*

第58回憲法を考える映画の会

公開日: : 最終更新日:2021/04/06 アメリカの戦争, 上映会, 作品紹介, 憲法を考える映画, 日本の戦争

第58回憲法を考える映画の会

TVドキュメンタリー番組『言わねばならないこと─防空演習を「嗤った」男・桐生悠々』
ドキュメンタリー映画『ショックドクトリン─ 惨事便乗型資本主義の正体を暴く 』
第58回「言わねばならないこと」「ショック・ドクトリン」2021・3・27 (延期決定用)

【上映情報】

第58回憲法を考える映画の会
日時:2021年327()13時30分〜16時30分
会場:文京区民センター 3A会議室東京都文京区本郷4-15-14地下鉄春日駅2分/後楽園駅5分

プログラム:
13時30分〜14時50分TV番組言わねばならないこと75
15時〜16時20分映画『ショック・ドクトリン』80分

16時20分〜16時50分 トークシェア
参加費:1000円 学生・若者500円
(TV番組「言わねばならないこと」のみ参加なら無料)

●コロナ感染予防にご協力ください
・会場の席数の制限(95席)が予想されます。
 参加希望の方は事前に下記連絡先にご連絡下さい。
・感染状況の拡大などによって中止延期になる場合があります。
連絡先:TEL&FAX:042-406-0502
E-mail:hanasaki33@me.com
【コロナ感染急拡大に伴い2021年1月23日に予定していた上映会を延期しました】

【作品情報】
TVドキュメンタリー番組『言わねばならないこと─防空演習を「嗤った」男・桐生悠々』

「この作品は桐生悠々という元信濃毎日新聞社主筆のドキュメンタリー。
桐生悠々は、在職時に『関東防空大演習を嗤う』という社説を書いたために退職を迫られ、その後、個人雑誌『他山の石』を発行して反軍部、反ファシズムの言論活動を続けた言論人である。
不屈の精神で、言論活動を続けた当時の彼の動きだけでなく、現在のジャーナリズムの様子を官邸の映像を使って見せて現代社会の危うさも描いている。
解説:シネマ・DE・憲法『言わねばならないこと─防空演習を「嗤った」男・桐生悠々』
http://jicl.jp/cinema/backnumber/20190708.html

ドキュメンタリー映画『ショックドクトリン─ 惨事便乗型資本主義の正体を暴く 』

ミルトン・フリードマンらによって提唱された新自由主義(ネオリベラリズム)。
政府による市場への介入を否定し、福祉国家の解体を唱えるそのラディカルな経済思想が、いかにして世界を席巻し人々の生活を分断するようになったのか。
軍事独裁政権下のチリから9・11以降のイラクまで、戦争やインフレ、自然災害などの危機を利用し、市場原理主義を推進してきたか「新自由主義政策」の実態とその歴史を振り返る。
解説:シネマ・DE・憲法『ショックドクトリン─ 惨事便乗型資本主義の正体を暴く 』
http://jicl.jp/old/now/cinema/backnumber/20160509.html

 

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事

アメリカばんざい

アメリカばんざい Crazy as usual

アメリカばんざい Crazy as usual 格差社会の底辺から、戦場へと押し出されてゆくアメリ

記事を読む

ハトは泣いているオモテ

ハトは泣いている 時代(とき)の肖像

ハトは泣いている 時代(とき)の肖像 「公正中立」って何だ?民主主義って何だ?浮き彫りにされるキナ

記事を読む

onna

戦場の女たち

戦争に犯されたパプア・ニューギニアの女たちの記録 第2次世界大戦、太平洋戦争と一般に呼ばれてい

記事を読む

裁判所前の男

映画「裁判所前の男」

映画『裁判所前の男』 監督:松原明 2015年/日本/65分ドキュメンタリー 制作・配給:ビ

記事を読む

e0171573_22492050

シロウオ 原発立地を断念させた町

シロウオ 原発立地を断念させた町 監督:かさこ 2014年/日本映画/分

記事を読む

ありふれたファシズムP.3

第14回憲法を考える映画の会のご報告

おかげさまで「第14回憲法を考える映画の会」にはいつもよりたくさんの方に来ていただくことができました

記事を読む

「自主制作映画見本市#2」オモテ190923

自主制作・上映映画見本市#2

自主制作・上映映画見本市#2   と き:2019年9月23日(休・月)(9:30—20:0

記事を読む

第42回憲法映画祭2018(3月11日修正原稿)オモテ

憲法映画祭2018

憲法映画祭2018 2018年4月29日(日)30日(休) 国立オリンピック記念青少年総合センタ

記事を読む

第39回「ジョン・ラーベ」20171210

ジョン・ラーベ

映画「ジョンラーベ」 【上映情報】 『ジョン・ラーベ 南京のシンドラー』(201

記事を読む

sato_main_B5

映画「さとにきたらええやん」

映画「さとにきたらええやん」 2015年/日本/100分 重江良樹監督   【映画

記事を読む

ad

ad


第65回憲法を考える映画の会『TOMORROW明日』2022年8月13日 3(7月25日版)オモテ
第65回憲法を考える映画の会『TOMORROW 明日』上映会

第65回憲法を考える映画の会『TOMORROW 明日』上映会

第2回国分寺憲法をる映考え画の会20220717オモテ
闇に消されてなるものか 写真家 樋口健二の世界

映画『闇に消されてなるものか 写真家 樋口健二の世界』 【上

第8回小映画会「独裁者」20220625
第8回憲法を考えるちいさな映画の会(試写会)『独裁者』

第8回憲法を考えるちいさな映画の会(試写会)『独裁者』

シバサシ
憲法を考える映画の会―小さな上映会@中野『シバサシ―安里清信の残照―』

憲法を考える映画の会―小さな上映会 @中野 “抗い”の軌跡を見つめ

第1回国分寺「荒野に希望の灯をともす」2022年5月15日オモテ
第1回 憲法を考える映画の会@国分寺『荒野に希望の灯をともす〜医師・中村哲 現地活動35年の軌跡〜』

第1回 憲法を考える映画の会@国分寺 「中村哲さんと日本国憲法を考え

→もっと見る

PAGE TOP ↑