*

「集団的自衛権」書籍のご案内

公開日: : 最終更新日:2014/06/19 お知らせ, ごまめのはぎしり, 書籍紹介

「集団的自衛権」を考える4冊の書籍のご案内

いまこそ、憲法と集団的自衛権についての知識をパワーアップし、論点を明確したいと思って、岩波新書の中から4冊の本を選んで(いまごろ)読んでいます。

半田滋「日本は戦争をするのか─集団的自衛権と自衛隊」

「はじめに」と「終わりに」を読んだだけでも、いまがどういう状況なのか、わかった気がしました。

安倍さん達に言われっぱなしだった悔しさを払いのけ、これまで「そうじゃあないだろう」と思いながら今ひとつ、もやもやとしていたものがストンストンと納得し、よし今度は言い返してやろうという気持ちになります。

豊下楢彦「集団的自衛権とは何か」

2007年の第一次安倍内閣当時に発刊された本ですが、安全保障とは何か、なぜ憲法第9条の変えて、「集団的自衛権」行使容認を急ぐのかが分かります。

ところが2014年のいま、その憲法を変える論議や手続きをとらないで、9条そのものを無力化しようと企んでもう少しで実現というところにまで来ています。そんなことが許されるはずもない。

田中伸尚「憲法九条の戦後史」

憲法9条のために人々がどんな思いを持ち続け、憲法9条がどんな役割を果たしてきたか、それが世界の平和にどのような役割を果たす可能性をもっているか、 そして保守勢力は如何にしてこの憲法9条をなし崩しにしていき、それをさせないために市民運動がどのように憲法をももって来たか、きちんと整理して頭の中 に入れたいと思ってきました。まだ間に合う、ひきつづき粘り強く憲法を守っていこう、そう感じました。

半田滋「戦地」派遣 変わる自衛隊

インド洋、イラクへの派遣を通して、大きく変貌を遂げて自衛隊。派遣に足る政治的駆け引きの内幕や、知られざる現地での活動の実態を克明に描き出す。そうかその果てにいまの「集団的自衛権」行使の想定の貧困なイメージがあるのか。

自分の中できちんととらえて、人にきちんと納得いくように話せるようにしたいと思っていたことがこれらの本に書いてあります。いまの日本の貧困な政治情況はそれを待ってはくれそうにありません。でも負けないで知識と知性を私たちの力にしていきましょう。

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事

hisashi

【更新】「加藤周一さん九条を語る」「井上ひさしさん九条を語る」 2作品を追加

  「憲法について考える」作品に2作品を追加しました。 九条の会の発起

記事を読む

140612戦争をさせない1000人委員会集会

戦争をさせない1000人委員会「全国署名提出集会と抗議行動」ご案内

戦争をさせない1000人委員会が6月12日、全国署名提出集会と抗議行動を行います。 日時:6月12

記事を読む

約束・名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯

【更新】映画『約束 名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯』

作品紹介に、映画『約束 名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯』の案内を追加更新しました。 死刑

記事を読む

被爆者映画祭表

被爆者の声を受け継ぐ映画祭のご案内

「被爆者の声を受け継ぐ映画祭2014」のご案内 7月3日(木)から6日(日)の4日間。 御茶ノ

記事を読む

love

【上映会】「憲法を考える映画の会 ちいさな映画会」のおしらせ

「憲法を考える映画の会 ちいさな映画会」のおしらせ 日時:6月21日(土)14時〜16時半

記事を読む

kenpo_chirashi

【更新】「憲法を観る」「憲法ってなあに?」の 2作品を追加

    「憲法について考える」2作品を追加しました。 憲法研究所が若い世代におくるわかり

記事を読む

アムネスティ・フィルム・フェスティバル表

アムネスティ・フィルム・フェスティバル2015

アムネスティ・フィルム・フェスティバルのご案内 政府を批判するだけで投獄される、 紛争下で人びと

記事を読む

140803

【更新】『こわされた5つのカメラ』『沈黙を破る』の2作品を作品紹介に加えました。

イスラエルによるガザ攻撃で1000人以上の市民が殺されたと報道されています。このような殺戮

記事を読む

軍隊を捨てた国オモテ

【更新】軍隊をすてた国

映画『軍隊をすてた国』のご案内 久々に「憲法を考える映画」らしい映画のご案内ができます。 軍

記事を読む

7月1日官邸前

市民の運動、活動について考えたこと

市民の運動、活動について考えたこと 7月1日に考えたこと。個人的な意見です。  

記事を読む

ad

ad


第40回「憲法を武器として」20180109
憲法を武器として 恵庭事件 知られざる50年目の真実

憲法を武器として 恵庭事件 知られざる50年目の真実 【上映

第38回「隠された爪痕」20170920
隠された爪跡 払い下げられた朝鮮人

第38回憲法を考える映画の会 と き:2017年10月14日(土)1

第37回「戦ふ兵隊・日本の悲劇」20170731
戦ふ兵隊 日本の悲劇

第37回憲法を考える映画の会 と き:2017年8月27日(日)13

第36回「『テロリストは誰?』3
テロリストは誰?

テロリストは誰? 映画『テロリストは誰?』 2004年 フランク・ド

第35回「『知事抹殺』の真実」
「知事抹殺」の真実

「知事抹殺」の真実 映画『知事抹殺の真実』2016年制作 我孫子亘監

→もっと見る

PAGE TOP ↑