*

「憲法を考える映画の会」および「憲法映画祭2020」の中止・延期のお知らせ

「憲法を考える映画の会」および「憲法映画祭2020」の中止・延期のお知らせ

みなさまには大変お世話になっております。
4月29日(休)に予定しておりました「第56回憲法を考える映画の会」を中止、
5月17日の「憲法映画祭2020」を延期させていただきます。
再開の見込みは今のところ立っていませんが、
情勢を見て確実な計画が立てられる時になりましたら、またあらためてお知らせします。

憲法を考える映画のリスト2019年版

思い起こせば、私たちが第1回の「憲法を考える映画の会」を始めたのは、ちょうど7年前の2013年4月のことです。
安倍政権ができて、「憲法を変えること」をあらためて言い出したことをきっかけに、何とかそれを止めさせたい、
自分たちのできることから始めようと、この会を始めました。
ところがこの安倍政権の7年間の間に、
「秘密保護法」「安保法制」「共謀罪法」など実質的に憲法解釈を変えてしまう暴挙によって次々と押し切られてしまいました。
さらに「森友」「加計」「桜を見る会」をはじめとする数々の政治汚職、国会無視、三権分立破壊の政治がまかり通っていて、
自民党政権自体が政治を壊し、民主主義を壊し、文化を壊し、科学を壊し、憲法そのものを壊していくことをどうしても許すことができません。
加えて今回、その必要もないにもかかわらず「緊急事態宣言」を新型インフルエンザ特措法改定の中に十分な討議もせずに、
ほぼ与野党一致で盛り込んだ今の情況は、アベ改憲4項目の眼目である「緊急事態条項(対応)」の先取りであり、
安保法制同様、改憲の既成事実化をねらってコロナ感染を利用するものと思えてなりません。
その後のコロナ感染対策の迷走はさらに目に余るものがあります。

この最も肝心な時期にそのことを問題にする場をもてないことが残念ですが、
中止・中断の間にも活動は続け、自分たち自身の声を上げていく力を蓄えていきたいと考えておきたいと思っています。
「人が集まるのが、最も危険」「手を取り合う」ことができない、
私たちがこれまでめざしてきたことと真っ向から反するような今の情況ですが、
私たちはこの間に、人が集まり、それぞれ話し合って、
意見を共にできる場を拡げていくのにはどうしたら良いか、考えていこうと思っています。

ご意見やお考えがありましたら、お寄せください。どうぞよろしくおねがいします。

【この間に、進めたいと思うこと】

1)  「憲法の映画を地域で、地方で」
・  これまで映画の会に参加された方やご連絡いただいた方々とともに、ちいさくても映画を見て話し合う場をあちこちに作っていくための準備とその実現を進めていきます。
・  上映できる映画のリストを作っていきます。
・  自分たちの上映会をより効果的に継続して続けられるように、「上映会の作り方」「宣伝の仕方」「連絡の取り方」「運営の仕方」「会計の採算性」などを検討し、上映会をやろうと考える人にも役立つようなものにしていきたいと思います。

2)  自分たちで上映できる映画、映像作品を見つけ、拡げていきます。
「テレビドキュメンタリー番組を教育の場で」
・  テレビドキュメンタリー番組の中には、過去の放送作品でも、いまを考える優れた作品がたくさんあります。それらを見つけ出し、リストにし、テレビ局やその作り手の方々と交渉し、大学をはじめとする教育の場などで上映公開出来るようにします。

「市民の視点から、多くの人が見る機会が無かった優れた作品を探し上映します」
・  市民の視点から、市民の活動を中心にした国内・海外の作品を探し、自分たちの手でも上映できるようにします。
・  劇映画、ドキュメンタリー映画に限らず、過去に作られ上映された作品で多くの人が見る機会が無かった作品の中から、私たちのテーマである「憲法」「戦争(反戦)」「民主主義」「基本的人権」「歴史認識」「ジャーナリズム」と言ったテーマの優れた作品を探し、上映できるようにします。
・  自分たちで、あるいは映画を作ろうとしている人たちと組んで、新しい作品制作の機会をつくります。
手分けして、分担して、少しずつ進めていけることがたくさんあると思います。
ご関心のある方はどうぞ、お声がけください。ご紹介や提案があれば、お知らせください。
今まで、いただいたお便りやご連絡にも返事せず失礼してしまったこともありましたが、これからは、いっしょに作り上げていく新しく関係をめざしたいと思います。
どうぞよろしくおねがいします。
憲法を考える映画の会

 

 

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事

「自主制作映画見本市」190408入稿時

自主制作・上映映画見本市

自主制作・上映映画見本市 「自主制作・上映映画見本市」 2019年4月30日 (休) 9

記事を読む

shirouo

【更新】「シロウオ 原発立地を断念させた町」を追加

第12回上映会参加者の方からのご紹介で「原発を考える映画」に「シロウオ」を追加致しました。

記事を読む

太陽がほしい協力金の呼びかけ表

映画『太陽がほしい』支援の呼びかけ

映画『太陽がほしい 「慰安婦」とよばれた女性たちの人生の記録』支援の呼びかけ 映画づくりにあなたの

記事を読む

20181118国際勇気映画祭2018

国際有機農業映画祭2018

国際有機農業映画祭2018 と き:2018年11月18日(日) 10:00~19:45(

記事を読む

標的の村国分寺

西国分寺で『標的の村』上映会

西国分寺で『標的の村』上映会 2014年7月2日(水)❶10:30〜12:10 ❷14:00〜15

記事を読む

十代の君たちへ

書籍『十代の君たちへ─ぜひ読んでほしい憲法の本 日野原重明著』のご案内

書籍の紹介になりますが、いま、日本国憲法を知り考えたいと思っている人たちにそして、日本国憲法につ

記事を読む

new20140619

【緊急】「9.19安倍政治と平和・原発・基地を考える緊急集会」のご案内

今朝の東京新聞の記事で「平和や原発考える集会」「明大、会場提供を拒否」「1週間前急きょ」と報道さ

記事を読む

第46回「OKINAWA1965」20181010一部修正2

映画『OKINAWA 1965』

映画『OKINAWA 1965』   【上映案内】 第46回 憲法を

記事を読む

第7回小映画会「言わねばならないこと」20190702

テレビドキュメンタリー番組『言わねばならないこと─新聞人 桐生悠々の警鐘』

テレビドキュメンタリー番組『言わねばならないこと─新聞人 桐生悠々の警鐘』 【上映情報】

記事を読む

main

【更新】『消えた画 クメール・ルージュの真実』を作品紹介にアップしました。

【更新】『消えた画 クメール・ルージュの真実』を作品紹介にアップしました。 プノンペンの戦

記事を読む

ad

ad


17歳のウィーン
映画「17歳のウィーン」

映画『17歳のウィーン フロイト教授 人生のレッスン』(原題:Der

52hzLS_B1
映画「はちどり」

映画『はちどり』(英名:House of hummingbird)

憲法を考える映画のリスト2019年版
「憲法を考える映画の会」および「憲法映画祭2020」の中止・延期のお知らせ

「憲法を考える映画の会」および「憲法映画祭2020」の中止・延期のお知

第55回「アフガニスタン 用水路が運ぶ恵みと平和」20200211入稿時原稿
映画『アフガニスタン 用水路が運ぶ恵みと平和』

アフガニスタン 用水路が運ぶ恵みと平和 【上映会情報】

「自主制作映画見本市#2」20200113オモテ
自主制作・上映映画見本市#3

自主制作・上映映画見本市#3   と き:2020年1月13日

→もっと見る

PAGE TOP ↑