*

「第2回憲法を考える映画の会ちいさな映画会」のご案内

公開日: : お知らせ, ごまめのはぎしり, 上映会

「第2回憲法を考える映画の会ちいさな映画会」(試写会)のご案内

「第2回憲法を考える映画の会ちいさな映画会」

日時 2014年8月17日(日)15時〜19時

会場 東京体育館第❹会議室

プログラム 『ぼくたちは見た ガザ・サムニ一家の子どもたち』(86分)

http://kenpou-eiga.com/?p=948

      『沈黙を破る』(130分)

http://kenpou-eiga.com/?p=977

20110826_hurui_001C 沈黙を破る

テーマ いま、パレスチナに学ぶ

当初、「第2回憲法を考える映画の会ちいさな映画会」のプログラムとして、

「イラク戦争」、あるいは「沖縄の問題」に関係した映画を予定しているむねお伝えしておりました。

でも7月はじめ以来のイスラエル空軍ガザ爆撃に始まる地上戦は、

都市で行われているベトナム戦争やアフガニスタン戦争(共に対ゲリラ戦)の様相を呈している様に思えます。

つまり正規軍がもともと軍隊でない武装勢力を制圧することを名目に他国に対して一方的に戦争をしかけているような情況です。

そうした一方的な制圧を当のイスラエルもアメリカ合州国も「自衛のための戦闘」と呼んで支持しています。

そうして多くのこどもたちと住民が一方的に殺戮されていきます。

どうしてそんなことを各国の多くの政治担当者は止めようとしないのでしょうか?

そうした殺戮を止めるために声を上げない政治家は、いくら常日頃「人の命を守る」と言っていても信じられません。

彼らが守ろうとしているものや大切にしようとしているものは別のものなのだと思えて仕方ありません。

どうしていま行われていることに想像力を働かせて、考えて、声を上げよう、自分たちの力をそれに使おうとしないのでしょうか。

 

それに加えて日本の政治家、いま政権を担当している政治家たちは、武器輸出(あるいは武器部品輸出)をねらって

イスラエル政府(多くの住民を殺し続けている政府)にいまこの時期接近しようと躍起になっています。

何分にも準同盟国に兵器を使って消費して買い上げてもらわなければ、後れをとって儲け損ねてしまいますから。

それらは先に発表された防衛白書や下記の様な「国防族」の記事にもあらわれています。

 

こうしたときに、いままで(正直)よそ事と思って見過ごしてきたパレスチナの人々からの目線で

もういちどパレスチナで行われている戦争、

この映画に描かれている1400人(うち子ども300人)が殺された2008年から2009年にかけてのイスラエルによる戦争をあらためて見直し、

パレスチナの人々に学びたいと思います。

 

田母神氏イスラエル国防視察

 

ad

Comment

  1. 寺崎明子 より:

    17日のご案内ありがとうございました。残念ながら、15~17日まで出かけているので、行くことが出来ません。9月の映画会にはぜひ、行きたいと思います。フィルムが見つかることを祈ってます。

    • satoshi より:

      コメントありがとうございました。暑さが残りますのでお気を付けください。
      9月には是非いらっしゃって下さい。フィルムが何とか探し出せますようにがんばります。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事

あとおいニュース第3号20130801表紙

あとおいニュース第3号

あとおいニュース第3号 あとおいニュース第3号20130801

記事を読む

国連・人権勧告の実現を!

9・28「国連・人権勧告の実現を!」ご案内

9・28「国連・人権勧告の実現を!」ーすべての人に尊厳と人権をーご案内 日 時:2014年9月28

記事を読む

ANPOジャケット表

【更新】映画『ANPO』作品紹介にアップしました。

【更新】映画『ANPO』作品紹介にアップしました。 映画『ANPO』あの熱かった時代の「抵抗」

記事を読む

証言 侵略戦争千葉上映会

「映画『証言 侵略戦争3部作』船橋上映会」(千葉・船橋)

「映画『証言 侵略戦争3部作』船橋上映会」(千葉・船橋) 日時:4月18日(土) 10:00~  

記事を読む

自由と壁とヒップホップチラシ表

【更新】『自由と壁とヒップホップ』を「作品紹介」に加えました!

パレスチナのヒップホップムーブメントを取り上げた初めての長編ドキュメンタリー『自由と壁とヒップホップ

記事を読む

無知の知オモテ

無知の知

無知の知   【映画の概要】 私は私自身が「原発」について「何も知らない」ということ

記事を読む

軍隊を捨てた国オモテ

【更新】映画『軍隊をすてた国』と書籍「活憲の時代」の紹介をアップしました

映画『軍隊をすてた国』と書籍「活憲の時代」の紹介 日本と同じ平和憲法をもって、ほんとうに「

記事を読む

イベント「新たな対抗運動の可能性—台湾・ひまわり革命」表 のコピー

イベント「新たな対抗運動の可能性—台湾・ひまわり革命」参加者募集

イベント「新たな対抗運動の可能性—台湾・ひまわり革命」参加者募集   日時:2014年9月2

記事を読む

首相官邸の前で

映画『首相官邸の前で』

映画『首相官邸の前で』 【映画の解説(チラシ・ホームページより転載)】 2012

記事を読む

裁判所前の男

映画「裁判所前の男」

映画『裁判所前の男』 監督:松原明 2015年/日本/65分ドキュメンタリー 制作・配給:ビ

記事を読む

ad

ad


第32回「小林多喜二」20170209 オモテ
映画「小林 多喜二」

映画「小林 多喜二」 今井正監督 1974年制作 119分 多喜二プ

テロ等準備罪は必要か?
上映会にインターネットTVの取材が来ました。

前回の『横浜事件を生きて』の上映会には,テレビ朝日系のインターネット報

スキャン 10
座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバル

ドキュメンタリーフェスティバル     2017年

170129千駄ヶ谷区民会館
第31回 憲法を考える映画の会「横浜事件を生きて」報告

第31回憲法を考える映画の会報告 2017年1月30日の「レイバ

憲法を考える映画の会あとおいニュース7(20170125ウラ)
憲法を考える映画の会あとおいニュース第7号

※次回の憲法を考える映画の会のご案内を送る送り状として、また「

→もっと見る

PAGE TOP ↑