*

第76回憲法を考える映画の会『アトミック・カフェ』

第76回憲法を考える映画の会『アトミック・カフェ』

第76回「アトミック・カフェ」20240629案内チラシ(20240607)テスト版表

第76回憲法を考える映画の会

日時:2024年6月29日(土)13:30〜16:30
会場:文京区民センター3A会議室
(地下鉄春日駅 2分・後楽園駅 5分)
映画『アトミック・カフェ』+トークシェア
プログラム
13
30〜1340 この映画の背景について
13
45〜1515 映画アトミックカフェ上映
15
25〜1630 トークシェア

参加費:一般 1000円 学生・若者 無料
(当日、会場でお支払いください。予約不要でどなたでも参加できます)

上映会案内チラシのダウンロードはこちらから

上映会の「手元資料」のダウンロードはこちらから

アトミック・カフェ』放射能バッチを付け、爆心地へ送り込まれるアメリカ兵たち。まるで実験動物のような彼らに対して上官は爆風や熱に比べれば放射能に心配はないと告げる。かわいいカメのバート君が登場する教育アニメーションでは、原子爆弾が爆発したときの対処法を子どもたちに分かりやすく説明してくれる。バート君曰くピカッと光ったら、すぐに頭を隠すこと 本作はこうした原爆に対する啓蒙を目的にしたフィルム素材だけを用い、ナレーションを排して巧みな編集でつないだ映像のみで、大衆プロパガンダの恐怖を浮かび上がらせていく。米ソの原爆製造競争が激しかった当時、アメリカ政府は国民を安心させるために原爆PR用フィルムを製作した。原爆がいかに安全であるか、害のないものであるかをまじめに説いたこの映画は政府や軍部が国民に歴史上に残る嘘をついたことを実証するものであった 。(1982年制作/89分/ケビン・ラファティ ジェーン・ローダー ビア—ズ・ラファティ監督作品/アメリカ映画/ドキュメンタリー

今回の映画を見て考えていきたいこと

今回の映画を見て考えていきたいこと

 この映画は、原爆開発を描く映画というより、原爆への啓蒙を目的とした映画を材料に、政府、軍のプロパガンダについて考えて映画です。原爆開発当時、政府や軍がどのように意図的に、原爆の被害を軽く印象づけたいとするプロパガンダをまき散らしていたかが浮かび上がってきます。それは何を意図したものなのか

 その情報や政治が都合よく都合の悪いものは隠して科学的な根拠も何もなく、国民の安全や健康など二の次で核開発競争を第一に動いていたかがよくわかります。国家や軍は国民の生命を守らない、政権を守るためには平気で国民の生命をも犠牲にすると言うことがわかります

 しかし、この事実70年前のアメリカの姿を笑う材料だけではなく、今でも、わが国では、同じようなおかしい、愚かしい政策が大まじめに進められています。そのことを知ると、慄然とします。

 北朝鮮の弾道ミサイルの飛来への「注意」を呼びかけるアラート。ミサイル基地の理由付けのように沖縄でも行われた市民、学校の避難訓練。東京、埼玉の、全国の学校や街角で繰り広げられました。今の日本ではマスメディアも、例えば「Jアラート」が発せられると、全局通常放送を止めて、その報道に従わなければならないと言うことを強要されています。

 いつの間にそんな決まりができたのか、まさに改憲の眼目である「緊急事態条項」を先取りし、どんなことでも有無を言わさず従わせる権力をやりたい放題、都合の良い意識の浸透、洗脳に努めているかのようです。

 この映画を見て、戦争への道を政治が突き進もうとしている今、戦争の危機を煽り、宣伝に利用しようとしている魂胆はどこにあるのか、そのねらいについて考えて行きたいと思います。

++++++++++++++++++++++++++++

映画の感想から

このところ、たてつづけにアメリカの原爆開発・核実験関連の映画を見る機会がありました。原爆開発者の苦悩を描いた『オッペンハイマー』(シネマde憲法)、アメリカの核実験による放射能汚染について描いた『サイレント・フォールアウト 乳歯が語る大陸汚染』(シネマde憲法)といった映画です。そうした中で、1980年代に作られ、ずっと気になっていたのが今回ご紹介する『アトミック・カフェ』というドキュメンタリー映画です。
原爆や放射能のことを、アメリカの国民(庶民)は、どのように思っているか、また教えられてきたのかを知りたいと思っていました。
この映画は映像のほとんどの部分を、アメリカ軍の広報映画や教育映画、原爆にどう対応するかを啓発するラジオ番組、テレビ番組を使って構成しています。この作品独自のナレーションはありません。ラジオの音声には、その当時の写真や映像をバックグラウンドに当て、また音声のない映像には、当時流行っていた原爆などのフレイズの入る歌や楽曲をのせています。
当時の核の「真実」を伝える報道と、それを受け入れていた時代の空気を巧みにまとめ、作り手自身が伝えたい皮肉を込めたメッセージに作り替えています。
そうして、原爆開発当時、政府や軍がどのように意図的に、原爆の被害を軽く印象づけたいとするプロパガンダをまき散らしていたかが浮かび上がってきます。
その情報は軍や政治が都合よく、都合の悪いものは隠して、科学的な根拠も何もなく、国民の安全や健康など二の次で核開発競争を第一に動いていたかがよくわかります。国家や軍は国民の生命を守らない、政権を守るためには平気で国民の生命をも犠牲にするということがわかります。
なかでも「原爆が落とされそうになったらどうすれば良いか?」の回答にはあきれかえります。DIYで庭に小屋を作るかのようにシェルターを作ること呼びかけます。避難訓練はとにかく頭を隠せばよいと「教育」している様は、可笑しさと愚かしさに満ちています。

しかし、この70年前のアメリカの姿を笑う材料ではなく、今でも、わが国では、同じようなおかしい、愚かしい政策が粛々と大まじめに行われていることを知ると、慄然とします。
北朝鮮の弾道ミサイルの飛来への「注意」を呼びかけるJアラート。沖縄や東京、埼玉でも行われた市民、学校の避難訓練。誰もがそんなことは無いだろうとタカをくくっていても、それが職場の決まりとなれば、おかしいとも、疑問を投げかけることもせずに黙々と従う。その異常さに背筋が寒くなっていきます。とくに戦争になる危険を煽る目的で学校で行われた「避難訓練」。小学生に逃げて、隠れることを指導しても、どうすれば良いのか具体的には何も言っていません。埼玉では「ミサイルが飛んできたらどうすれば良いか?」の質問に「ヘルメットを被っていたら助かる」と教え、知事は「万が一あったら困るから、ヘルメットかぶって訓練をやるんだ」と答えたそうです。
そんなあやふやな話に、県知事以下、役人が、教育委員会が校長や教員が黙々と従っていること、どこか寒々としてものが感じられ、本土決戦を前に竹槍で、一人一殺を教え込まれた80年前の女性や子どもの哀れさを感じると同様に、いまもこうした教育を受けている子どもが哀れさです。
大人たちはミサイルの飛来を避難すれば安全とほんとに考えているのか、危機を煽る煽動宣伝だとわかっていながら仕方なく従っている教員。自分で考えてもおかしいと思うことをまるで踏み絵のように強要される、それに反対もしない、抵抗もしない、まさに教育の現場が今そういう理不尽な状況であることを見せつけられます。

映画は、アメリカがちょうど反共産主義の「赤狩り」が燃え上がった時期に重なります。そうした啓発宣伝がラジオ・テレビ番組などによって活発に、繰り返し行われていました。
今の日本ではマスメディアも、例えば「Jアラート」が発せられると、全局通常放送を止めて、その報道に従わなければならないということを強要されています。いつの間にそんな決まりができたのか、まさに改憲の眼目である「緊急事態条項」を先取りし、どんなことでも有無を言わさず従わせる権力をやりたい放題、都合の良い意識の浸透、洗脳に努めているかのようです。

映画では、赤狩りの経過の中で、原爆の情報のスパイをしたと疑われた科学者ローゼンバーグ夫妻の死刑のラジオ中継がショッキングでした。夫妻の名前は聞いていましたが、どういう事件だったか詳しく知りませんでした。この裁判がどのように進められ死刑になったのか、調べ直し知りたいと思いました。戦争の準備を進めるためにあらゆることを利用する政治が、いつ自分たちにも振りかかってくるかを考えるために。
冷戦、赤狩り、反共プロパガンダ。いま、この国で「中国が攻めてくる」、「北朝鮮からミサイルが飛んでくる」と煽り、その備えのために軍備を拡張しなければという宣伝に利用している政権、自治体。80年前のアメリカを包んだ可笑しさ、恐ろしさがこの国にも起こりうる、すでに着々と進められていることをこの映画は教えてくれます。

【スタッフ】
監督・製作:ケビン・ラファティ ジェーン・ローダー ビア—ズ・ラファティ
1982年製作/89分/アメリカ映画/ドキュメンタリー

法学館憲法研究所 シネマde憲法
(https://www.jicl.jp/articles/cinema_20240607.html)より

 

 

 

 

 

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事

イベント「新たな対抗運動の可能性—台湾・ひまわり革命」表 のコピー

イベント「新たな対抗運動の可能性—台湾・ひまわり革命」参加者募集

イベント「新たな対抗運動の可能性—台湾・ひまわり革命」参加者募集   日時:2014年9月2

記事を読む

栁沢さん講演3

報告 「栁沢協二さんの講演『迷走する集団的自衛権』」から

報告「9条フェスタ市民ネット学習会」で栁沢協二さんの講演『迷走する集団的自衛権』を聞きました。

記事を読む

7月1日デモ5

集団的自衛権行使反対市民行動のご案内

7月の市民行動のご案内 集団的自衛権行使容認に閣議決定に反対する官邸前の集会・デモに4万人とも6万

記事を読む

被爆者映画祭表

被爆者の声を受け継ぐ映画祭のご案内

「被爆者の声を受け継ぐ映画祭2014」のご案内 7月3日(木)から6日(日)の4日間。 御茶ノ

記事を読む

日本は戦争をするのか

「集団的自衛権」書籍のご案内

「集団的自衛権」を考える4冊の書籍のご案内 いまこそ、憲法と集団的自衛権についての知識をパワーアッ

記事を読む

「自主制作映画見本市6」20210923(9月1日)P1

自主制作上映映画見本市#6

自主制作上映映画見本市#6 【上映情報】 自主制作上映映画見本市#6 日時:

記事を読む

fal

【更新】「ファルージャ」「ヒバクシャ」の 2作品を追加

◆パレスチナ・イラクの戦争を考える2作品の「ファルージャ」「ヒバクシャ」を掲載しました。

記事を読む

集団的自衛権に反対する小平デモ

「集団的自衛権に反対する緊急行動デモ in こだいら」のご案内

「集団的自衛権に反対する緊急行動デモ in こだいら」のご案内 10:30 一橋学園北口公園 集合

記事を読む

第3回憲法と市政を考える映画会「白バラの祈り」230128(黒地版)

第3回「憲法と市政を考える映画会」@立川 『白バラの祈り ゾフィー・ショル、最後の日々』上映会

第3回「憲法と市政を考える映画会」@立川 『白バラの祈り ゾフィー・ショル 最後の日々』 と

記事を読む

ファルージャチラシ表面

19日上映「ファルージャ」チラシのご案内

19日上映「ファルージャ」チラシのご案内 第13回憲法を考える映画の会 7月19日(土)14時〜

記事を読む

ad

ad


第76回「アトミック・カフェ」20240629案内チラシ(20240607)テスト版表
第76回憲法を考える映画の会『アトミック・カフェ』

第76回憲法を考える映画の会『アトミック・カフェ』 第76回

第8回むのたけじ反戦塾案内チラシ2024年6月15日版オモテ
第8回 むのたけじ反戦塾(2024年6月15日)

第8回 むのたけじ反戦塾 日時:2024年6月15日(土)13:30

第75回憲法映画祭2024(2024・4・29)入稿版オモテ
憲法映画祭2024

憲法映画祭2024 「憲法映画祭2024」(第75回憲法を考

第7回むのたけじ反戦塾案内チラシ2024年3月20日版
第7回むのたけじ反戦塾

第7回むのたけじ反戦塾 第7回むのたけじ反戦塾 日

第74回「サイレントフォールアウト」20240203案内チラシ2
第74回憲法を考える映画の会『サイレント・フォールアウト 乳歯が語る大陸汚染』

第74回憲法を考える映画の会『サイレント・フォールアウト 乳歯が語る大

→もっと見る

PAGE TOP ↑