*

第22回憲法を考える映画の会のご案内

公開日: : お知らせ, 上映会

第22回憲法を考える映画の会

『ハーツ・アンド・マインズ』を見て

私たちが今巻き込まれようとしているアメリカの戦争を考える。

日時:11月28日(土)13:30~16:30

会場:東京体育館 第2会議室(総武線千駄ヶ谷駅・地下鉄大江戸線国立競技場駅2分)

映画『ハーツ・アンド・マインズ(112分)

1974年制作 アメリカ映画

参加費:一般1000円 学生600円

第22回案内チラシ「ハーツ・アンド・マインズ」151128()

ベトナム戦争とはどのような戦争だったのだろうか?                            アメリカは、なぜいまも「アメリカの戦争」を続けるのだろうか?

そして私たちはいま、その「アメリカの戦争」に直接加わろうとしている。

ベトナム戦争と聞いて、あなたはどのようなことを思い浮かべますか?

p19j3327mvb7h1d8914l8r3bhm04

私は 『映画 日本国憲法』の監督ジャン・ユンカーマンさんが話されていたことを思い浮かべました。 ユンカーマンさんは、「日本人は、悲惨な戦争を体験して『二度と戦争はしまい』と誓った。それが日本人の心の中で日本国憲法になった。しかしベトナム戦争を体験してもアメリカ人は誓わなかった。だから未だに戦争をやめられない」と話しておられました。

「アメリカは10年に一度は戦争をしないと、経済が持たない国になってしまった」とも言います。それがベトナム戦争、イラク戦争、アフガニスタン戦争と、戦争をし続ける「アメリカの戦争」です。

その「アメリカの戦争」にいま、日本は直接加わろうとしています。

安保法案は無法な強行採決によって法律となり、それによって平和憲法はねじ曲げられ、ないがしろにされ、日本は戦争をする国」になろうとしています。

その日本が加担するアメリカの戦争とはどんな戦争なのか、ベトナム戦争を描いた記録映画『ハーツ・アンド・マインズ』を見て、「こんな戦争に加担するのはいやだ」という気持ちを強く持ち、日本国憲法がもともとめざしていた「世界からこんな戦争をなくすために力を注ぎたい」という意思を新たにしたいと思います。

 

ベトナム戦争の記録映画を今見ることの意味。

─今まで見てきた「憲法を考える映画」を踏まえて─

 

ベトナム戦争を描いた記録映画『ハーツ・アンド・マインズ』のことを聞いたときに、その映画を今こそ見たい、この「憲法を考える映画の会」でみんなで見て、話を聞きたいと思った理由は次のようなものです。

 

昨年7月の解釈改憲集団的自衛権行使容認の閣議決定、今年9月の「安保法案」成立は、戦後70年曲がりなりにも守られてきた平和憲法の理念をないがしろにするものです。

私たちはこの「映画の会」で話し合い、あるいは集会やデモに参加しながら何とかそれを止め、日本国憲法の理念が本来の形で実現するように願ってきました。

そう動きの中で、「安倍政権は憲法を変えて、いったい何がしたいのか?」「どのような日本にしたいのか」をずっと考えてきました。そして安倍政権はいっそう「アメリカの戦争」「アメリカの経済」に追随することで日本の経済をゆだねようとしているのではないかと考えました。

この映画の会でも上映してきたいくつかの映画のことが頭に浮かびました。

『ショック・ドクトリン』『9条を抱きしめて』『イラク戦場からの告発』『ファルージャ イラク戦争日本人人質事件…そして』『誰も知らない基地のこと』……、それらは戦争がアメリカによってつくられること、とくにアメリカの経済の事情から作られることを大なり小なり告発していました。「アメリカという国は10年も戦争をしないと経済が持たない国になってしまった」。つまり世界一の経済を成り立たせるためには戦争が必要である、と。

そのことと、今の安倍政権のめざしている「戦争のできる国」「戦争でもうけることができる『普通の国』」にして見かけ上景気をよく見えるようにしていこうという政策が重なります。そうした動きは、かつてアジア侵略戦争に至る戦前の政策を三井三菱などの財閥が軍部を後押しした歴史の過程にも重なります。まさに安部さんのあるいは自民党議員の多くの戦前回帰志向にも重なります。

そこで今の我が国の安保に関する動きとともに、安倍政権の戦争参加への動きの底辺にあるものをより明確にするために「アメリカの戦争」とは何なのか、日本にも最も密接に関係した「ベトナム戦争」についてもっと知っていきたいと思いました。そうした意味からこの『ハーツ・アンド・マインズ』を今回の憲法を考える映画の会の映画に選びました。

ベトナム戦争は日本の戦争でもありました。映画にも出てくるベトナムの住民に振りかけるように繰り返された空爆は、そのほとんどが沖縄の嘉手納基地から飛び立ったものといわれています。私はベトナム戦争にそのような形で加担しているとは当時思っていませんでした。

この映画で「ベトナム戦争がどのようなものであったか」を知ることを通して、今の日米安保の問題、沖縄の問題、辺野古をはじめとする基地の問題、集団的自衛権行使によって戦争参加の問題、そしてその中で私たちはどうしていくのか、今とこれからの問題を考えていきたいと思います。S.H.

 

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事

vlcsnap-2014-08-23-09h16m31s116

速報 辺野古のたたかい 2014年7月

速報 辺野古のたたかい 2014年7月 1月の名護市長選挙でも示された圧倒的な反対の声にもかかわら

記事を読む

ザ・思いやり

ザ・思いやり

ザ・思いやり 一人のアメリカ人が米軍への“オモイヤリヨサン”の疑問に挑む 監督:リラン・バクレー

記事を読む

空想の森映画祭

第19回空想の森映画祭

「第19回空想の森映画祭」のご案内 日時:9月13日(土)14日(日)15日(祝) 会場新得

記事を読む

%e3%82%82%e3%81%86%e4%b8%80%e3%81%a4%e3%81%ae%e7%b4%84%e6%9d%9f

『もう一つの約束』

『もう一つの約束』 2014年 韓国映画 115分 キム・テユン監督 【上映情報】

記事を読む

0523kiri

【更新あり】東京新聞にて「憲法を考える映画」のリストが紹介されました!

2014年5月23日付けの東京新聞夕刊にて「憲法を考える映画」のリストが紹介されました!

記事を読む

辺野古・高江沖縄記録映画

「辺野古・高江沖縄記録映画」製作応援

「辺野古・高江沖縄記録映画」製作応援のお願い 『標的の村』の監督の制作中作品です。 辺野古が

記事を読む

憲法とわたしたちの連続講座(国立市)

「 憲法とわたしたち連続講座 」に参加しました。

「緊急学習集会 憲法とわたしたち連続講座 その43」に参加しました。 【学習集会を知ったきっかけ】

記事を読む

ありふれたファシズムジャケット写真

ありふれたファシズム

ありふれたファシズム 野獣たちのバラード 原題名:Ordinary Fascism 1965

記事を読む

kodomo

憲法を考えるWebサイトを立ち上げました!

「憲法を考える映画」Webサイトをベータ版を公開しました。 これからどんどん充実させて

記事を読む

日本と原発オモテ

『日本と原発』

映画『日本と原発』   【解説】 この映画は、弁護士河合弘之と盟友弁護士海渡雄一、訴訟を共に闘

記事を読む

ad

ad


第34回憲法映画祭2017(2017・3・20)オモテ
憲法映画祭2017

憲法映画祭2017   【憲法映画祭2017】のご案内

第33回「武器なき斗い」20170225
武器なき斗い

武器なき斗い 『武器なき斗い』(140分)監督:山本薩夫

テロ等準備罪は必要か?
上映会にインターネットTVの取材が来ました。

前回の『横浜事件を生きて』の上映会には,テレビ朝日系のインターネット報

第32回「小林多喜二」20170209 オモテ
映画「小林 多喜二」

映画「小林 多喜二」 今井正監督 1974年制作 119分 多喜二プ

スキャン 10
座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバル

ドキュメンタリーフェスティバル     2017年

→もっと見る

PAGE TOP ↑