*

第14回憲法を考える映画の会のご報告

おかげさまで「第14回憲法を考える映画の会」にはいつもよりたくさんの方に来ていただくことができました。

ありふれたファありふれたファシズムlow2シズムP.3 ありふれたファシズムP.3

2014年9月21日(日)13時半〜17時 東京体育館 第❶会議室

映画『ありふれたファシズム─野獣たちのバラード』129分

正直、「ついにやった!」という気分でした。

2回(13年9月と14年5月)も上映予告をしながらフィルムを調達できずのフライングで、危うく幻の「憲法を考える映画」になるところでした。

会場は前々から(半年前から)、予約していた第❶会議室120人入る部屋です。いつもは30人前後の買いが続いたのでキャパシティの半分くらい来ていただければと、手元資料を60作れば間に合うだろうと見ていたのですが、上映を始めてからコピーを取りに走ることになってしまいました。徹夜で立派な年表を作ってくれたM.T.さんごめんなさい。

映画は、入場いただいた方それぞれが期待していたものに応えられたようでした。映画の後の話し合い、参加者の感想をもっともっと聞きたいという気持ちから会場の時間も延長しました。

またそこで出た感想と意見はご報告したいと思います。何人かの方が「(ナチスに)Noと言った人がいる」というところに感銘したと話されてました。今の時代、今の政治、今の社会との類似性を問題にされ、一層それを感じたと言われた方がいました。若い方の発言は、当時のドイツの若い人の情況と今の自分たち若い人間たちの情況がどのように重なるかと言うところから「戦争を始めてしまうと感覚がおかしくなってしまう、人間を人間としてみなくなってしまう」のかもしれないと話されました。「どうやって流れが変えられるのか」と話されたのも若い人でした。映画は「ひとりひとりじぶんで考えて、声をあげることだ」と言っていたように思います。ミハイル・ロム二監督も「人間が人間であるために何がなされなければならぬかを深く考えたいと思う」といっています。

この映画、1971年公開当時は『野獣たちのバラード ありふれたファシズム』でした。私たちはDVD化にあたって勝手に原題の『ありふれたファシズム』を先に大きく出すことにしました。今の時代を考えなければならないと思っている方に、その方が強いインパクトで伝わるのではないかと思ったからです。

公開当時のパンフレットをこれも配給社さんのご好意でpdfで掲載させていただきます。ミハイル・ロム二監督のことばもそこに全文掲載されています。いろいろな意味で含蓄のある、考えさせられる、考えたいことばがそこにあります。

『ありふれたファシズム』パンフレット全24ページ

なお、会場でこの映画『ありふれたファシズム』のDVD化(テレシネといってFilmからデジタル化してDVDにする作業)の経費が大きいことを訴えましたところ、多くのカンパをいただきました。カンパいただいた方には、この映画を身近な学習会などで使っていただきたいと思います。

今回のテレシネ経費については、おかげさまでメドが付きました。が、引き続きカンパをお願いしたいと思っております。そして昨日(9月21日)に来れなかった方にも映画を見ていただく機会を作りたいと思っております。

映画『ありふれたファシズム』DVD化のカンパのお問い合わせはhanasaki33@me.comまで。

 

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事

no image

20代から30代の若者は69.7%が集団的自衛権の行使容認に反対

「20代から30代の若者は69.7%が集団的自衛権の行使容認に反対」(世論調査)から 19日朝

記事を読む

十代の君たちへ

書籍『十代の君たちへ─ぜひ読んでほしい憲法の本 日野原重明著』のご案内

書籍の紹介になりますが、いま、日本国憲法を知り考えたいと思っている人たちにそして、日本国憲法につ

記事を読む

イラク チグリスに浮かぶ平和

【更新】映画『イラク チグリスに浮かぶ平和』

イラク チグリスに浮かぶ平和 戦火の人生 それでも日々はつづいていく。ジャーナリスト綿井健陽が刻み

記事を読む

圧殺の海オモテ

圧殺の海─沖縄・辺野古

映画「圧殺の海─沖縄・辺野古」のご案内 2014 年7月1日、安倍首相が集団的自

記事を読む

立憲主義の破壊にあらがう2

公開研究会「『集団的自衛権』の違憲性」

公開研究会「『集団的自衛権』の違憲性」 【内容】 あいさつ 伊藤真(法学館憲法研究所所

記事を読む

日本は戦争をするのか

「集団的自衛権」書籍のご案内

「集団的自衛権」を考える4冊の書籍のご案内 いまこそ、憲法と集団的自衛権についての知識をパワーアッ

記事を読む

写真

【報告】「『閣議決定』で戦争する国にするな!緊急国会行動」に行ってきました。

【報告】「『閣議決定』で戦争する国にするな!緊急国会行動」に行ってきました。 ◎6月9日 18

記事を読む

package_kenpo_dvd_H800

【更新】憲法第9条に関わる三作品を追加

さまざまな側面から憲法を考えていくシリーズの3つの作品をアップしました。 「カ

記事を読む

証言 侵略戦争千葉上映会

「映画『証言 侵略戦争3部作』船橋上映会」(千葉・船橋)

「映画『証言 侵略戦争3部作』船橋上映会」(千葉・船橋) 日時:4月18日(土) 10:00~  

記事を読む

sato_main_B5

映画「さとにきたらええやん」

映画「さとにきたらええやん」 2015年/日本/100分 重江良樹監督   【映画

記事を読む

ad

ad


第41回「ザ・思いやりパート2」20180224
『ザ・思いやりパート2 希望と行動編』

『ザ・思いやりパート2 希望と行動編』   チラシpdf

2018:2:7・毎日新聞夕刊
「映画で憲法を考える 歴史的事実、生き生きと」(2018/2/7・毎日新聞夕刊)

「映画で憲法を考える 歴史的事実、生き生きと」(2018/2/7・毎日

第40回「憲法を武器として」20180109
憲法を武器として 恵庭事件 知られざる50年目の真実

憲法を武器として 恵庭事件 知られざる50年目の真実 【上映

第38回「隠された爪痕」20170920
隠された爪跡 払い下げられた朝鮮人

第38回憲法を考える映画の会 と き:2017年10月14日(土)1

第37回「戦ふ兵隊・日本の悲劇」20170731
戦ふ兵隊 日本の悲劇

第37回憲法を考える映画の会 と き:2017年8月27日(日)13

→もっと見る

PAGE TOP ↑