*

第74回憲法を考える映画の会『サイレント・フォールアウト 乳歯が語る大陸汚染』

第74回憲法を考える映画の会『サイレント・フォールアウト 乳歯が語る大陸汚染

第74回「サイレントフォールアウト」20240203案内チラシ2

日時:2024年2月3日(土)13時半〜16時40分
会場:文京区民センター3A会議室(
地下鉄春日駅2分・後楽園駅5分))
プログラム:
13:30〜13:40 この映画の背景
13:45〜15:10 映画『Silent Fallout』(81分)
15:20〜16:30 トークシェア16:00〜16:40 

参加費:一般 1000円 学生・若者 無料 (当日、会場でお支払いください。予約不要です。どなたでも参加できます)

【「手元資料」のダウンロードはこちらから】

手元資料 目次
資料
 サイレント・フォールアウトについて             P.2
資料
 放射線を浴びたX年後』『放射線を浴びたX年後2       P.3
資料
 サイレント・フォールアウトを見て考える         P.4
資料
 原爆・核実験・放射能汚染・内部被曝について考える映画・映像 P.5
資料
 核実験・核爆発年表                                 P.6          
資料
 73流血の記録 砂川』2023/12/23 坂田和子さんのお話  P.8
資料
 73流血の記録砂川2023/12/23 参加者感想から     P.10
資料
 砂川事件裁判国家賠償訴訟判決                      P.11
資料
 これからの憲法を考える映画の会                           P.12

再送「サイレントフォールアウト」手元資料

【上映映画の解説】
『サイレント・フォールアウト 乳歯が語る大陸汚染
1951 年からアメリカ国内(ネバダ核実験場)で始まった核実験は、928 回に及んだ。
そのうち、100 回が大気圏内核実験だった。
大気中で行われた核実験によって生れた膨大な量の放射性物質は、風でアメリカ各地に運ばれ、
雨や雪とともに落ち、地上を汚染し続けた。
アメリカ原子力委員会は、調査の結果、ストロンチウム90 が全米の牛乳を強く汚染していることを把握していたが、
国民に知らされることはなかった。
ところが、1950 年代なかばから、大陸が放射能汚染していることを国民は徐々に知ることなり、
特に、放射能汚染の影響が強いとされるセントルイスで女性を中心とした大きな動きが生まれる。
それが「乳歯調査」と呼ばれる活動だった。
子どもたちは、被曝しているのか? カルシウムに似た性質をもつストロンチウム90 は、
骨や歯に留まる。そのため、抜けた乳歯を検査すれば、子どもが被曝しているかどうかを証明できる。
最終的に集まった乳歯は、32 万本。 分析の結果、子どもたちの被曝が裏付けられた。
はたして、乳歯調査の結果は? 世界の未来を変えたのか?
(2023年制作/81分/伊東英朗 監督作品/ドキュメンタリー)

【今回のプログラムで考えていきたいこと】

「放射線を浴びたX年後」(2012年)、「放射線を浴びたX年後」(2015年)と一貫して原水爆実験に放射線汚染被害を追い続けた
伊東英朗さんの新作です。伊東さんはアメリカ人にこそ、放射線汚染の実態について知ってもらわなくてはと言う思いから、この新作『サイレント・フォールアウト』のアメリカ本土での上映運動を作り上げようとしています。私たちも、そうした動きに賛同し、この映画の上映を拡げていくことを通して、国際的な場で核廃絶に向けての運動に役立てていきたいと思います。

この映画の魅力は、いろいろありますが、何よりも「子ども達を被曝から守るために女性たちが始めた『乳歯運動』という市民レベルの運動を紹介しているところにあると思います。
監督の伊東さんも、「女性の行動がアメリカを救った。政治をチェスのように考える男性の論理ではなく、命に目を向ける女性の行動こそが変革を起こす」「まず事実を知ること、そして核兵器を持つと言うことは自分や家族やみんなの命を、知らないうちに捧げているんだと言うことを知った上で考えてほしい」と話されています。

この映画をより多くの人に見てもらって、考えてもらうそうした「運動」をつくりあげていければと思っています。手伝っていければと思います。

【シネマDE憲法】
サイレント・フォールアウト 乳歯が語る大陸汚染
https://www.jicl.jp/articles/cinema_20231110.html

 

 

 

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事

7月11日北海道新聞

北海道新聞「映画で憲法考えよう」紹介

北海道新聞「映画で憲法考えよう」紹介 7月11日の北海道新聞の「『不戦』どこへ」という記事の一

記事を読む

flyer_omote_s

オマール、最後の選択

オマール、最後の選択   映画『オマール、最後の選択』について 主人公のオマールは、

記事を読む

%e3%82%82%e3%81%86%e4%b8%80%e3%81%a4%e3%81%ae%e7%b4%84%e6%9d%9f

『もう一つの約束』

『もう一つの約束』 2014年 韓国映画 115分 キム・テユン監督 【上映情報】

記事を読む

image

ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を

ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を そのジェット機は炎上しながら学校に墜ちた…。 実際の事件

記事を読む

「自主制作映画見本市#2」20200113オモテ

自主制作・上映映画見本市#3

自主制作・上映映画見本市#3   と き:2020年1月13日(休・成人の日)(9:30—2

記事を読む

nelsonDVD

9条を抱きしめて ~元米海兵隊員 アレン・ネルソンが語る戦争と平和~

アレン・ネルソンさんをご存知ですか?ア レン・ネルソンさんは、1947年にアメリカ・ニューヨ

記事を読む

「自主制作映画見本市#2」オモテ190923

自主制作・上映映画見本市#2

自主制作・上映映画見本市#2   と き:2019年9月23日(休・月)(9:30—20:0

記事を読む

「自主制作映画見本市8」20220313オモテ

自主制作・上映映画見本市#8

自主制作・上映映画見本市#8   自主制作映画見本市 #8  日時:2022年3月13日 (日

記事を読む

第39回「ジョン・ラーベ」20171210

ジョン・ラーベ

映画「ジョンラーベ」 【上映情報】 『ジョン・ラーベ 南京のシンドラー』(201

記事を読む

裁判所前の男

映画「裁判所前の男」

映画『裁判所前の男』 監督:松原明 2015年/日本/65分ドキュメンタリー 制作・配給:ビ

記事を読む

ad

ad


第76回「アトミック・カフェ」20240629案内チラシ(20240607)テスト版表
第76回憲法を考える映画の会『アトミック・カフェ』

第76回憲法を考える映画の会『アトミック・カフェ』 第76回

第8回むのたけじ反戦塾案内チラシ2024年6月15日版オモテ
第8回 むのたけじ反戦塾(2024年6月15日)

第8回 むのたけじ反戦塾 日時:2024年6月15日(土)13:30

第75回憲法映画祭2024(2024・4・29)入稿版オモテ
憲法映画祭2024

憲法映画祭2024 「憲法映画祭2024」(第75回憲法を考

第7回むのたけじ反戦塾案内チラシ2024年3月20日版
第7回むのたけじ反戦塾

第7回むのたけじ反戦塾 第7回むのたけじ反戦塾 日

第74回「サイレントフォールアウト」20240203案内チラシ2
第74回憲法を考える映画の会『サイレント・フォールアウト 乳歯が語る大陸汚染』

第74回憲法を考える映画の会『サイレント・フォールアウト 乳歯が語る大

→もっと見る

PAGE TOP ↑