*

武器なき斗い

公開日: : 最終更新日:2017/03/12 上映会, 人権を守る憲法, 作品紹介

武器なき斗い

『武器なき斗い』(140分)監督:山本薩夫

第33回「武器なき斗い」20170225

上映会案内チラシはこちらから

第33回「武器なき斗い」20170326

【上映情報】

第33回 憲法を考える映画の会『武器なき斗い』(2017/3/26・原宿駅)のご案内
と き:3月26日(日)13時半〜16時半
ところ:千駄ヶ谷区民会館集会室
映 画:『武器なき斗い』(140分)監督:山本薩夫
参加費:一般1000円 学生:600円

「横浜事件を生きて」「小林多喜二」に続いて、今、論議されている共謀罪法の危険について考えるために、「共謀罪法=治安維持法」と言う視点から映画『武器なき斗い』を選びました。

「治安維持法とは?」と考えたときに、『小林多喜二』と並んで、治安維持法改悪に完全と闘おうとして凶刃に倒れた山本宣治を忘れることが出来ません。
この映画をみんなで見ることをきっかけにして、治安維持法や特高警察の恐ろしさ、共謀罪法の危険について考え、話し合い、共謀罪法に反対していきたいと思います。

【映画の解説】 

1929年、政府の治安維持法改悪にただ一人反対し,右翼の凶刃に倒れた労農党代議士、ヤマセンこと山本宣治の人間味あふれる生涯を描く。
監督は『白い巨塔』『華麗なる一族』の山本薩夫。
労働者たちのカンパで作られた本作は,「60年安保」が高揚した1960年、浅沼稻次郎社会党委員長がテロに倒された直後に公開され話題となった。

【映画の物語】

大正14年、普通選挙法と抱き合わせて成立した治安維持法によって,社会運動家や自由主義者への弾圧は強まった。同志社大学で教壇に立っていた山本は,先進的な性教育を教えていたが、それさえ弾圧の対象となり大学を追われてしまう。
社会運動へ身を投じた山本は,普通選挙に立候補、苦しい選挙干渉と弾圧を退けて代議士に当選した。
治安維持法改悪を狙う政府に,山本は帝国議会での反対演説を心に決めて東京に向かうがその前日、右翼の凶刃に倒れる。そして戦後…。

監督:山本 薩夫 製作:伊藤 武郎 角正 太郎 原作:西口 克己「山宣」
脚本:依田 義賢 山形 雄策 撮影:前田 実 音楽:林 光
出演:下元 勉 渡辺 美佐子 東野 栄治郎 小沢 昭一 谷 育子

武器なき斗い1 武器なき斗い2

武器なき斗い3 武器なき斗い4

武器なき斗い5 武器なき斗い

 憲法を考える映画の会あとおいニュース第9号(2017年3月15日発行)

憲法を考える映画の会あとおいニュース9号(20170311)

憲法を考える映画の会あとおいニュース9号(20170311)オモテ 憲法を考える映画の会あとおいニュース9号(20170311)ウラ

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事

vlcsnap-2014-08-23-09h16m31s116

速報 辺野古のたたかい 2014年7月

速報 辺野古のたたかい 2014年7月 1月の名護市長選挙でも示された圧倒的な反対の声にもかかわら

記事を読む

love

ラブ沖縄 @辺野古・高江・普天間

米軍基地問題に揺れる沖縄の各地で繰り広げられている抵抗運動を記録したドキュメンタリー。普天間

記事を読む

sanga

いのちの山河 日本の青空Ⅱ

「日本国憲法」が施行されてから60年あまり。戦後の日本が60年以上もの間、かろうじて戦争をす

記事を読む

被爆者映画祭表

被爆者の声を受け継ぐ映画祭のご案内

「被爆者の声を受け継ぐ映画祭2014」のご案内 7月3日(木)から6日(日)の4日間。 御茶ノ

記事を読む

ねりま沖縄映画祭2018オモテ

ねりま沖縄映画祭2018 わたしの沖縄 あなたの沖縄

ねりま沖縄映画祭2018 わたしの沖縄 あなたの沖縄   【上映案内】 9月22日(土)~10

記事を読む

7月11日北海道新聞

北海道新聞「映画で憲法考えよう」紹介

北海道新聞「映画で憲法考えよう」紹介 7月11日の北海道新聞の「『不戦』どこへ」という記事の一

記事を読む

camera

壊された5つのカメラ パレスチナ・ビリンの叫び

■息子の誕生で手にしたカメラがパレスチナの現実を鮮明に写し出す パレスチナの民衆抵抗運

記事を読む

アムネスティ・フィルム・フェスティバル表

アムネスティ・フィルム・フェスティバル2015

アムネスティ・フィルム・フェスティバルのご案内 政府を批判するだけで投獄される、 紛争下で人びと

記事を読む

kato

加藤周一さん九条を語る

評論家として生き、運動に直接かかわることのなかった加藤さんが、自ら呼びかけ人となって実践にの

記事を読む

doro

泥にまみれた靴で 未来につなぐ証言 侵略戦争

1931年から15年におよんだ侵略戦争で加害者となった兵士たちは、人間性を奪われ、鬼へとわっ

記事を読む

ad

ad


第67回「日本原」 (2022年12月25日)入稿時オモテ
第67回憲法を考える映画の会『日本原 牛と人の大地』上映会

第67回憲法を考える映画の会『日本原 牛と人の大地』上映会

第66回「教育と愛国」 (2022年10月23日)入稿時オモテ
第66回憲法を考える映画の会『教育と愛国』上映会

第66回憲法を考える映画の会『教育と愛国』上映会

「自主制作映画見本市9」20220918-2オモテ
自主制作上映映画見本市#9

第9回自主制作上映映画見本市   自主制作上映映画見本市#9

第65回憲法を考える映画の会『TOMORROW明日』2022年8月13日 3(7月25日版)オモテ
第65回憲法を考える映画の会『TOMORROW 明日』上映会

第65回憲法を考える映画の会『TOMORROW 明日』上映会

第2回国分寺憲法をる映考え画の会20220717オモテ
闇に消されてなるものか 写真家 樋口健二の世界

映画『闇に消されてなるものか 写真家 樋口健二の世界』 【上

→もっと見る

PAGE TOP ↑