*

自主制作上映映画見本市#9

公開日: : 上映会

第9回自主制作上映映画見本市

「自主制作映画見本市9」20220918-2オモテ 「自主制作映画見本市9」20220918-2ウラ
自主制作上映映画見本市#9

と き:2022918日(日)10:00〜19:30
ところ:文京区民センター3
A会議室(定員:252人)
参加費:一日券・一回券共通
1000

今回はこれまでに、憲法を考える映画の会の上映会を行ってきた中で
お会いできた制作者のみなさんからご紹介いただいたドキュメンタリー映画を上映します。

プログラム

10:00〜11:50 映画『2887』(河野優司監督作品/105分/2021年制作)
13:00〜15:00 映画ワタシタチハニンゲンダ』 (高賛侑監督作品/114分/2022年制作)
15:20〜17:10 映画葫蘆島大遣返(国弘威雄・松井稔監督作品/102分/1997年制作)      17:20〜19:10 映画岸辺の杙(興石正監督作品/106分/2020年制作)

上映作品の解説
10:00〜11:50
 映画『2887』
(河野優司監督作品/105分/2021年/配給:映画で社会を読む会 090−5787−3291)

歴代最長となる在任期間を記録した安倍晋三首相の政権を検証するドキュメンタリー。
2019年11月20日に首相通算在職日数が2887日となり、それまでで最長となった安倍晋三首相が、その在職期間に何をなして、何をしなかったのか。「アベノミクス」「憲法改正」「福島原発」「辺野古新基地建設」「拉致問題」という5つのテーマを設定し、その足跡を検証。2019年11月20日までの安倍政権2887日をたどる。

13:00〜15:00 映画ワタシタチハニンゲンダ』 

(高賛侑監督作品/114分/2022年制作/https://kochanyu-movie.shop-pro.jp/)

2021年3月、スリランカ人女性ウィシュマ・サンダマリさん(33)が名古屋入管で死亡した。彼女の死は長年ベールに包まれてきた入管の闇を、公権力による外国人差別の歴史を象徴する事件と言って過言ではない。戦後、日本政府は、在日外国人の9割を占めていた韓国・朝鮮人の管理を主目的とする外国人登録法などを制定した。そして後年、他国からの在留者が増えると、全ての外国人に対する法的・制度的な出入国管理政策を強化してきた。
高賛侑監督は前作「アイたちの学校」で朝鮮学校差別問題に焦点を当て、国内外で大きな反響を呼んだ。本作品では、全ての在日外国人に対する差別政策の全貌を浮き彫りにする。
人権侵害に苦しむ外国人が異口同音に訴える。「私たちは動物ではない。人間だ !」。
15:20〜17:10 映画葫蘆島大遣返

(国弘威雄・松井稔監督作品/102分/1997年制作/配給:葫蘆島を記録する会 03−5996−1353 mmatsuik@yahoo.co.jp)

日本の敗戦時、中国・旧満州に置き去りにされ難民化した一般法人約160万人。そのうち約105万人が餓えと恐怖にあえぎながら引揚げ港の葫蘆島に辿り着いた。そこで力尽き無念にも近くの茨山に葬られた人も少なくない。
この作品は、引揚げ体験者からなる「葫蘆島再訪の旅」の一行と新京(現・長春)〜奉天(現瀋陽)〜錦州〜錦西〜茨山〜葫蘆島への道程を辿り、当時の記録写真・映像や日本・中国・米国の資料、関係者の証言をもとに引揚げの経緯と真相を検証し、その全貌を明らかにした。撮影時には当時の面影を残していた葫蘆島港も現在は「日本僑遣返之地」の石碑が建つのみである……

17:20〜19:10 映画岸辺の杙

(興石正監督作品/106分/2020年制作/じんぶん企画:https://www.edic-121.co.jp/)

1931年、2月26日、神戸の朝鮮人集落で生まれた崔南龍(チェ・ナムヨン)。
2013年、岡山県瀬戸内のハンセン病療養所・邑久光明園で私は、初めて崔さんに会った。
眼は完全に光を失っていた。このドキュメンタリー映画を完成させるのに7年かかった。
その大半は私の自業自得の死骸で埋め尽くされている.それでも制作をやめなかったのはなぜだったのか。「らい」からの問いは、静かで重い。崔さんの〈気配力〉が、そのふるさとへの導線となってくれた。「差別」の鋳型からつき抜けたかった。辺野古を思う。

 

 

 

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事

第25回憲法映画祭160501 オモテ

憲法映画祭2016 5月1日

憲法映画祭2016   と き:2016年5月1日(日)11時〜19時 ところ:東京体

記事を読む

第46回「OKINAWA1965」20181010一部修正2

映画『OKINAWA 1965』

映画『OKINAWA 1965』   【上映案内】 第46回 憲法を

記事を読む

憲法を考える映画のリスト2019年版

「憲法を考える映画の会」および「憲法映画祭2020」の中止・延期のお知らせ

「憲法を考える映画の会」および「憲法映画祭2020」の中止・延期のお知らせ みなさまには大変お

記事を読む

第37回「戦ふ兵隊・日本の悲劇」20170731

戦ふ兵隊 日本の悲劇

第37回憲法を考える映画の会 と き:2017年8月27日(日)13:30~16:30 ところ:

記事を読む

中国インデペンデント映画祭p.1

中国インデペンデント映画祭

中国インデペンデント映画祭 と き:12月12日(土)〜27日(日) ところ:ポレポレ

記事を読む

7月11日北海道新聞

北海道新聞「映画で憲法考えよう」紹介

北海道新聞「映画で憲法考えよう」紹介 7月11日の北海道新聞の「『不戦』どこへ」という記事の一

記事を読む

「靖国・地霊・天皇」上映とお話の会-2オモテ

「遠近を抱えてPART2」「靖国・地霊・天皇」上映会

「遠近を抱えてPART2」「靖国・地霊・天皇」上映会   【上映情報】 2019年11月3

記事を読む

20211121憲法を考える映画の会「子どもたちの昭和史」オモテ

第62回憲法を考える映画の会『子どもたちの昭和史 第1部 大東亜戦争 第2部 15年戦争と教師たち』

第62回憲法を考える映画の会『子どもたちの昭和史』 【上映会情報】 第62回憲法を考える

記事を読む

第45回「スペシャリスト」20180923(電子メール発信用)

映画『スペシャリスト〜自覚なき殺戮者〜』

映画『スペシャリスト〜自覚なき殺戮者〜』 【上映案内】 第45回憲法を考える映画の会

記事を読む

第34回憲法映画祭2017(2017・3・20)オモテ

憲法映画祭2017

憲法映画祭2017   【憲法映画祭2017】のご案内 と き:4月29日(祝)30日

記事を読む

ad

ad


第66回「教育と愛国」 (2022年10月23日)入稿時オモテ
第66回憲法を考える映画の会『教育と愛国』上映会

第66回憲法を考える映画の会『教育と愛国』上映会

「自主制作映画見本市9」20220918-2オモテ
自主制作上映映画見本市#9

第9回自主制作上映映画見本市   自主制作上映映画見本市#9

第65回憲法を考える映画の会『TOMORROW明日』2022年8月13日 3(7月25日版)オモテ
第65回憲法を考える映画の会『TOMORROW 明日』上映会

第65回憲法を考える映画の会『TOMORROW 明日』上映会

第2回国分寺憲法をる映考え画の会20220717オモテ
闇に消されてなるものか 写真家 樋口健二の世界

映画『闇に消されてなるものか 写真家 樋口健二の世界』 【上

第8回小映画会「独裁者」20220625
第8回憲法を考えるちいさな映画の会(試写会)『独裁者』

第8回憲法を考えるちいさな映画の会(試写会)『独裁者』

→もっと見る

PAGE TOP ↑