*

第71回 憲法を考える映画の会「広島・長崎における原子爆弾の影響」

第71回 憲法を考える映画の会「広島・長崎における原子爆弾の影響」

第71回「広島・長崎における原子爆弾の影響」(2023年8月6日)7月20日版オモテ 広島・長崎原子爆弾の影響

71憲法を考える映画の会                      
日時:202386日(日)1330
会場:文京区民センターA会議室(地下鉄春日駅2分・後楽園駅5分)
プログラム 13:20開会13:30広島・長崎における原子爆弾の影響
(EFFCTS
OF THE ATOMIC BOMB ON HIROSHIMA AND NAGASAKI)
1946
年制作(164分:広島編81分、長崎編83分)
16:20
トークシェア(感想など記入タイム)
16:50
終了予定

参加費 1000円 学生・若者:500
(
当日、会場でお支払いください。予約不要です。どなたでも参加できます)

第71回「憲法を考える映画の会」案内チラシダウンロード

19459月、原爆投下1ヶ月後の広島と長崎で、科学者とカメラマンの見たものは何か?
そこで彼ら
は何を知り、何を考えたか
調査された「原子爆弾の影響」の研究成果は、戦後の世界でどのように活かされたのか、活かされなかったのか?
GHQ
によって接収されたフィルムが、アメリカでも公開されず、“幻の映画”となったのはどうしてか?
1967
年、一度返却されたフィルムが、文部省よって公開を制限された理由は何か

今、私たちは、この映像によって爆投下直後、広島、長崎を訪ねた科学者とカメラマンの目で、
もう一度
、あの時を追体験することができます。
そこには,いくつもの疑問や問いかけが湧いてきます。
いうまでもなく、この記録映画は
、ヒロシマ・ナガサキの原爆被害の一次映像資料なのです。

私たちは、この幻の原爆映画から、今、あらためて原爆を、核を、それらに支配された戦後を、
そしてこれからも続くであろう世界の戦争を、もう一度考え直します。
これは、私たち自身が、ひとりひとりが、原爆とは、核とは、どのようなものかを考えていく映画です。

 

次回、第71回憲法を考える映画の会は8月6日(日)、文京区民センターで1946年に制作された記録映画『広島・長崎における原子爆弾の影響』を見て考えます。
この記録映画は、当時の原子物理学の第一人者、仁科芳雄の要請により、文部省の学術研究会議に原子爆弾災害調査研究特別会議が設置、約200名の調査団が編成され、日本映画社の撮影スタッフが同行して撮影されました。

広島・長崎における原子爆弾の影響

映画『広島・長崎における原子爆弾の影響』は、かつて「幻の原爆映画」と呼ばれた映画です。
原爆投下の1945年に製作が開始され、翌1946年に完成。完成した映画の全てのフィルム素材はアメリカによって「没収」されましたが、映画の内容が機密に触れるという理由で、アメリカ国内での公開もされることなく空軍基地に保管されてしまいました。
その後、日本に返還された16㎜縮小版の公開、市民運動による日本語吹き替え版の公開など様々な形で映画は人の眼に触れるようになりましたが、程度の良いオリジナルの画像とオリジナルの音声を観賞することはかなわずにいました。
2009年、東京国立近代美術館フィルムセンターと広島市映像文化ライブラリーはアメリカ国立公文書館より新たにフィルムを取り寄せ日本語字幕版を完成させました。
DVD『広島・長崎における原子爆弾の影響』は、この最新のフィルムをマスターとして製作されました。
「幻の原爆映画」を完成当時の状態のまま観賞できる初めての映像商品が、65年の歳月を経てここに誕生しました。
164分(広島編81分、長崎編83分)

 

 

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事

第45回「スペシャリスト」20180923(電子メール発信用)

映画『スペシャリスト〜自覚なき殺戮者〜』

映画『スペシャリスト〜自覚なき殺戮者〜』 【上映案内】 第45回憲法を考える映画の会

記事を読む

20211121憲法を考える映画の会「子どもたちの昭和史」オモテ

第62回憲法を考える映画の会『子どもたちの昭和史 第1部 大東亜戦争 第2部 15年戦争と教師たち』

第62回憲法を考える映画の会『子どもたちの昭和史』 【上映会情報】 第62回憲法を考える

記事を読む

hyouteki

標的の村

日本にあるアメリカ軍基地・専用施設の74%が密集する沖縄。5年前、新型輸送機「オスプレイ」着陸帯建設

記事を読む

shirouo

シロウオ 原発立地を断念させた町

故郷を、自然を、仕事を、そして家族を守りたい―原発反対運動を成功させた人々の証言ドキュメンタ

記事を読む

sensouwoshinai

戦争をしない国日本

この映画は憲法公布60周年にあたり、日本国憲法とその平和主義をめぐる規定が、なぜ、どのように

記事を読む

第73回「流血の記録砂川」20231223チラシ(11月30日版)オモテ

第73回憲法を考える映画の会『流血の記録 砂川』

第73回憲法を考える映画の会『流血の記録 砂川』 と き:2023年12月23日(土)13時半〜1

記事を読む

第68回「『テロリストは誰?』オモテ

第68回憲法を考える映画の会『テロリストは誰?』上映会

第68回憲法を考える映画の会『テロリストは誰?』上映会 【上映会情報】 第68回憲法

記事を読む

87

八十七歳の青春 市川房枝生涯を語る

映画「八十七歳の青春 市川房枝生涯を語る」 1981年制作・120分・村山英治監督

記事を読む

日本と原発オモテ

『日本と原発』

映画『日本と原発』   【解説】 この映画は、弁護士河合弘之と盟友弁護士海渡雄一、訴訟を共に闘

記事を読む

第67回「日本原」 (2022年12月25日)入稿時オモテ

第67回憲法を考える映画の会『日本原 牛と人の大地』上映会

第67回憲法を考える映画の会『日本原 牛と人の大地』上映会 ***************

記事を読む

ad

ad


第75回憲法映画祭2024(2024・4・29)入稿版オモテ
憲法映画祭2024

憲法映画祭2024 「憲法映画祭2024」(第75回憲法を考

第7回むのたけじ反戦塾案内チラシ2024年3月20日版
第7回むのたけじ反戦塾

第7回むのたけじ反戦塾 第7回むのたけじ反戦塾 日

第74回「サイレントフォールアウト」20240203案内チラシ2
第74回憲法を考える映画の会『サイレント・フォールアウト 乳歯が語る大陸汚染』

第74回憲法を考える映画の会『サイレント・フォールアウト 乳歯が語る大

第6回むのたけじ反戦塾案内チラシ2024年1月20日版
第6回むのたけじ反戦塾

第6回むのたけじ反戦塾 日時:2024年1月20日(土)13

第73回「流血の記録砂川」20231223チラシ(11月30日版)オモテ
第73回憲法を考える映画の会『流血の記録 砂川』

第73回憲法を考える映画の会『流血の記録 砂川』 と き:2023年

→もっと見る

PAGE TOP ↑