*

自主制作・上映映画見本市#3

公開日: : 上映会, 作品紹介

自主制作・上映映画見本市#3

「自主制作映画見本市#2」20200113オモテ 「自主制作映画見本市#3」200113ウラ

と き:2020年1月13日(休・成人の日)(9:30—21:00 開場9:00)
ところ:文京区民センター3A会議室(地下鉄春日駅2分・後楽園駅5分)第1回、第2回と同じ会場です。
プログラム:
09:00      開場予定
09:30〜10:40 「陸軍前橋飛行場 私たちの村も戦場だった」69分
11:00〜12:30 「靖国・地霊・天皇」 90分
13:00〜15:00 「憲法を武器として 恵庭事件 知られざる50年目の真実」110分
15:00〜15:50  恵庭事件弁護団 内藤功弁護士のお話
15:50〜16:50 「9条を抱きしめて」50分
17:00〜17:40 「反戦を唱う女たち」33分
18:00〜19:10 「裁判所前の男」65分
19:30〜20:45 「選挙が生まれる 長野と群馬の挑戦」71分
21:00          閉場予定 

参加費:1日券・1回券共通1000円均一 学生・500円

【作品解説】

73陸軍前橋飛行場

09:30〜10:40
陸軍前橋飛行場 私たちの村も戦場だった」69分

2018制作 69 飯塚 監督 配給:アムール 027-231-4168 
太平洋戦争末期に群馬県の旧群馬町(現・高崎市)に急造された陸軍前橋飛行場に関する記録や証言をたどり、戦後70年以上がたち風化しつつある戦争体験を現代に伝えていく。太平洋戦争のさなか、群馬県の中央部に作られた前橋飛行場だったが、利用されたのは敗戦までのわずか1年だった。建設のため田畑が強制買収され、地域の人々が駆り出され、そして完成した飛行場から訓練された若者たちが戦場に飛び立っていった。戦時中の村人の苦痛や忍耐生活を記録した「村日記」を今に伝える住谷佳禹さんをはじめ、当時を知る人々の証言を丹念に収録した。

靖国・地霊・天皇

11:00〜12:30
靖国・地霊・天皇」 90分

2014制作 90 大浦信行監督 配給:ハイクロスシネマトグラフィ 03-6459-2546
歴史認識やA級戦犯合祀、首相参拝などで常に政治的な問題にも発展する靖国神社について、異なる意見をもつ人々の意見を交えながら、地下に眠る246万余りの戦没者の霊の声に耳を傾けることで、思想やイデオロギーを超えた観点から靖国とは何かを考察するドキュメンタリー。
合祀撤廃、政教分離を訴えた「ノー!ハプサ(NO!合祀)訴訟」でも弁護人を務める大口昭彦氏と、右派陣営の代理人弁護士として、歴史認識問題や靖国問題、政治思想をめぐる事件を数多く手がける徳永信一氏が、それぞれの「靖国への思い」を語る。
憲法を武器として のコピー
13:00〜15:00
憲法を武器として 恵庭事件 知られざる50年目の真実」110分

2017制作 110 稲塚秀孝監督 配給:タキオンジャパン 090-3433-6644
恵庭事件は1962年、北海道恵庭町自衛隊島松演習場近くで酪農を営む野崎牧場の兄弟が自衛隊の通信線を切断したことに始まる。
それは長年、戦闘機や大砲の騒音被害を受け、牛の乳量が落ち、家庭の健康が損なわれ、約束が守られなかったことから、やむにやまれぬ実力行使だった。しかし、国(検察)は、自衛隊法121条「防衛の用に供するもの」違反事件で起訴、「自衛隊の公然化」を国民に突きつけるものとなった。映画は事件と裁判の経過がどのようなものであったか、再現によって描き、今、自衛隊と日本国憲法を問う。
15:00〜15:50  恵庭事件弁護団 内藤功弁護士のお話

9条を抱きしめて のコピー
15:50〜16:50
9条を抱きしめて」50分

2013制作 50中川一郎監督 配給:平塚淳次郞 0797-72-7550
アレン・ネルソンさんは1947年にニューヨーク州のブルックリンで生まれ、貧困生活から逃れようと18歳で海兵隊に入隊。沖縄での訓練を経て、1966年19歳でベトナムの最前線に派遣された。
過酷な戦場を生き延びたネルソンさんは、戦争の恐ろしさを、そして憲法9条の大切さを、心をこめて私たちに語り続けた。戦争という殺戮に関わった一人として、戦争や暴力の恐ろしさを訴え、人間が平和に生きていくための道筋を、優しくも力強く語りかけています。
反戦を唱う女たち
17:00〜17:40
反戦を唱う女たち」33分

1988制作 33清水千恵子監督配給:0H企画 03-3309-6107
肩ひじはらずに、いまいるところから、語りつなごう!「平和のために訴える」「戦争への道を許さない女たちの連絡会」の渋谷駅頭・反戦マラソン演説会のドキュメント。
「現代の政治の混濁、この腐敗に対してノーと言い続ける勇気をここで新たに確認したいと思います」(澤地久枝)「私が恐ろしいと思うのは私の知らないうちに戦争が始まっていた、わからないうちに戦争は始まるんですね」(戸川昌子)「目や耳をふさがれて、戦争に総動員されていった、あの歴史の教訓を広く呼び起こし、この道を何としても押し返してゆくために力を合わせたいと思います」(加瀬さつき)
裁判所前の男オモテ
18:00〜19:10
裁判所前の男」65分

2015制作 65松原明監督配給:ビデオプレス 03-3530-8588
裁判所批判を続ける大髙正二さんのドキュメンタリー。2007年から2013年までの7年間を記録。
「裁判官の数を増やせ」など、ごくまっとうの訴えを裁判所前で連日行った大髙さんは、裁判所内にカメラ付き携帯を持ち込んだことを理由に強制退去させられ、その時に守衛を殴ったという理由で逮捕され、3年近く勾留されました。
国家権力が「もの言う人間」をひねりつぶそうとしたのです。秘蔵映像を通して、知られることのなかった裁判所の闇が浮かび上がります。

選挙が生まれる
19:30〜20:45
選挙が生まれる 長野と群馬の挑戦」71分

2016制作71湯本雅典監督配給:湯本雅典 090-6039-6748 
2015年9月、集団的自衛権の行使容認を含む「安全保障関連法」が成立した。その後、全国で同法を廃止させるために、野党は共闘して国政選挙を闘おうという声が上がり始めた。熊本県では早々と2016年夏の参議院選挙区のや党候補一本化が実現した。しかし外の選挙区ではなかなか候補者の一本化が進まず、時間だけが過ぎていった。2016年参議院選挙、長野・群馬の野党共闘の記録。2016年夏の参議院選挙の地方区一人区では、32選挙区すべてで野党統一候補が実現し、11選挙区で勝利した。結果的に憲法改正発議に必要な3分の2議席は「改憲派」に握られてしまったが、民主主義は確かにスタートした。

 

 

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事

第54回「主戦場」20191128制作オモテ

映画「主戦場」

映画『主戦場』 【上映情報】 第54回 憲法を考える映画の会 と き:2019

記事を読む

image

ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を

ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を そのジェット機は炎上しながら学校に墜ちた…。 実際の事件

記事を読む

「自主制作映画見本市5」20210223(オモテ)

自主制作上映映画見本市#5

「自主制作上映映画見本市#5」のご案内 と き:2021年2月23日(火・休)9時30分〜16

記事を読む

7月11日北海道新聞

北海道新聞「映画で憲法考えよう」紹介

北海道新聞「映画で憲法考えよう」紹介 7月11日の北海道新聞の「『不戦』どこへ」という記事の一

記事を読む

約束・名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯

約束 名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯

映画『約束 名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯』 予告編 http://yakusoku-na

記事を読む

日本と原発オモテ

『日本と原発』

映画『日本と原発』   【解説】 この映画は、弁護士河合弘之と盟友弁護士海渡雄一、訴訟を共に闘

記事を読む

cof

チルドレン・オブ・ホァンシー 遥かなる希望の道

1930年代の終わり、日中戦争の戦火が南京から黄石(ホァンシー)に迫ったことを知り、中国人孤

記事を読む

no_%e3%83%9b%e3%82%9a%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc

映画『NO(ノー)』

映画『NO(ノー)』 監督:パブロ・ラライン チリ映画 2012年制作 118分

記事を読む

naikin

南京 引き裂かれた記憶

南京事件を追いかけてきた松岡環さんの約10年に渡る取材より、中国人被害者6名、元日本軍兵士7

記事を読む

ch

チェルノブイリ・ハート Chernobyl Heart

1986年4月26日、チェルノブイリ原発事故発生。
その事故により広く周囲に大量に撒き散らさ

記事を読む

ad

ad


第8回小映画会「独裁者」20220625
第8回憲法を考えるちいさな映画の会(試写会)『独裁者』

第8回憲法を考えるちいさな映画の会(試写会)『独裁者』

シバサシ
憲法を考える映画の会―小さな上映会@中野『シバサシ―安里清信の残照―』

憲法を考える映画の会―小さな上映会 @中野 “抗い”の軌跡を見つめ

第1回国分寺「荒野に希望の灯をともす」2022年5月15日オモテ
第1回 憲法を考える映画の会@国分寺『荒野に希望の灯をともす〜医師・中村哲 現地活動35年の軌跡〜』

第1回 憲法を考える映画の会@国分寺 「中村哲さんと日本国憲法を考え

第64回「憲法映画祭2022」3月2日入稿原稿オモテ
憲法映画祭2022

憲法映画祭2022   「憲法映画祭2022」

「自主制作映画見本市8」20220313オモテ
自主制作・上映映画見本市#8

自主制作・上映映画見本市#8   自主制作映画見本市 #8  日

→もっと見る

PAGE TOP ↑