*

第68回憲法を考える映画の会『テロリストは誰?』上映会

第68回憲法を考える映画の会『テロリストは誰?』上映会

第68回「『テロリストは誰?』オモテ

【上映会情報】
68憲法を考える映画の会                      
日時:2023212(日)1330
会場:文京区民センター3A会議室(都営地下鉄春日駅2分・東京メトロ後楽園駅5分)
プログラム
13
30〜1530 映画「テロリストは誰」120
15:40〜16:30
 トークシェア
参加費 1000円 学生・若者:500
(予約・前売りはしていません。席数は先着順、470席まで)

 

映画『テロリストは誰?』 
2004年 フランク・ドリル:編集 120分

テロとの戦争を口実にアフガニスタンやイラクを侵略、占領したアメリカが実は最大最悪のテロリスト国家だということを証明する全10本の証言、インタビューからなるドキュメンタリー映画。

元CIA高官や元司法長官等が証言、一般には知られていないアメリカの闇の姿を浮かび上がらせる。

原題は「第三世界に対する戦争-僕がアメリカの外交政策について学んだこと」。編集は『戦争中毒』のフランク・ドリル。全米でおよそ100万人が観た衝撃のドキュメンタリー集。

① 映画は、ベトナム戦争に反対するキング牧師の演説に始まる
②③ 「影の政府:憲法の危機」国家安全保障のために作られた「影の政府」の中核をなすCIAの元高官は「第三世界」での秘密工作を告発する。

④ 油田国有化を決めた後のイラン(1953)、共産党を認知し、農地改革を進めたグアテマラ(1954)、自国資源の権利を主張したブラジル(1964)やガーナ(1966)、チリ(1973)での民主政権転覆。さらにキューバのカストロ大統領暗殺計画、ベトナム戦争(1960~75)イラン・コントラ事件(1987)と続く。
⑤ 中南米の軍関係者に戦闘や暗殺・拷問を訓練する学校の存在や独裁者を含む同校OBによる虐殺や人権侵害の数々
⑥ 経済制裁という大量虐殺、イラクでの石油支配復活の企て、
⑦ 同盟国インドネシア・東チモールでの大虐殺の黙殺
⑧ ノリエガ将軍が非協力的になると始められた「嘘まみれのパナマ侵攻」(1989)
⑨⑩ 元米国司法長官、ジャーナリストは「永久戦争国家と民主主義は両立するのか」と問い、「何をすべきかはあなたの心が知っている」と語りかける (①〜⑩は下記写真の番号に対応)

「テロリストは誰?」

手元資料(第68回憲法を考える映画の会『テロリストは誰?』①・2023年2月12日)

この映画を選んだ理由

私たちがこれまで何度も上映をしてきた戦争をしない国 日本と言う映画の終わりの方に、アメリカが第2次世界大戦後、起こした戦争が列挙されるシーンがあります。
【1945年以降アメリカが侵攻した国】
中国(1945〜46)、朝鮮(1950〜53)、グアテマラ(1954、1960、1967〜69)、インドネシア(1958)、キューバ(1959〜60)、ベトナム(1961〜73)、コンゴ(1964)、ラオス(1964〜78)、ペルー(1965)、カンボジア(1969〜70)、ニカラグア(1981〜90)、エルサルバドール(1981〜92)、グラナダ(1983)、レバノン(1984)、リビア(1986)、パナマ(1989)、スーダン(1998)、ユーゴスラビア(1999)、アフガニスタン(1998、2001〜),イラク(1991〜)

今、日本はそのアメリカに追随して、軍事費を倍増し、敵基地を攻撃する兵器を装備し、南西諸島にミサイル基地を新設し、戦争できる準備を急速に進めようとしています。

戦争をしない国 日本はどうなっていくのでしょうか。

私たちは、何とかこうした危険な情況に今の日本があることを多くの人に伝え、それに反対し、止めることに役立てられる映画を、この時期にこそ、上映したいと考えました。

戦争が、どうして起きるのかを捉えたドキュメンタリー映画には、新自由主義の面から捉えたショック・ドクトリンがあります。また軍需兵器産業の視点からとらえたものに『シャドー・ディール』があります。

他にもアメリカが起こした戦争と言うことで、私たちがこれまでの上映してきた作品の中にもファルージャ』『イラク戦場からの告発』『誰も知らない基地のこと』『ハーツ・アンド・マインヅベトナム戦争の真実』『グラニート』『ザ・思いやり』『NO』『すべての政府は嘘をつく』『500権力者を裁くのは誰か』『ベトナムから遠く離れて』『沖縄から叫ぶ戦争の時代などと言った作品があります。

どれもこれまでアメリカが関わって来た戦争、紛争あるいはその傀儡の軍事政権の問題を暴いていったものと言えるかと思います。映画は、それらの戦争や問題の原因が、アメリカにあることを物語っています。そして、その危険は今も続いていることを訴えています。

この作品テロリストは誰?は、「平和のための退役軍人の会」をはじめとするアメリカの反戦平和活動家の団体が2004年に制作した作品です。

米国政府が第三世界に仕掛けてきた「数々の戦争と政権転覆の真相」を描いた10本の映像によるオムニバス作品です。(アカデミー賞受賞の『嘘まみれのパナマ戦争』も収録されています。)

映画を見ていくと「国家としてテロを行って来たのは、実は米国自身なのではないか」と言う疑問がわき上がります。

この映画の制作者、フランク・ドリルは、「アメリカの最大の問題は,海外で米軍が本当は何をしているのか知らされていないことにつきる」と言っています。

この映画を見て私たちの「今」の情況を考えてみましょう。

私たちは、政府が何をしようとして、今までに無いような軍事増強を進めているのか知らされているでしょうか。

中国を封じ込めるための軍事作戦の準備としての「台湾有事」宣伝を鵜呑みにしてはいないでしょうか。

いま日本の政治が、戦争に最も近いところにあり、戦争を直接加わる危険が高いにもかかわらず、それを問題にしていく動きが以前より薄れてしまっていることにあせりを感じます。

 そうした見方から、5年半前に上映会を開いた作品ではありますが、このテロリストは誰?を見て、当時感じたことと今とでは、何がどのように変わったのか、そして憲法第9条に明らかに反している「集団的自衛権の行使」が、これからどのように進められていく情況の中にあるのかをこの映画を見て、考えていきたいと思います。

 

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事

第57回「地の塩」「人らしく生きよう」20201103・23(10月10日入稿時オモテ)

第57回憲法を考える映画の会『地の塩』

第57回憲法を考える映画の会『地の塩』 【上映会案内】 と き:2020年11月3日(火・休

記事を読む

kato

加藤周一さん九条を語る

評論家として生き、運動に直接かかわることのなかった加藤さんが、自ら呼びかけ人となって実践にの

記事を読む

ikiru

“私”を生きる

職員会議では職員の意向を確認するための挙手・採決を行うことを禁止され、 卒業式や入学式で国歌

記事を読む

yugon

証言 20世紀からの遺言 若者が問う侵略戦争

日本の敗戦から半世紀の時が流れ、悲惨な戦争体験を直接聞く機会は失われつつある。「戦争体験をた

記事を読む

アルマジロ

アルマジロ

映画「アルマジロ」 デンマーク映画/制作2010年/105分 監督: ヤヌス・メッツ 20

記事を読む

hima

死んどるヒマはない ─益永スミコ86歳

益永スミコさんは、1923年大分で生まれた。教育勅語で育ち「軍国少女」だった彼女は、助産婦と

記事を読む

空想の森映画祭パンフ表紙

第20回空想の森映画祭

第20回空想の森映画祭のご案内 と き:2015年9月19日(土)〜9月22日(火) ところ

記事を読む

第51回「沖縄から叫ぶ戦争の時代」「宮古島からのSOS」20190630オモテ

第51回憲法を考える映画の会(2019/6/30)

第51回憲法を考える映画の会『 沖縄から叫ぶ戦争の時代 』『 宮古島からのSOS 』

記事を読む

cof

チルドレン・オブ・ホァンシー 遥かなる希望の道

1930年代の終わり、日中戦争の戦火が南京から黄石(ホァンシー)に迫ったことを知り、中国人孤

記事を読む

第3回憲法と市政を考える映画会「白バラの祈り」230128(黒地版)

第3回「憲法と市政を考える映画会」@立川 『白バラの祈り ゾフィー・ショル、最後の日々』上映会

第3回「憲法と市政を考える映画会」@立川 『白バラの祈り ゾフィー・ショル 最後の日々』 と

記事を読む

ad

ad


第68回「『テロリストは誰?』オモテ
第68回憲法を考える映画の会『テロリストは誰?』上映会

第68回憲法を考える映画の会『テロリストは誰?』上映会

第3回憲法と市政を考える映画会「白バラの祈り」230128(黒地版)
第3回「憲法と市政を考える映画会」@立川 『白バラの祈り ゾフィー・ショル、最後の日々』上映会

第3回「憲法と市政を考える映画会」@立川 『白バラの祈り ゾフィー・

第67回「日本原」 (2022年12月25日)入稿時オモテ
第67回憲法を考える映画の会『日本原 牛と人の大地』上映会

第67回憲法を考える映画の会『日本原 牛と人の大地』上映会

第66回「教育と愛国」 (2022年10月23日)入稿時オモテ
第66回憲法を考える映画の会『教育と愛国』上映会

第66回憲法を考える映画の会『教育と愛国』上映会

「自主制作映画見本市9」20220918-2オモテ
自主制作上映映画見本市#9

第9回自主制作上映映画見本市   自主制作上映映画見本市#9

→もっと見る

PAGE TOP ↑