*

【報告】上映会「『標的の村』in キタナラ」に行ってきました!

公開日: : 最終更新日:2014/06/18 お知らせ, ごまめのはぎしり

【報告】上映会「『標的の村』in キタナラ」に行ってきました!

「憲法を考える映画の会」の準備会メンバーで「憲法を考える映画のリスト」のレイアウトを担当しているA.I.さんたちが千葉で開いた上映会に行ってきました。

上映会「『標的の村』in キタナラ」はこちら

住宅街の中、幼稚会の隣の民家のはなれという不思議な会場でしたが、

定員25人のところ40人はいらっしゃたでしょうか、盛況でした。

標的の村in キタナラ

学生さんらしき若い人も子どもも、また沖縄の高江です割り込みに参加してきた人たちもいて、今回の映画『標的の村』の内容さながらの、しっかりと地に根を下ろして生活の中で活動をいる人たちがやっている会というような印象を受けました。

6月21日「憲法を考える映画の会 ちいさな映画会 」で『ラブ沖縄@辺野古・高江・普天間』を上映するのと合わせて、この上映会は「沖縄の基地闘争を考える連動企画」と位置づけました。

「憲法を考える映画の会 ちいさな映画会 」はこちら

『ラブ沖縄@辺野古・高江・普天間』はこちら

守備軍全滅9万人戦死、沖縄の住民は4人に一人が亡くなった(死者10万人)といわれる沖縄戦終結の日6月23日を前に、
また辺野古の強行着工が目前に狙われているいま、
そして「集団的自衛権」行使容認の策動と解釈憲法の問題が迫っているいま、沖縄の基地に対するたたかいがどのようなものであったかをもう一度学ぼうという連動企画です。

映画『標的の村』はいろいろなものを考えさせる内容を含んでいていろんなことを感じさせられました。
映画「標的の村」の解説はこちら
・ヘリパット建設に反対している人たちが守ろうとしている生活と豊かな時間
・基地建設に反対して座り込みをしただけで国が国民を被告として裁判にかけるというこの国の現実
・ベトナム戦争当時「ベトナム村」として高江の住民がゲリラ役にかり出されていた。それはいまも高江を「標的の村」と想定して訓練ヘリの攻撃目標とされていること
・そこに危険な軍用機オスプレイが強行配備される。
・オスプレイ配備そのものがいまの沖縄の基地問題、普天間、辺野古、高江問題の中で既成事実化として進められる。
・情報を隠し、説明をせずに逃げる国家、普天間封鎖の住民の運動をまともに伝えようとしなかったメディア(琉球朝日放送は別と思いますが)

等々。

なかでも反対運動の表明としてその非暴力の直接行動である座り込みをしただけで裁判の被告、犯罪者としようとする国家権力のやっていることは、デモで声を上げただけで逮捕するとか、扇動や教唆の疑いがあると言うだけで刑務所に送れるとする秘密保護法にも通じて、この国が一貫してやってきた、そして安倍政権でとくにひどくなっている「国民の声を聞こうとしない」「市民にのこされた運動を抑え込んで、自分たちに反対する市民を抑え込んで、思いのままをやろうとする」安倍政権の態度・姿勢につながるものです。

とくにスラップ裁判(権力を持つ国や自治体、大企業が反対の声を上げた個人を訴えること、アメリカでは多くの週で禁止している)
私たちももっと調べて、学んで、そうしたことを起こしてはいけないともっと訴えていきたい、と準備会のメンバーでも話しました。

この先、どうしていったらいいか、沖縄の基地に対するたたかいは,自分たちにも当事者として関わってくるものだという思いで、「沖縄基地闘争連動企画」としてひきつづき考えていきたいと思います。

上映会「『標的の村』in キタナラ」のみなさんありがとうございました。

6月21日14時〜16時半 東京体育館第4会議室(千駄ヶ谷駅2分)
映画「『ラブ沖縄@辺野古・高江・普天間』にもぜひいらっしゃって下さい。

 

 

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事

福島映画祭2014-1

福島映像祭2014

福島映像祭2014のご案内 日時:2014年9月20日(土)〜26日(金) 会場:ポレポレ東中野

記事を読む

自由と壁とヒップホップチラシ表

【更新】『自由と壁とヒップホップ』を「作品紹介」に加えました!

パレスチナのヒップホップムーブメントを取り上げた初めての長編ドキュメンタリー『自由と壁とヒップホップ

記事を読む

2018:2:7・毎日新聞夕刊

「映画で憲法を考える 歴史的事実、生き生きと」(2018/2/7・毎日新聞夕刊)

「映画で憲法を考える 歴史的事実、生き生きと」(2018/2/7・毎日新聞夕刊)のご紹介 と き:

記事を読む

無知の知オモテ

【更新】映画『無知の知』アップしました。

映画『無知の知』アップしました。 衆院選挙で「信任」を得た安倍政権は川内原発を革切りに原発稼働

記事を読む

写真集「戦後はまだ」表紙

山本宗補写真集『戦後はまだ…』

山本宗補写真集『戦後はまだ…』のご紹介   山本宗補 著・写真 解説:林 博史(関東学

記事を読む

あとおいニュース第3号20130801表紙

あとおいニュース第3号

あとおいニュース第3号 あとおいニュース第3号20130801

記事を読む

憲法9条、未来をひらく1

『9条の会』パンフレットの中の「憲法9条、未来を開く」のご紹介

『9条の会』パンフレットの中の「憲法9条、未来を開く」のご紹介 集団的自衛権行使容認をめぐる閣

記事を読む

640px-Gojira_1954_Japanese_poster

『GODZILLA』

映画『GODZILLA』を見に行ってきました。 おすすめの関連図書でご紹介した『映画で憲法を学ぶ』

記事を読む

マスコミ市民フォーラム140708

安倍政権がめざす憲法無視の教育政策

講演会「安倍政権がめざす憲法無視の教育政策」のご案内 とき 2014年7月8日(火)午後6時半〜8

記事を読む

栁沢さん講演3

報告 「栁沢協二さんの講演『迷走する集団的自衛権』」から

報告「9条フェスタ市民ネット学習会」で栁沢協二さんの講演『迷走する集団的自衛権』を聞きました。

記事を読む

ad

ad


第43回「500年─独裁者を裁くのは誰か?」「グラニート」20180509決定稿
映画『500年─権力者を裁くのは誰か?』

映画『500年─権力者を裁くのは誰か?』   「第43回憲法を

朝日新聞2018年5月1日
「憲法を考える映画の会」紹介記事(朝日新聞)

「憲法を考える映画の会」紹介記事(朝日新聞) と き:2018年

憲法を考える映画のリスト2018オモテ
「憲法を考える映画のリスト」2018年版

「憲法を考える映画のリスト」2018年版 「憲法を考える

第42回憲法映画祭2018(3月11日修正原稿)オモテ
憲法映画祭2018

憲法映画祭2018 2018年4月29日(日)30日(休) 国立オ

第41回「ザ・思いやりパート2」20180224
『ザ・思いやりパート2 希望と行動編』

『ザ・思いやりパート2 希望と行動編』   チラシpdf

→もっと見る

PAGE TOP ↑