*

「集団的自衛権」書籍のご案内

公開日: : 最終更新日:2014/06/19 お知らせ, ごまめのはぎしり, 書籍紹介

「集団的自衛権」を考える4冊の書籍のご案内

いまこそ、憲法と集団的自衛権についての知識をパワーアップし、論点を明確したいと思って、岩波新書の中から4冊の本を選んで(いまごろ)読んでいます。

半田滋「日本は戦争をするのか─集団的自衛権と自衛隊」

「はじめに」と「終わりに」を読んだだけでも、いまがどういう状況なのか、わかった気がしました。

安倍さん達に言われっぱなしだった悔しさを払いのけ、これまで「そうじゃあないだろう」と思いながら今ひとつ、もやもやとしていたものがストンストンと納得し、よし今度は言い返してやろうという気持ちになります。

豊下楢彦「集団的自衛権とは何か」

2007年の第一次安倍内閣当時に発刊された本ですが、安全保障とは何か、なぜ憲法第9条の変えて、「集団的自衛権」行使容認を急ぐのかが分かります。

ところが2014年のいま、その憲法を変える論議や手続きをとらないで、9条そのものを無力化しようと企んでもう少しで実現というところにまで来ています。そんなことが許されるはずもない。

田中伸尚「憲法九条の戦後史」

憲法9条のために人々がどんな思いを持ち続け、憲法9条がどんな役割を果たしてきたか、それが世界の平和にどのような役割を果たす可能性をもっているか、 そして保守勢力は如何にしてこの憲法9条をなし崩しにしていき、それをさせないために市民運動がどのように憲法をももって来たか、きちんと整理して頭の中 に入れたいと思ってきました。まだ間に合う、ひきつづき粘り強く憲法を守っていこう、そう感じました。

半田滋「戦地」派遣 変わる自衛隊

インド洋、イラクへの派遣を通して、大きく変貌を遂げて自衛隊。派遣に足る政治的駆け引きの内幕や、知られざる現地での活動の実態を克明に描き出す。そうかその果てにいまの「集団的自衛権」行使の想定の貧困なイメージがあるのか。

自分の中できちんととらえて、人にきちんと納得いくように話せるようにしたいと思っていたことがこれらの本に書いてあります。いまの日本の貧困な政治情況はそれを待ってはくれそうにありません。でも負けないで知識と知性を私たちの力にしていきましょう。

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事

20110826_hurui_001C

【更新】『ぼくたちは見た ガザ・サムニ一家の子どもたち』を作品紹介に加えました。

『ぼくたちは見た ガザ・サムニ一家の子どもたち』を作品紹介に加えました。 パレスチナ・ガザでほ

記事を読む

main

「10年後の空へ」アップしました。

「10年後の空へ」アップしました。

記事を読む

標的の村国分寺

西国分寺で『標的の村』上映会

西国分寺で『標的の村』上映会 2014年7月2日(水)❶10:30〜12:10 ❷14:00〜15

記事を読む

617日比谷集会1

【報告】「『閣議決定』で戦争する国にするな!6.17大集会」

【報告】「『閣議決定』で戦争する国にするな!6.17大集会」に行ってきました。 6月6日のFace

記事を読む

イラク チグリスに浮かぶ平和

【更新】映画『イラク チグリスに浮かぶ平和』

イラク チグリスに浮かぶ平和 戦火の人生 それでも日々はつづいていく。ジャーナリスト綿井健陽が刻み

記事を読む

7月1日デモ5

集団的自衛権行使反対市民行動のご案内

7月の市民行動のご案内 集団的自衛権行使容認に閣議決定に反対する官邸前の集会・デモに4万人とも6万

記事を読む

自由と壁とヒップホップ

自由と壁とヒップホップ

自由と壁とヒップホップ 音楽に境界はない!!! パレスチナのヒップホップムーブメントを取り上げた

記事を読む

スライド1

第13回憲法を考える映画の会のご案内

第13回憲法を考える映画の会のご案内 日時:7月19日(土)14時〜16時半 会場:東京体育鑑

記事を読む

140813東京新聞記事「消される戦争の跡」

「消される戦争の跡」と日本会議の正体

「消される戦争の跡」と日本会議の正体 最近の新聞記事を読んで気づいたことと前から気になっていたこと

記事を読む

米倉斉加年

米倉斉加年「戦争とは人が人を殺したり殺されたりすること。平和とは、人が生きられるということ」

米倉斉加年「戦争とは人が人を殺したり殺されたりすること。 平和とは、人が生きられるということ」 転

記事を読む

ad

ad


第54回「主戦場」20191128制作オモテ
映画「主戦場」

映画『主戦場』 【上映情報】 第54回 憲法を考え

「靖国・地霊・天皇」上映とお話の会-2オモテ
「遠近を抱えてPART2」「靖国・地霊・天皇」上映会

「遠近を抱えてPART2」「靖国・地霊・天皇」上映会   【上映情

天皇制を考える20191012
特別講演会 「現代天皇制による『心の支配』」

憲法を考える映画の会 映像とお話 特別講演会  10月22日即位の礼

第53回「ニジノキセキ」20191026コピー3
映画「ニジノキセキ─「4.24」の未来へ、七色の架け橋─」

映画「ニジノキセキ─「4.24」の未来へ、七色の架け橋─」

「自主制作映画見本市#2」オモテ190923
自主制作・上映映画見本市#2

自主制作・上映映画見本市#2   と き:2019年9月23日

→もっと見る

PAGE TOP ↑