*

武器なき斗い

公開日: : 最終更新日:2017/03/12 上映会, 人権を守る憲法, 作品紹介

武器なき斗い

『武器なき斗い』(140分)監督:山本薩夫

第33回「武器なき斗い」20170225

上映会案内チラシはこちらから

第33回「武器なき斗い」20170326

【上映情報】

第33回 憲法を考える映画の会『武器なき斗い』(2017/3/26・原宿駅)のご案内
と き:3月26日(日)13時半〜16時半
ところ:千駄ヶ谷区民会館集会室
映 画:『武器なき斗い』(140分)監督:山本薩夫
参加費:一般1000円 学生:600円

「横浜事件を生きて」「小林多喜二」に続いて、今、論議されている共謀罪法の危険について考えるために、「共謀罪法=治安維持法」と言う視点から映画『武器なき斗い』を選びました。

「治安維持法とは?」と考えたときに、『小林多喜二』と並んで、治安維持法改悪に完全と闘おうとして凶刃に倒れた山本宣治を忘れることが出来ません。
この映画をみんなで見ることをきっかけにして、治安維持法や特高警察の恐ろしさ、共謀罪法の危険について考え、話し合い、共謀罪法に反対していきたいと思います。

【映画の解説】 

1929年、政府の治安維持法改悪にただ一人反対し,右翼の凶刃に倒れた労農党代議士、ヤマセンこと山本宣治の人間味あふれる生涯を描く。
監督は『白い巨塔』『華麗なる一族』の山本薩夫。
労働者たちのカンパで作られた本作は,「60年安保」が高揚した1960年、浅沼稻次郎社会党委員長がテロに倒された直後に公開され話題となった。

【映画の物語】

大正14年、普通選挙法と抱き合わせて成立した治安維持法によって,社会運動家や自由主義者への弾圧は強まった。同志社大学で教壇に立っていた山本は,先進的な性教育を教えていたが、それさえ弾圧の対象となり大学を追われてしまう。
社会運動へ身を投じた山本は,普通選挙に立候補、苦しい選挙干渉と弾圧を退けて代議士に当選した。
治安維持法改悪を狙う政府に,山本は帝国議会での反対演説を心に決めて東京に向かうがその前日、右翼の凶刃に倒れる。そして戦後…。

監督:山本 薩夫 製作:伊藤 武郎 角正 太郎 原作:西口 克己「山宣」
脚本:依田 義賢 山形 雄策 撮影:前田 実 音楽:林 光
出演:下元 勉 渡辺 美佐子 東野 栄治郎 小沢 昭一 谷 育子

武器なき斗い1 武器なき斗い2

武器なき斗い3 武器なき斗い4

武器なき斗い5 武器なき斗い

 憲法を考える映画の会あとおいニュース第9号(2017年3月15日発行)

憲法を考える映画の会あとおいニュース9号(20170311)

憲法を考える映画の会あとおいニュース9号(20170311)オモテ 憲法を考える映画の会あとおいニュース9号(20170311)ウラ

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事

第7回小映画会「言わねばならないこと」20190702

テレビドキュメンタリー番組『言わねばならないこと─新聞人 桐生悠々の警鐘』

テレビドキュメンタリー番組『言わねばならないこと─新聞人 桐生悠々の警鐘』 【上映情報】

記事を読む

無知の知オモテ

無知の知

無知の知   【映画の概要】 私は私自身が「原発」について「何も知らない」ということ

記事を読む

被爆者映画祭表

被爆者の声を受け継ぐ映画祭のご案内

「被爆者の声を受け継ぐ映画祭2014」のご案内 7月3日(木)から6日(日)の4日間。 御茶ノ

記事を読む

no image

「憲法を考える映画の会」のご案内

映画の上映と話し合いの会「憲法を考える映画の会」の最新情報をお伝えします。 これから予定されている

記事を読む

第42回憲法映画祭2018(3月11日修正原稿)オモテ

憲法映画祭2018

憲法映画祭2018 2018年4月29日(日)30日(休) 国立オリンピック記念青少年総合センタ

記事を読む

20211121憲法を考える映画の会「子どもたちの昭和史」オモテ

第62回憲法を考える映画の会『子どもたちの昭和史 第1部 大東亜戦争 第2部 15年戦争と教師たち』

第62回憲法を考える映画の会『子どもたちの昭和史』 【上映会情報】 第62回憲法を考える

記事を読む

朝日新聞2018年5月1日

「憲法を考える映画の会」紹介記事(朝日新聞)

「憲法を考える映画の会」紹介記事(朝日新聞) と き:2018年5月1日(火) ところ:朝日

記事を読む

love

【上映会】「憲法を考える映画の会 ちいさな映画会」のおしらせ

「憲法を考える映画の会 ちいさな映画会」のおしらせ 日時:6月21日(土)14時〜16時半

記事を読む

第25回憲法映画祭160501 オモテ

憲法映画祭2016 5月1日

憲法映画祭2016   と き:2016年5月1日(日)11時〜19時 ところ:東京体

記事を読む

第57回「地の塩」「人らしく生きよう」20201103・23(10月10日入稿時オモテ)

第57回憲法を考える映画の会『地の塩』

第57回憲法を考える映画の会『地の塩』 【上映会案内】 と き:2020年11月3日(火・休

記事を読む

ad

ad


シバサシ
憲法を考える映画の会―小さな上映会@中野『シバサシ―安里清信の残照―』

憲法を考える映画の会―小さな上映会 @中野 “抗い”の軌跡を見つめ

第1回国分寺「荒野に希望の灯をともす」2022年5月15日オモテ
第1回 憲法を考える映画の会@国分寺『荒野に希望の灯をともす〜医師・中村哲 現地活動35年の軌跡〜』

第1回 憲法を考える映画の会@国分寺 「中村哲さんと日本国憲法を考え

第64回「憲法映画祭2022」3月2日入稿原稿オモテ
憲法映画祭2022

憲法映画祭2022   「憲法映画祭2022」

「自主制作映画見本市8」20220313オモテ
自主制作・上映映画見本市#8

自主制作・上映映画見本市#8   自主制作映画見本市 #8  日

中野憲法を考える映画の会2022年2月20日オモテ
憲法を考える映画の会──小さな上映会@中野「“抗い”の軌跡を見つめる #1〈沖縄編Ⅰ〉」

憲法を考える映画の会──小さな上映会@中野「“抗い”の軌跡を見つめる

→もっと見る

PAGE TOP ↑