*

映画『広河隆一 人間の戦場』

映画『広河隆一 人間の戦場』

監督:長谷川三郎

2015年/HD/日本/98分/ドキュメンタリー 配給:東風

Hirokawa_B5_H1_N_ol

上映の情報

と き:2015年12月19日(土)より新宿K’s cinemaにて公開中、ほか全国順次

地域 劇場名 電話番号 公開日
東京 新宿K’s cinema 03-3352-2471 12月19日(土)~1月29日(金)
東京 キネカ大森 03-3762-6000 1月23日(土)〜2月12日(金)
神奈川 横浜 シネマ・ジャック&ベティ 045-243-9800 2月13日(土)〜
長野 松本シネマセレクト 0263-98-4928 1月22日(金)のみ
愛知 名古屋シネマテーク 052-733-3959 2月6日(土)〜
大阪 第七藝術劇場 06-6302-2073 12月26日(土)~
兵庫 神戸アートビレッジセンター 078-512-5500 1月23日(土)~1月29日(金)
京都 京都シネマ 075-353-4723 順次公開
広島 横川シネマ 082-231-1001 2月1日(月)〜
福岡 KBCシネマ1・2 092-751-4268 順次公開

『広河隆一 人間の戦場』映画の解説

(公式ホームページより転載)http://www.ningen-no-senjyo.com/

フォトジャーナリスト広河隆一の哲学は、言葉こそ明快だが厳しい。それゆえ、それを実践する自分自身に烈しい生き方を求めずにはいなかった――。そ の取材の歴史は1967年、イスラエル・パレスチナに始まる。82年、イスラエル軍に包囲されたレバノンのパレスチナ難民キャンプで起きた虐殺事件を撮 影、その映像が証拠として世界に配信された。チェルノブイリ事故後の89年には、西側のジャーナリストとして初めて事故によって立入禁止になった地区を取 材し、隠された放射能汚染を告発した。人間の尊厳が奪われている場所を、広河は「人間の戦場」と呼ぶ。

活動は取材だけにとどまらない。「パレスチナの子どもの里親運動」「チェルノブイリ子ども基金」を立ち上げ、被害を受けた子どもたちの救援活動に奔 走する。2011年の福島原発事故後には、子どもたちの健康回復のため、沖縄県久米島に保養センター「球美(くみ)の里」を設立した。そして2014年、 広河は10年間務めてきた報道写真誌「DAYS JAPAN」編集長を退任した。それは残された時間を現場取材に献げるための決断だった――。

監督は『ニッポンの嘘 報道写真家 福島菊次郎90歳』で「キネマ旬報ベスト・テン文化映画第1位」「毎日映画コンクール・ドキュメンタリー映画賞」などを受賞した長谷川三郎。撮影はドキュ メンタリーカメラマンの第一人者であり、是枝裕和監督や河瀨直美監督作品も手掛ける山崎裕。パレスチナ、チェルノブイリ、福島から沖縄・久米島へ。広河隆 一の原点を見つめ、現在の活動に密着する。

予告編

憲法を考える映画の会からのご紹介

法学館憲法研究所ホームページ「シネマ・DE・憲法」よりご覧ください。

http://www.jicl.jp/now/cinema/backnumber/20160101.html

スタッフ

監督 長谷川三郎 撮影 山崎裕 高野大樹
録音 森英司   音楽 青柳拓次
プロデューサー 橋本佳子
製作 守屋祐生子
キャスト 広河隆一

制作年:2015年 製作国:日本 配給:東風 上映時間:98分

自主上映したい人のための情報 DVD購入先

現在封切り公開中のため自主上映貸し出し、DVD販売はされていません。(東風)

貸し出しおよびDVD販売が決まったらお知らせします。

 

 

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事

e0171573_22492050

シロウオ 原発立地を断念させた町

シロウオ 原発立地を断念させた町 監督:かさこ 2014年/日本映画/分

記事を読む

第67回「日本原」 (2022年12月25日)入稿時オモテ

第67回憲法を考える映画の会『日本原 牛と人の大地』上映会

第67回憲法を考える映画の会『日本原 牛と人の大地』上映会 ***************

記事を読む

ザ・思いやり

ザ・思いやり

ザ・思いやり 一人のアメリカ人が米軍への“オモイヤリヨサン”の疑問に挑む 監督:リラン・バクレー

記事を読む

流血の記録 砂川1

映画「流血の記録 砂川」

流血の記録 砂川 1957年制作 日本映画(ドキュメンタリ−) 57分 亀井文夫 監督作品

記事を読む

sanga

いのちの山河 日本の青空Ⅱ

「日本国憲法」が施行されてから60年あまり。戦後の日本が60年以上もの間、かろうじて戦争をす

記事を読む

sensouwoshinai

戦争をしない国日本

この映画は憲法公布60周年にあたり、日本国憲法とその平和主義をめぐる規定が、なぜ、どのように

記事を読む

第42回憲法映画祭2018(3月11日修正原稿)オモテ

憲法映画祭2018

憲法映画祭2018 2018年4月29日(日)30日(休) 国立オリンピック記念青少年総合センタ

記事を読む

kato

加藤周一さん九条を語る

評論家として生き、運動に直接かかわることのなかった加藤さんが、自ら呼びかけ人となって実践にの

記事を読む

yahishi

教えられなかった戦争・沖縄編 阿波根昌李鴻・伊江島のたたかい

大平洋戦争の激戦地となり、民間人にも多くの死者を出した沖縄の近・現代史についての長篇記録映画

記事を読む

fal

ファルージャ

2004年にイラクで起きた日本人人質事件の人質となった高遠菜穂子さんと、今井紀明さんのその後

記事を読む

ad

ad


第67回「日本原」 (2022年12月25日)入稿時オモテ
第67回憲法を考える映画の会『日本原 牛と人の大地』上映会

第67回憲法を考える映画の会『日本原 牛と人の大地』上映会

第66回「教育と愛国」 (2022年10月23日)入稿時オモテ
第66回憲法を考える映画の会『教育と愛国』上映会

第66回憲法を考える映画の会『教育と愛国』上映会

「自主制作映画見本市9」20220918-2オモテ
自主制作上映映画見本市#9

第9回自主制作上映映画見本市   自主制作上映映画見本市#9

第65回憲法を考える映画の会『TOMORROW明日』2022年8月13日 3(7月25日版)オモテ
第65回憲法を考える映画の会『TOMORROW 明日』上映会

第65回憲法を考える映画の会『TOMORROW 明日』上映会

第2回国分寺憲法をる映考え画の会20220717オモテ
闇に消されてなるものか 写真家 樋口健二の世界

映画『闇に消されてなるものか 写真家 樋口健二の世界』 【上

→もっと見る

PAGE TOP ↑