*

自主制作上映映画見本市#6

自主制作上映映画見本市#6

「自主制作映画見本市6」20210923(9月1日)P1 「自主制作映画見本市6」20210923(9月1日)P2

【上映情報】

自主制作上映映画見本市#6

日時:2021年9月23日(木・休)9:30〜17:00
会場:文京区民センター3A会議室(地下鉄春日駅・後楽園駅)

テーマ:いま、闘いの現場から

プログラム:
09:30〜10:10『外国人収容所の闇 クルド人の人々は今』(39分)
10:30〜12:00『君が代不起立 抵抗する教員たちのドラマ』(87分)
13:00〜14:40『終わりの見えない闘い 新型コロナウイルス感染症と保健所』(100分)
15:00〜16:20『闇に消されてなるものか 写真家樋口健二の世界』(80分)
*各作品の終了後、作品の作家、出演者、関係者にの方に短くお話を伺う予定で
 お願いしています。
参加費:1日券&1回券共通 1000円

【作品紹介】

9:30〜10:10

外国人収容所の闇 クルドの人々は今

2019制作 39山村淳平監督 配給:アジア太平洋資料センター03-5209-3455  

トルコで迫害を受ける少数民族クルド人。彼らは日本に逃れてきているが、 難民として認められていない。そして待ちかまえるのは、入管庁が管轄する外国人収容所である。外国人収容所は、在留資格のない移民・難民を収容する施設である。そこでは、入管職員による暴力があり、病人は放置され、被収容者は自殺へと追いこまれる。なんら罪を犯していないにもかかわらず、 収容が数年以上もつづくため、精神の拷問といわれている。本作では、日本に住むクルド人への取材を通して、外国人収容所の知られざる実態を映しだし、その闇にせまる。

外国人収容所の闇 20191202_03

10:30〜12:00

君が代不起立 2003〜2006抵抗する教員たちのドラマ 

2006制作 87 佐々木有美松原明監督 配給:ビデオプレス 03-3530-8588  

「日の丸・君が代」強制問題をテーマにしたビデオプレスの新作ドキュメンタリー君が代不起立完成した。作品は、200310月の「日の丸・君が代」を強制する都教育委員会通達から、予防訴訟判決の2006年秋までを記録している。石原都知事下の東京では、「君が代」斉唱時に不起立しただけで、重い処分が課せられる。私たちは、停職処分とたたかう根津公子さん・河原井純子さん、刑事告訴された藤田勝久さんなどを中心に「教員たちのレジスタンス」を追った。

君が代不起立 kimi-nezu

13:20〜14:40

終わりの見えない闘い新型コロナウイルス感染症と保健所

2021制作 100 宮崎信恵監督 制作・配給:ピース・クリエイト 03-3699-4883

公衆衛生の最前線として新型コロナウイルス感染症の拡大防止に重要な役割を担う保健所。増え続ける感染者に保健所の業務はひっ迫。「救える命は一人も見逃さない」を胸に刻んでーあまり人々の眼に触れられることの少ない保健所職員や保健師たちの奮闘を描く2020年初夏から20213月までの約10か月間を、公衆衛生の最前線である保健所にカメラを据え、感染拡大防止に当たる保健師や他の保健所職員たちの奮闘と葛藤、苦悩をドキュメンタリーで描く中で、保健所の役割と今日的課題を見ていく。

終わりの見えない闘い 終わりの見えない闘い2

15:00〜16:20

闇に消されてなるもの写真家樋口健二の世界

2021年制作 80分永田浩三監督 配給:永田浩三 080-6507-7377

樋口さんは、自身を「売れない写真家」と呼ぶ。川崎の製鉄所の工員時代、ロバート・キャパ展に衝撃を受け、写真の道を志す。大気汚染に苦しむ三重県四日市市、毒ガスが製造された広島県大久野島、国や企業を相手にした原発労働者の被曝訴訟などを取材。まなざしはいつも傷ついた民衆に向けられた。炉心付近で働く労働者を世界で初めて撮影することに成功した。報道写真家・樋口健二さん。84歳。日本人初の「核なき未来賞」を受賞するなど、世界的に評価が高い。半世紀にわたるフォト・ルポルタージュの軌跡を、圧倒的な語りによって振り返る。

AS20210225003110_comm 闇に消されてなるものか 写真家樋口健二の世界

 

 

 

 

 

 

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事

「自主制作映画見本市4」200926入稿時原稿オモテ

自主制作・上映映画見本市 #4

自主制作・上映映画見本市#4 日時:2020年9月26日 (土) 10時〜21時 会場:文京

記事を読む

無知の知オモテ

無知の知

無知の知   【映画の概要】 私は私自身が「原発」について「何も知らない」ということ

記事を読む

onna

戦場の女たち

戦争に犯されたパプア・ニューギニアの女たちの記録 第2次世界大戦、太平洋戦争と一般に呼ばれてい

記事を読む

ぶっとばせ弾圧7.12新宿デモ

「ぶっとばせ弾圧!」7.12新宿デモ」のご案内

「ぶっとばせ弾圧!」7.12新宿デモ」のご案内 反原発運動・秘密法反対運動への不当逮捕や、警察の職

記事を読む

ねりま沖縄映画祭2018オモテ

ねりま沖縄映画祭2018 わたしの沖縄 あなたの沖縄

ねりま沖縄映画祭2018 わたしの沖縄 あなたの沖縄   【上映案内】 9月22日(土)~10

記事を読む

20110826_hurui_001C

映画「ぼくたちは見た」

映画「ぼくたちは見た」のご紹介 1400人という多くの犠牲を出した、2008年から09

記事を読む

ch

チェルノブイリ・ハート Chernobyl Heart

1986年4月26日、チェルノブイリ原発事故発生。
その事故により広く周囲に大量に撒き散らさ

記事を読む

ラ時・スラーニさん

2014年ガザ攻撃で何が起こったのか

2014年ガザ攻撃で何が起こったのか ─ラジ・スラー二氏のガザ・パレスチナ上告と映画上映会─ 日

記事を読む

怒りのブルドーザーデモ

怒りのブルドーザーデモ

怒りのブルドーザーデモのご案内 日時:8月2日(土)16時出発(予定) 場所:代々木公園ケヤキ並

記事を読む

ありふれたファシズムジャケット写真

ありふれたファシズム

ありふれたファシズム 野獣たちのバラード 原題名:Ordinary Fascism 1965

記事を読む

ad

ad


第65回憲法を考える映画の会『TOMORROW明日』2022年8月13日 3(7月25日版)オモテ
第65回憲法を考える映画の会『TOMORROW 明日』上映会

第65回憲法を考える映画の会『TOMORROW 明日』上映会

第2回国分寺憲法をる映考え画の会20220717オモテ
闇に消されてなるものか 写真家 樋口健二の世界

映画『闇に消されてなるものか 写真家 樋口健二の世界』 【上

第8回小映画会「独裁者」20220625
第8回憲法を考えるちいさな映画の会(試写会)『独裁者』

第8回憲法を考えるちいさな映画の会(試写会)『独裁者』

シバサシ
憲法を考える映画の会―小さな上映会@中野『シバサシ―安里清信の残照―』

憲法を考える映画の会―小さな上映会 @中野 “抗い”の軌跡を見つめ

第1回国分寺「荒野に希望の灯をともす」2022年5月15日オモテ
第1回 憲法を考える映画の会@国分寺『荒野に希望の灯をともす〜医師・中村哲 現地活動35年の軌跡〜』

第1回 憲法を考える映画の会@国分寺 「中村哲さんと日本国憲法を考え

→もっと見る

PAGE TOP ↑