が休止したので、ジャーナリズムと戦争の議論も加えたいと思います。そこで、今回の講演ビデオは、2015年3月8日さいたま市で「市民ジャーナリズム講座」実行委員会主催が主催した「むのたけじ100歳の集い」で、「ジャーナリズム・メディアの再生〜戦後70年・未来への課題〜」という題で話したものです。

この講演会の裏話をすれば、3ヶ月くらい前にかなりひどい心臓の発作を起こして、休養を経て復帰したもので、講演場所が自宅から車で10分もかからないところにあったからできたものでした。講演の中でも話していますが、最後まで話せるか不安が付きまっとって話し始めましたが、この講演会ができたことで、そのあと20回ほどいろいろなテーマで講演会ができました。そのような事情があったためか、戦後70年を振り返って、自分たちの世代ができなかったことを遺言的に話している感じがしました。

講演はジャーナリズムが生き返れるかということについて話をするのですが、冒頭、このままでは日本ばかりでなく、世界のジャーナリズムは生き返れないと否定的な発言から始まります。ジャーナリズムは今社会がどういう歩みをしているのか、原因は何か。プロセスはどうか、やがてどういう歩みをするかの予感を含めて伝え、そういう問題提起を絶えずして過ちを正していくのがジャーナリズムだからですと。

今、2023年11月4日イスラエル軍のガザ市の完全包囲し、パレスチナ人のジェノサイド(集団殺害)が言われ、その悲惨な状況は盛んに報道されています。しかし、そこに至る経過は、たまーに解説として伝えられることがあるかとは思いますが、普段のニュースではそれが感じられない。

パレスチナ問題の歴史に私は詳しいわけではないが、NHKのホームページを参考に簡単に振り返る。2000年くらい前に今のパレスチナの地にユダヤ人の王国がありましたが、ローマ帝国に滅ぼされ、ユダヤ人は世界に散っていきます。その後ナチスドイツのホロコーストなどの迫害があって、国を作ろうということになります。そこで、イギリスがアラブ人に独立国家の約束をしているのに、ユダヤ人とも国家建設の支持を与えるという二重約束をします。また、イギリスとフランスがパレスチナを統治していたオスマン帝国から取って、分割統治するという密約もします。こうした流れで、国際連合で1947年パレスチナの分割統治案が採択され、1948年アラブ人が住んでいたパレスチナにイスラエルが建国したわけです。それに伴い、自分たちの土地を奪われたたアラブ人は黙っていません。三次にわたる中東戦争と言われる戦いをするのですが、アメリカに支援されたイスラエルにパレスチナと呼ばれる地域のすべてが実質占領されたのです。

今の報道を見ると、ハマスがイスラエルに撃った、それにイスラエルが反撃して空爆した、悲惨な状況があるというようなものにしか感じられない。パレスチナの歴史を聴衆はすべて知っているわけでない。毎回解説するわけにもいかないだろうが、そうした歴史を感じられる話し方をして欲しい大事なことがこのことからもわかります。

パレスチナは報復合戦しているうちはここの住んでいる人の多くが幸せになることはないだろう。

それは、添付した新聞記事にもあるように元イスラエル兵であったダニーさんも「憎しみ止め、対話を」と訴えている。  まさに、むのたけじが訴えている「戦争がいらぬ。戦争のやらぬ世へ」となる。講演の最後に「男女が本気で愛し合えば、戦争のさせない世の中になる」と結んでいるが、それに至る話が講演では続く。

こうした戦争があちこちで起きている時に、第一次世界大戦の直後に生まれて、大正、昭和、平成を生き、戦争を無くそうと訴え続けた人の話を再度聞き直してみると、今を生きるヒントがあるように思います。(武野大策)

 

393394092_24035205472794413_4567583694077530343_n
******************************
次回 第6回むのたけじ反戦塾のおしらせ
日時:2024年1月20日(土)13:30〜16:30
会場:文京区民センター 3C会議室
******************************

 

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事

shirouo

【更新】「シロウオ 原発立地を断念させた町」を追加

第12回上映会参加者の方からのご紹介で「原発を考える映画」に「シロウオ」を追加致しました。

記事を読む

空想の森映画祭

第19回空想の森映画祭

「第19回空想の森映画祭」のご案内 日時:9月13日(土)14日(日)15日(祝) 会場新得

記事を読む

One Shot One Kill

【更新】「アメリカばんざい」「One Shot One Kill」の2作品を追加

戦争を考える映画 アメリカの戦争の2作品「アメリカばんざい」「One Shot One Ki

記事を読む

第25回憲法映画祭160501 オモテ

憲法映画祭2016 5月1日

憲法映画祭2016   と き:2016年5月1日(日)11時〜19時 ところ:東京体

記事を読む

一日本兵が撮った日中戦争p.1表紙

一日本兵が撮った日中戦争─村瀬守保写真パネル(全50枚)─

一日本兵が撮った日中戦争─村瀬守保写真パネル(全50枚)─のご案内 ひとりひとりの兵士を見ると、

記事を読む

7月11日北海道新聞

北海道新聞「映画で憲法考えよう」紹介

北海道新聞「映画で憲法考えよう」紹介 7月11日の北海道新聞の「『不戦』どこへ」という記事の一

記事を読む

手元資料第3回むのたけじ反戦塾20220706(6月29日版)

第3回むのたけじ反戦塾

第3回むのたけじ反戦塾 と き: 2023年7月6日(木)13時30分〜16時30分 ところ: 

記事を読む

disc_case

【更新】「憲法について考える」作品に8作品を追加

「憲法について考える」作品に8作品を追加しました。   戦争をしない

記事を読む

7月1日デモ5

集団的自衛権行使反対市民行動のご案内

7月の市民行動のご案内 集団的自衛権行使容認に閣議決定に反対する官邸前の集会・デモに4万人とも6万

記事を読む

辺野古2014年8月

第3回「憲法を考えるちいさな映画の会(試写会)」のおしらせ

第3回「憲法を考えるちいさな映画の会(試写会)」のおしらせ 日時:10月04日(土)13時半〜16

記事を読む

ad

ad


第76回「アトミック・カフェ」20240629案内チラシ(20240607)テスト版表
第76回憲法を考える映画の会『アトミック・カフェ』

第76回憲法を考える映画の会『アトミック・カフェ』 第76回

第8回むのたけじ反戦塾案内チラシ2024年6月15日版オモテ
第8回 むのたけじ反戦塾(2024年6月15日)

第8回 むのたけじ反戦塾 日時:2024年6月15日(土)13:30

第75回憲法映画祭2024(2024・4・29)入稿版オモテ
憲法映画祭2024

憲法映画祭2024 「憲法映画祭2024」(第75回憲法を考

第7回むのたけじ反戦塾案内チラシ2024年3月20日版
第7回むのたけじ反戦塾

第7回むのたけじ反戦塾 第7回むのたけじ反戦塾 日

第74回「サイレントフォールアウト」20240203案内チラシ2
第74回憲法を考える映画の会『サイレント・フォールアウト 乳歯が語る大陸汚染』

第74回憲法を考える映画の会『サイレント・フォールアウト 乳歯が語る大

→もっと見る

PAGE TOP ↑