*

第60回憲法を考える映画の会『ハワイマレー沖海戦』『真珠湾攻撃ドキュメント』『ミッドウエイ海戦』

第60回憲法を考える映画の会『ハワイマレー沖海戦』『真珠湾攻撃ドキュメント』『ミッドウエイ海戦』

20210606憲法を考える映画の会「ハワイマレー沖海戦」2

【上映会情報】

第60回憲法を考える映画の会『ハワイマレー沖海戦』『ドキュメント真珠湾攻撃』『ミッドウエイ海戦』(2021/6/6)
*(ご注意)このプログラムは第8回「憲法を考えるちいさな映画の会」として5月8日の開催予定を仮チラシおよび第58回憲法を考える映画の会、憲法映画祭2021の手元資料で案内しました。
しかしながら緊急事態宣言発令により5月8日は文京区民センターは施設使用中止となり、1ヶ月後の6月6日(日)の同時刻に同会場、同プログラムで開催することにしました。
*****************************
と き:2021年6月6日(日)13時30分〜16時50分
ところ:文京区民センター3A会議室(地下鉄春日駅A2出口2分・後楽園駅4b出口5分・JR水道橋駅東口15分)
プログラム:
13時40分『ハワイマレー沖海戦』
(山本嘉次郎 監督・特撮:円谷英二・110分・1942年制作)
15時40分『ドキュメント 真珠湾攻撃』
(ジョン・フォード監督・1944年アカデミー賞・34分)
16時10分『ミッドウェイ海戦』
(ジョン・フォード監督・1942年アカデミー賞・18分)
一般:1000円 若者:500円
*****************************
●コロナ感染予防にご協力ください
・会場の席数制限が予想されます。
・参加希望の方はご連絡いただければ、幸いです。
感染状況の再々拡大により中止延期になる場合があります。
【上映のねらい】
映画『ハワイマレー沖海戦』は、1942年(昭和17年)に海軍省が企画し、開戦一周年記念映画として12月3日に公開されました。
東宝映画が製作、社団法人映画配給社配給で公開された戦争映画・国策映画です。
映画『ドキュメント 真珠湾攻撃』および『ミッドウェイ海戦』はそれぞれ1943年、1942年に制作、名匠ジョンフォードが監督した戦時プロパガンダ映画です。
私たちは太平洋戦争、とくに開戦のきっかけとなった真珠湾攻撃を日米双方からつくられた映画によって見て考えることにしました。
これらの映画は、国策映画、戦意昂揚映画とも呼ばれています。「国」が、戦争を「正義」のため戦いとして正当化し、国民を戦争に駆り立てていった映画でもあります。
いま、コロナ感染対策やオリンピックの開催をめぐって、政策や規制に「おかしいな」と思っていても、それらに反対しにくい風潮が社会全体を覆っています。
大手のメディアもまた、それらに対して反論したり、異議を唱えることが全くなくなってしまっています。
これで、ひとたび国家間の衝突や紛争が起きた場合、情報はさらに操作され、国民に対して「国のやることに、疑問をもつなんてとんでもない」という物言えぬ同調の強制はますます強まり、反対を許さない国家の暴走が始まります。
それはおよそ80年前、日本で、またアメリカでも行われてきたことですし、戦争をする国はどこの国でもやってきたことです。
そうなってからでは遅い、また同じような道を歩むのか、とはさんざん言われてきたことです。
私たちは、70数年前、人々を煽って戦争への道に駆り立てていって、洗脳し、同時に異論や疑問や批判を許さなくした日米のプロパガンダ映画をあらためて見ていきます。
また、そうしたものに煽られて、疑問をもつことや考えることを止めてしまう弱さが、今の自分たちにないかどうかを試してみる体験の映画会でもあります。
テーマ「国策・戦意昂揚映画から、戦争、憲法、今のわたしたちを考える」

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事

「靖国・地霊・天皇」上映とお話の会-2オモテ

「遠近を抱えてPART2」「靖国・地霊・天皇」上映会

「遠近を抱えてPART2」「靖国・地霊・天皇」上映会   【上映情報】 2019年11月3

記事を読む

Image

ハーツ・アンド・マインズ ベトナム戦争の真実

ハーツ・アンド・マインズ ベトナム戦争の真実 これは、様々な証言や取材映像、ニュース・フィルム、戦

記事を読む

第20回案内チラシ「誰も知らない基地のこと」150825(色-フェリオ).pptx

第20回 「憲法を考える映画の会」『誰も知らない基地のこと』

第20回 「憲法を考える映画の会」 『誰も知らない基地のこと』 第19回「憲法を考える映画の会」

記事を読む

onekill

One Shot One Kill

米海兵隊・ブートキャンプ(新兵訓練所)の12週間の訓練に密着した衝撃作 人は人を殺すように

記事を読む

hyouteki_mura

上映会『標的の村』のご案内

  上映会のメンバーが「標的の村」の上映会を千葉で開催致します。憲法を考える

記事を読む

naikin

南京 引き裂かれた記憶

南京事件を追いかけてきた松岡環さんの約10年に渡る取材より、中国人被害者6名、元日本軍兵士7

記事を読む

速報 辺野古のたたかいチラシ表

沖縄ニューズリール『速報 辺野古のたたかい』のご案内

映画「沖縄ニューズリールNo.6『速報 辺野古のたたかい』2014年7月」のご案内 13日朝、

記事を読む

アムネスティ・フィルム・フェスティバル表

アムネスティ・フィルム・フェスティバル2015

アムネスティ・フィルム・フェスティバルのご案内 政府を批判するだけで投獄される、 紛争下で人びと

記事を読む

yugon

証言 20世紀からの遺言 若者が問う侵略戦争

日本の敗戦から半世紀の時が流れ、悲惨な戦争体験を直接聞く機会は失われつつある。「戦争体験をた

記事を読む

ありふれたファシズムジャケット写真

ありふれたファシズム

ありふれたファシズム 野獣たちのバラード 原題名:Ordinary Fascism 1965

記事を読む

ad

ad


第68回「『テロリストは誰?』オモテ
第68回憲法を考える映画の会『テロリストは誰?』上映会

第68回憲法を考える映画の会『テロリストは誰?』上映会

第3回憲法と市政を考える映画会「白バラの祈り」230128(黒地版)
第3回「憲法と市政を考える映画会」@立川 『白バラの祈り ゾフィー・ショル、最後の日々』上映会

第3回「憲法と市政を考える映画会」@立川 『白バラの祈り ゾフィー・

第67回「日本原」 (2022年12月25日)入稿時オモテ
第67回憲法を考える映画の会『日本原 牛と人の大地』上映会

第67回憲法を考える映画の会『日本原 牛と人の大地』上映会

第66回「教育と愛国」 (2022年10月23日)入稿時オモテ
第66回憲法を考える映画の会『教育と愛国』上映会

第66回憲法を考える映画の会『教育と愛国』上映会

「自主制作映画見本市9」20220918-2オモテ
自主制作上映映画見本市#9

第9回自主制作上映映画見本市   自主制作上映映画見本市#9

→もっと見る

PAGE TOP ↑