*

自主制作上映映画見本市#9

公開日: : 上映会

第9回自主制作上映映画見本市

「自主制作映画見本市9」20220918-2オモテ 「自主制作映画見本市9」20220918-2ウラ
自主制作上映映画見本市#9

と き:2022918日(日)10:00〜19:30
ところ:文京区民センター3
A会議室(定員:252人)
参加費:一日券・一回券共通
1000

今回はこれまでに、憲法を考える映画の会の上映会を行ってきた中で
お会いできた制作者のみなさんからご紹介いただいたドキュメンタリー映画を上映します。

プログラム

10:00〜11:50 映画『2887』(河野優司監督作品/105分/2021年制作)
13:00〜15:00 映画ワタシタチハニンゲンダ』 (高賛侑監督作品/114分/2022年制作)
15:20〜17:10 映画葫蘆島大遣返(国弘威雄・松井稔監督作品/102分/1997年制作)      17:20〜19:10 映画岸辺の杙(興石正監督作品/106分/2020年制作)

上映作品の解説
10:00〜11:50
 映画『2887』
(河野優司監督作品/105分/2021年/配給:映画で社会を読む会 090−5787−3291)

歴代最長となる在任期間を記録した安倍晋三首相の政権を検証するドキュメンタリー。
2019年11月20日に首相通算在職日数が2887日となり、それまでで最長となった安倍晋三首相が、その在職期間に何をなして、何をしなかったのか。「アベノミクス」「憲法改正」「福島原発」「辺野古新基地建設」「拉致問題」という5つのテーマを設定し、その足跡を検証。2019年11月20日までの安倍政権2887日をたどる。

13:00〜15:00 映画ワタシタチハニンゲンダ』 

(高賛侑監督作品/114分/2022年制作/https://kochanyu-movie.shop-pro.jp/)

2021年3月、スリランカ人女性ウィシュマ・サンダマリさん(33)が名古屋入管で死亡した。彼女の死は長年ベールに包まれてきた入管の闇を、公権力による外国人差別の歴史を象徴する事件と言って過言ではない。戦後、日本政府は、在日外国人の9割を占めていた韓国・朝鮮人の管理を主目的とする外国人登録法などを制定した。そして後年、他国からの在留者が増えると、全ての外国人に対する法的・制度的な出入国管理政策を強化してきた。
高賛侑監督は前作「アイたちの学校」で朝鮮学校差別問題に焦点を当て、国内外で大きな反響を呼んだ。本作品では、全ての在日外国人に対する差別政策の全貌を浮き彫りにする。
人権侵害に苦しむ外国人が異口同音に訴える。「私たちは動物ではない。人間だ !」。
15:20〜17:10 映画葫蘆島大遣返

(国弘威雄・松井稔監督作品/102分/1997年制作/配給:葫蘆島を記録する会 03−5996−1353 mmatsuik@yahoo.co.jp)

日本の敗戦時、中国・旧満州に置き去りにされ難民化した一般法人約160万人。そのうち約105万人が餓えと恐怖にあえぎながら引揚げ港の葫蘆島に辿り着いた。そこで力尽き無念にも近くの茨山に葬られた人も少なくない。
この作品は、引揚げ体験者からなる「葫蘆島再訪の旅」の一行と新京(現・長春)〜奉天(現瀋陽)〜錦州〜錦西〜茨山〜葫蘆島への道程を辿り、当時の記録写真・映像や日本・中国・米国の資料、関係者の証言をもとに引揚げの経緯と真相を検証し、その全貌を明らかにした。撮影時には当時の面影を残していた葫蘆島港も現在は「日本僑遣返之地」の石碑が建つのみである……

17:20〜19:10 映画岸辺の杙

(興石正監督作品/106分/2020年制作/じんぶん企画:https://www.edic-121.co.jp/)

1931年、2月26日、神戸の朝鮮人集落で生まれた崔南龍(チェ・ナムヨン)。
2013年、岡山県瀬戸内のハンセン病療養所・邑久光明園で私は、初めて崔さんに会った。
眼は完全に光を失っていた。このドキュメンタリー映画を完成させるのに7年かかった。
その大半は私の自業自得の死骸で埋め尽くされている.それでも制作をやめなかったのはなぜだったのか。「らい」からの問いは、静かで重い。崔さんの〈気配力〉が、そのふるさとへの導線となってくれた。「差別」の鋳型からつき抜けたかった。辺野古を思う。

 

 

 

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事

10299948_515654708538400_7715905785558336864_n

5月24日(土)第12回「憲法を考える映画の会」のご案内

第12回「憲法を考える映画の会」案内チラシが出来ました。 第12回憲法を考える映画の会

記事を読む

アムネスティ・フィルム・フェスティバル表

アムネスティ・フィルム・フェスティバル2015

アムネスティ・フィルム・フェスティバルのご案内 政府を批判するだけで投獄される、 紛争下で人びと

記事を読む

no image

「憲法を考える映画の会」のご案内

映画の上映と話し合いの会「憲法を考える映画の会」の最新情報をお伝えします。 これから予定されている

記事を読む

0524hokoku

第12回「憲法を考える映画の会」のご報告

5月24日14時半〜16時半東京体育館第4会議室で映画「死んどるヒマはない─益永スミコ86歳

記事を読む

第2回国分寺憲法をる映考え画の会20220717オモテ

闇に消されてなるものか 写真家 樋口健二の世界

映画『闇に消されてなるものか 写真家 樋口健二の世界』 【上映情報】 第2回 憲法を

記事を読む

第51回「沖縄から叫ぶ戦争の時代」「宮古島からのSOS」20190630オモテ

第51回憲法を考える映画の会(2019/6/30)

第51回憲法を考える映画の会『 沖縄から叫ぶ戦争の時代 』『 宮古島からのSOS 』

記事を読む

highpower_jp_v5

映画「ハイ・パワー:大いなる力」

映画「ハイ・パワー:大いなる力」 映画「印・タラプール原発を描いた映画「ハイ・パワー:大いなる力」

記事を読む

広島・長崎原子爆弾の影響

第71回 憲法を考える映画の会「広島・長崎における原子爆弾の影響」

第71回 憲法を考える映画の会「広島・長崎における原子爆弾の影響」   第71回憲法を考える

記事を読む

ハトは泣いているオモテ

ハトは泣いている 時代(とき)の肖像

ハトは泣いている 時代(とき)の肖像 「公正中立」って何だ?民主主義って何だ?浮き彫りにされるキナ

記事を読む

わたしの描きたいこと

映画「わたしの描きたいこと─絵本作家クォン・ユンドクと『花ばぁば』の物語」

映画「わたしの描きたいこと─絵本作家クォン・ユンドクと『花ばぁば』の物語」 上映情報 と き

記事を読む

ad

ad


第76回「アトミック・カフェ」20240629案内チラシ(20240607)テスト版表
第76回憲法を考える映画の会『アトミック・カフェ』

第76回憲法を考える映画の会『アトミック・カフェ』 第76回

第8回むのたけじ反戦塾案内チラシ2024年6月15日版オモテ
第8回 むのたけじ反戦塾(2024年6月15日)

第8回 むのたけじ反戦塾 日時:2024年6月15日(土)13:30

第75回憲法映画祭2024(2024・4・29)入稿版オモテ
憲法映画祭2024

憲法映画祭2024 「憲法映画祭2024」(第75回憲法を考

第7回むのたけじ反戦塾案内チラシ2024年3月20日版
第7回むのたけじ反戦塾

第7回むのたけじ反戦塾 第7回むのたけじ反戦塾 日

第74回「サイレントフォールアウト」20240203案内チラシ2
第74回憲法を考える映画の会『サイレント・フォールアウト 乳歯が語る大陸汚染』

第74回憲法を考える映画の会『サイレント・フォールアウト 乳歯が語る大

→もっと見る

PAGE TOP ↑