*

第18回憲法を考える映画の会のご案内

公開日: : 最終更新日:2015/06/11 お知らせ, 上映会, 作品紹介

第18回憲法を考える映画の会のご案内

第18回「憲法を考える映画の会」
日時:6月13日(土)13:30~16:30
会場:東京体育館 第4会議室
(総武線千駄ヶ谷駅・地下鉄大江戸線国立競技場駅2分)
映画『井上ひさしさん 九条を語る』(18分)
映画『加藤周一さん 九条を語る』(20分)
映画『女性達にとっての日本国憲法』(46分)
※5月15日に行われた国民安保法制懇の緊急声明記者会見映像
参加費:一般800円  学生600円

 

第18回案内チラシ「憲法を語る150613(色-エグゼクティブ).pptx

映画『女性たちにとっての日本国憲法』のご紹介

女性達にとっての日本国憲法

6月13日(土)に予定されている「第18回憲法を考える映画の会」
のプログラムのひとつ、映画『女性たちにとっての日本国憲法』を紹介させていただきます。
同じ、原稿で法学館憲法研究会のホームページ内の「シネマ・DE・憲法」でも明日から紹介されます。

+++++++++++++++++++++++++++++

「日本女性は平和と進歩の指導者になって下さい」(ベアテ・シロタ・ゴードン)
「世の中を正しくしていくのは女性の役目ですね」(土井たか子)

映画『女性たちにとっての日本国憲法』

この作品は、2000年12月2日、東京で開かれたベアテ・シロタ・ゴードンと土井たか子のお二人の対談をまとめた映像です。
テーマは「日本国憲法の現在とこれから」。
ユーモア溢れる二人の対談は、社会に生きる女性たちへのヒントでいっぱいです。

それから15年、おふたりが熱い気持ちを込めて平和憲法のかけがえの無さを話したこの国の憲法は、まさに存亡の正念場を迎えるに至っています。
でもそのことは多くの国民によって実感されているでしょうか。
もういちど、これらのお話を聞き直し、もう一度いまこそ私達の日本国憲法を大切にしていかなければならないと言う気持ちを強くしていきたい、広く伝えて行きたいと思い上映会を開き、またこの場を借りてご紹介したいと思いました。

以下、この映画の中で印象に残ったお話の中から

「他の国の憲法に比べまして、紛れもない事実としてあるのは徹底した平和主義という点です。(中略)
何でこれほど徹底した平和主義というのを憲法地震がしっかり決めることになったのか、実は私は日本国憲法の「いのち」と思っているわけです。
この憲法が公布されたとき私は大学生でした。世の中はですね、先ほどベアテさんもおっしゃったけれど、この憲法に対して少なくとも私達の周囲の方々はみんな大歓迎だったのです。
とても喜んだ。
「よかった」ったってみんなで言ったんですよ。
何で喜んだっていったら、「ふたたびどんなことがあっても戦争しない」って言うこの点なんです。(中略)

どの国の憲法でも歴史を持っております。
歴史的経過があります。
その中で憲法は生まれているわけですから。
歴史的経過というものを考えてまいりますと、私は日本国憲法のとくにこの「徹底した平和主義」の中味というのは、「戦前の犯した過ちに対する猛反省」と「アジアに対して行った私達の侵略行為」をはじめとして、忘れてはならない私たちの「過去の間違った政治のやり方」に対するこれは自覚だと思うのです。

だからですね、歴史の清算というのは、これは大変に大事なことになるわけですね。」

*****************************

最後の1行、その前の平和憲法に至る経緯「いきさつ」から読んでもらって、是非「の70年目の首相談話」に活かしていただきたいものです。

第18回憲法を考える映画の会は、6月13日「九条を語る、憲法を話す」というテーマで、日本国憲法についての講演を収めた映像を見てあらためて憲法を考えようとしています。

『井上ひさしさん九条を語る』『加藤周一さん九条を語る』『女性たちにとっての日本国憲法』と言った作品を見ます。
憲法の作成に関わったベアテ・シロタ・ゴードンさんと護憲運動の担い手だった元社会党委員長の土井たか子さんはじめ、「9条の会」憲法を守る運動に関わった井上ひさしさん、加藤周一さんが熱を込めて話されています。

遺された憲法のお話にもう一度の耳を傾け、かけがえのない日本国憲法の存在意義を心に刻みつけたいと思いました。

集団的自衛権閣議決定(解釈改憲)、その法制化、さらに憲法改悪をめざす動きに対して、国民安保法制懇が異議を唱え、緊急声明(このFacebookで5月18日に紹介)を出しましたが、その時の記者会見での参加者の発言も紹介したいと準備中です。

第18回案内チラシ「憲法を語る150613(色-エグゼクティブ).pptx set
第18回「憲法を考える映画の会」
日時:6月13日(土)13:30~16:30
会場:東京体育館 第4会議室
(総武線千駄ヶ谷駅・地下鉄大江戸線国立競技場駅2分)
映画『井上ひさしさん 九条を語る』(18分)
映画『加藤周一さん 九条を語る』(20分)
映画『女性達にとっての日本国憲法』(46分)
参加費:一般800円  学生600円

ad

Comment

  1. より:

    初めまして。IWJよりたどり着きました。来月参加予定です。
    改めて 戦争を知る、考える映画の会 も必要と感じました。
    国分寺なのですね。おばあさんの知恵袋、門衛門と最近とみにご縁のある土地です。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事

7月1日デモ5

集団的自衛権行使反対市民行動のご案内

7月の市民行動のご案内 集団的自衛権行使容認に閣議決定に反対する官邸前の集会・デモに4万人とも6万

記事を読む

gobaku

【更新】『GOBAKU』『ジャーハダ』を作品紹介に加えました。

DVD『GOBAKU アメリカは誰と戦っているのか?』『ジャーハダ イラク民衆の戦い』を作品の紹介

記事を読む

野獣たちのバラードリーフレット

ありふれたファシズム─野獣たちのバラード─

ありふれたファシズム─野獣たちのバラード─ の作品紹介 1971年日本での公開時は、邦題が『野獣た

記事を読む

ザ・思いやり

ザ・思いやり

ザ・思いやり 一人のアメリカ人が米軍への“オモイヤリヨサン”の疑問に挑む 監督:リラン・バクレー

記事を読む

辺野古2014年8月

第3回「憲法を考えるちいさな映画の会(試写会)」のおしらせ

第3回「憲法を考えるちいさな映画の会(試写会)」のおしらせ 日時:10月04日(土)13時半〜16

記事を読む

yahishi

教えられなかった戦争・沖縄編 阿波根昌李鴻・伊江島のたたかい

大平洋戦争の激戦地となり、民間人にも多くの死者を出した沖縄の近・現代史についての長篇記録映画

記事を読む

国分寺9条の会1409-1

「私たちは国分寺まつりに出店を拒否されました」

「私たちは国分寺まつりに出店を拒否されました」 国分寺9条の会から会報が届きました。 8月3

記事を読む

栁沢さん講演3

報告 「栁沢協二さんの講演『迷走する集団的自衛権』」から

報告「9条フェスタ市民ネット学習会」で栁沢協二さんの講演『迷走する集団的自衛権』を聞きました。

記事を読む

第51回「沖縄から叫ぶ戦争の時代」「宮古島からのSOS」20190630オモテ

第51回憲法を考える映画の会(2019/6/30)

第51回憲法を考える映画の会『 沖縄から叫ぶ戦争の時代 』『 宮古島からのSOS 』

記事を読む

fal

【更新】「ファルージャ」「ヒバクシャ」の 2作品を追加

◆パレスチナ・イラクの戦争を考える2作品の「ファルージャ」「ヒバクシャ」を掲載しました。

記事を読む

ad

ad


「靖国・地霊・天皇」上映とお話の会-2オモテ
「遠近を抱えてPART2」「靖国・地霊・天皇」上映会

「遠近を抱えてPART2」「靖国・地霊・天皇」上映会   【上映情

天皇制を考える20191012
特別講演会 「現代天皇制による『心の支配』」

憲法を考える映画の会 映像とお話 特別講演会  10月22日即位の礼

第53回「ニジノキセキ」20191026コピー3
映画「ニジノキセキ─「4.24」の未来へ、七色の架け橋─」

映画「ニジノキセキ─「4.24」の未来へ、七色の架け橋─」

「自主制作映画見本市#2」オモテ190923
自主制作・上映映画見本市#2

自主制作・上映映画見本市#2   と き:2019年9月23日

10月14日報告集会用チラシ(1010版その2)
あいちトリエンナーレ《表現の不自由展:その後》再開を明日につなげる報告集会

『あいちトリエンナーレ 《表現の不自由展:その後》』再開を 明日につな

→もっと見る

PAGE TOP ↑