*

禁じられた歌声

公開日: : パレスチナ・イラク, 作品紹介

禁じられた歌声

監督:アブデラマン・シサコ

2014年/フランス・モーリタニア映画/97分 配給:株式会社レスペ 原題:TIMBUKTU

禁じられた歌声_poster_01

【上映の情報】

http://kinjirareta-utagoe.com/theater.html

【予告編】

【映画の解説】

ボールのないサッカーのゲーム、音の聞こえない音楽、彩りのない衣装。人々にそう強いているイスラム過激派の兵士も同じ若者、サッカーも音楽も彩り鮮やかな衣装もほんとうは好きなのだ。途方に暮れたように見つめている表情は、そうした彼らの内心をありありと表している。

アフリカ、マリ共和国の砂の古都ティンブクトゥの人々に、そして遊牧の民のトアレグ族の家族に降りかかった悲劇、それは誰が悪いのか、誰も悪いわけではないのだが、という視点でこの映画は作られているようだ。ストーリィの中心となる家族の悲劇の原因を、直接イスラム過激派兵士とのぶつかりに置かなかった配慮もそうしたことから来るのかもしれない。むしろそうした悲劇は彼らの周囲で、断片的に伝えられ、集まり、積み上がって破局へと向かう。

 

この映画を見ていて強く感じたのは、イスラム国一帯を紛争に巻き込んだ過激派グループの兵士、指導者、その支配下にある砂漠の民、そのどちらにも悩みや迷いがあることをよく伝えていることである。街を制圧している過激派の指導者であっても信仰厚いものの前ではたじろぎ、迷い、自分たちのやっていることにぐらつく。

けして彼ら過激派が流す宣伝映像や、主にアメリカの劇場映画などに現れるテロリストのように、問答無用の狂信的主義者などではないのだ。当たり前のことだが誰もすべてがテロリストなどではないのだ。そのことを最もよく感じているのは、外部からの批判的な目ではなく、同じ土地に生き、その中にあって同じ境遇に苦しんでいる人間の視点をもっている作り手である。

しかしそれでも厳しい戒律、あるいは異端によって、その土地に生きた人々が積み上げてきた楽しみも、喜びも、幸せもことごとく壊され、抑圧の中に封じ込められ、いのちを失うのだ。

希望はないのか。イスラム過激派の兵士を含め若者が見せる「ためらい、迷い」の表情に、また、そのような描き方をした作り手に、その意図が見えてそこに期待をかすかに感じる。

(法学館憲法研究所ホームページ「シネマ・DE・憲法」より)

【公式ホームページ】

http://kinjirareta-utagoe.com/

ものがたり(公式ホームページより転載)http://kinjirareta-utagoe.com/story.html

アフリカ、マリ共和国のニジェール川沿いのティンブクトゥからほど近いある街で、少女トヤは、父キダン、母のサティマ、牛飼いの孤児イサンと、ささやかながらも互いに慈しみ合う幸せな生活を送っていた。そこにはいつも父の奏でる音楽があった。

しかし、街はイスラム過激派のジハーディスト(聖戦戦士)に占拠され、様相を変えてしまう。過激派は厳格なシャリア(イスラム)法と恐怖政治により 住民たちを支配してゆく。彼らは、音楽、笑い声、たばこ、そしてサッカーや不要な外出など次々に禁止し、毎日のように悲劇と不条理な懲罰を繰り返していく。

過激派たちの、住民への圧政はより色濃くなっていく。歌を歌ったという理由だけで女性は鞭打ちの刑に処され、その尊厳は踏みつぶされていく。

トヤの家族は、そんな混乱を避けて街の外れに避難する。キダンの8頭の牛の群れを遊牧するイサンは、幼いながらもこの仕事に誇りをもっていた。 特にGPSと名づけられた牛には特別の愛情を込めていた。

【映画情報】

スタッフ

監督・脚本:アブデラマン・シサコ

脚本:ケッサン・タル

音楽:アミン・ブアファ

キャスト

イブラヒム・アメド(キダン)

トゥルゥ・キキ(サティマ)

ファトウマタ・ディアワラ(ファトゥ)

イシューム・ヤクビ(ジハーディスト)

アベル・ジャフリ(アブデルグリム)

ケトゥリ・ノエリ(サブー)

メディ・A・G・モハメド(イサン)

ライラ・ワレ・モハメド(トヤ)

2014年 フランス・モーリタニア映画・97分

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事

第33回「武器なき斗い」20170225

武器なき斗い

武器なき斗い 『武器なき斗い』(140分)監督:山本薩夫 上映会案内チラシはこちらか

記事を読む

49h

東電テレビ会議 49時間の記録

「本店!本店!大変です!3号機が爆発しました!」故吉田昌郎元所長の緊迫した声を覚えている人は

記事を読む

速報 辺野古のたたかいチラシ表

沖縄ニューズリール『速報 辺野古のたたかい』のご案内

映画「沖縄ニューズリールNo.6『速報 辺野古のたたかい』2014年7月」のご案内 13日朝、

記事を読む

20110701_949745

Peace ピース

Peace ピース 監督・製作・撮影・編集:想田和弘 2010年/HD/日本、アメリカ、韓国/7

記事を読む

shirouo

シロウオ 原発立地を断念させた町

故郷を、自然を、仕事を、そして家族を守りたい―原発反対運動を成功させた人々の証言ドキュメンタ

記事を読む

hn

ヒロシマナガサキ

白い光、黒い雨、あの夏の記憶―『はだしのゲン』の中沢啓治氏ら14人の被爆者と、原爆投下に関与

記事を読む

裁判所前の男

映画「裁判所前の男」

映画『裁判所前の男』 監督:松原明 2015年/日本/65分ドキュメンタリー 制作・配給:ビ

記事を読む

41NVMK63SXL-1

白バラの祈り

白バラの祈り ヒトラー独裁政権末期、人々に“自由“を呼びかけた“白バラ“のメンバーで、戦後、ド

記事を読む

第40回「憲法を武器として」20180109

憲法を武器として 恵庭事件 知られざる50年目の真実

憲法を武器として 恵庭事件 知られざる50年目の真実 【上映情報】 第40回憲法を考

記事を読む

flyer_omote_s

オマール、最後の選択

オマール、最後の選択   映画『オマール、最後の選択』について 主人公のオマールは、

記事を読む

ad

ad


第41回「ザ・思いやりパート2」20180224
『ザ・思いやりパート2 希望と行動編』

『ザ・思いやりパート2 希望と行動編』   チラシpdf

2018:2:7・毎日新聞夕刊
「映画で憲法を考える 歴史的事実、生き生きと」(2018/2/7・毎日新聞夕刊)

「映画で憲法を考える 歴史的事実、生き生きと」(2018/2/7・毎日

第40回「憲法を武器として」20180109
憲法を武器として 恵庭事件 知られざる50年目の真実

憲法を武器として 恵庭事件 知られざる50年目の真実 【上映

第38回「隠された爪痕」20170920
隠された爪跡 払い下げられた朝鮮人

第38回憲法を考える映画の会 と き:2017年10月14日(土)1

第37回「戦ふ兵隊・日本の悲劇」20170731
戦ふ兵隊 日本の悲劇

第37回憲法を考える映画の会 と き:2017年8月27日(日)13

→もっと見る

PAGE TOP ↑