*

あいちトリエンナーレ《表現の不自由展:その後》再開を明日につなげる報告集会

公開日: : 最終更新日:2019/10/10 イベント, 作品紹介

『あいちトリエンナーレ 《表現の不自由展:その後》』再開を 明日につなげる 表現ネット10月14日 報告集会
と き:2019年10月14日(月・休)13時半~16時半
ところ:文京区民センター 3A会議室(地下鉄春日駅A2出口2分・後楽園駅4B出口4分)

10月14日報告集会用チラシ(1010版その2)
プログラム:(一部予定)
13時半〜15時半
① あいちトリエンナーレ 《表現の不自由展:その後》再開を目指した活動報告
② ゲストスピーチ 「表現の自由をいかに市民はとりもどすか?」
山田健太さん(専修大学教授・ジャーナリズム学)
表現ネット代表世話人、賛同人、呼びかけ人 ほか
③ 会場から発言、メッセージ,アピール
15時半〜16時半
④ これからの「表現の自由を市民の手に市民ネットワーク」の活動、その課題について
参加費:1000円
主 催:表現の自由を市民の手に 全国ネットワーク 

その再開を目指して、みなさんとともに声を上げてきた「あいちトリエンナーレ 《表現の不自由展:その後》」が
10月8日再開されました。

そこでの、これまでの活動、行動をもとに、これからどのように「表現の自由を市民のものにしていくか」話し合い発展させていく表現ネットの報告集会を開きたいと思います。
そしてこれからの私たちの活動をどのように作り上げていくか、みなさんといっしょに考えて行きたいと思います。

ゲストスピーチとして、専修大学教授の山田健太先生に「表現の自由をいかに市民はとりもどすか?」お話しいただくとともに,表現ネット代表世話人はじめ、「あいちトリエンナーレ 《表現の不自由展:その後》」再開に向けての向けての活動の当事者、会場からの発言,討議を予定しています。

そしてまたこの間にもなお各地で起きている「表現の自由」侵害・妨害事件を明らかにし、表現ネットとしてどのようにそれらに向かっていくかについても話し合いたいと思います。
ぜひお誘い合わせの上ご参加ください。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

私たちは「再開」を勝利と酔う気持はありません。
「私たちは闘った」と誇る気もありません。
起きた問題自体があまりにもひどく、情けなくなるものであったのと「補助金取り消し」の官邸の介入はあまりに醜いものなのに、何も片付いてないからです。

この事件で、7月に設立したばかりの「表現ネット」はおおいに試されました。
私たちは、「ここで何をするべきか」「何をしていくのが再開に向けて有効か」「この展覧会を中止に追い込んだ勢力の暴挙を糾し、踏み込まれた権利侵害を押し戻し,その押し戻していく力をより強固なものにしていくためには、どのように動くのが役に立つか」考えながら行動しました。

この2ヶ月あまりの私たちの動き方は,この表現ネットが、これから「『表現の自由への侵害、妨害行為』に対して、市民の立場から、抗議と原状回復、再発防止の運動を創りあげていくか」を指し示すものになります。

10月14日は、もともと「表現ネット秋の総会・報告会」のためにスケジュールに入れておいた時間でした。
期せずして「あいちトリエンナーレ事件の総括」を論じることになりますが、私たちの活動をこれからどう創っていくか,この機会にきっちり話し合っていきたいと思います。
ぜひ、ご参加ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

9月6日《表現の自由展:その後》中止を許さず再開を求める院内集会&記者会見
と き:2019年9月6日(金)14時30分(13時45分ロビーにて入館証配布開始)
ところ:東京・衆議院第2議員会館 多目的室
アピール:志田陽子 中垣克久 田島泰彦 門奈直樹 ほか出展作者

20190906集会チラシオモテ 20190906集会チラシウラ

9月6日院内集会チラシのダウンロードはこちら

愛知トリエンナーレ資料20190828版
9月6日院内集会資料集(抗議・再開要求声明48団体・有志!)のダウンロードはこちら

表現の不自由展中止事件チラシ20190814-2

【集会案内】

201983日(土)中止記者会見
84日(日)新聞報道
87日(水) 名古屋・愛知「県民の会」記者会見(県政記者クラブ)
https://www.youtube.com/watch?v=uN2yd8Fn5zk&feature=youtu.be

8月7日(水)東京「表現の自由を市民の手にネットワーク」記者会見& 緊急集会(衆議院第二議員会館)
全動画(OurPlanet-TV) https://youtu.be/cFdWKXxBi2I

817日(土) 東京《表現の不自由展:その後》中止を許さず、再開のために
何ができるか!緊急上映会&集会
映画『ハトは泣いている』(文京区民センター)
緊急上映会「ハトは泣いている」+緊急集会20190817 表現の不自由展中止事件チラシ20190814-2 表現の不自由展中止事件チラシ20190814-2ウラ

822日(木) 東京・緊急シンポ「表現の不自由展・その後」中止事件を考える (文京区民センター)

 

824日(土) 名古屋・「表現の不自由展・その後」の再開を求める8.24集会& デモin名古屋(名古屋市・栄公園)

 手元資料のダウンロードはこちら【約3M】

あいちトリエンナーレ《表現の不自由展その後》再開に向けて緊急集会20190823資料-3
906日(金) 東京・《表現の自由展:その後》中止を許さず再開のために何が できるか!緊急集会3 (衆議院第2議員会館 多目的ホール)
*院内緊急集会に先立ち、会議特派員協会記者会見、官邸要 請行動を予定

 

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事

スクリーンショット(2014-06-23 0.13.48)

「解釈改憲に反対する市民行動」カレンダーをつくりました

「解釈改憲に反対する市民行動」カレンダーのご案内 随時、解釈改憲に反対する市民行動を紹介して行きま

記事を読む

yahishi

教えられなかった戦争・沖縄編 阿波根昌李鴻・伊江島のたたかい

大平洋戦争の激戦地となり、民間人にも多くの死者を出した沖縄の近・現代史についての長篇記録映画

記事を読む

圧殺の海オモテ

圧殺の海─沖縄・辺野古

映画「圧殺の海─沖縄・辺野古」のご案内 2014 年7月1日、安倍首相が集団的自

記事を読む

87

八十七歳の青春 市川房枝生涯を語る

映画「八十七歳の青春 市川房枝生涯を語る」 1981年制作・120分・村山英治監督

記事を読む

第41回「ザ・思いやりパート2」20180224

『ザ・思いやりパート2 希望と行動編』

『ザ・思いやりパート2 希望と行動編』   チラシpdf 「第41回憲法を考える映画の

記事を読む

禁じられた歌声_poster_01

禁じられた歌声

禁じられた歌声 監督:アブデラマン・シサコ 2014年/フランス・モーリタニア映画/97

記事を読む

%e3%82%82%e3%81%86%e4%b8%80%e3%81%a4%e3%81%ae%e7%b4%84%e6%9d%9f

『もう一つの約束』

『もう一つの約束』 2014年 韓国映画 115分 キム・テユン監督 【上映情報】

記事を読む

renkou

証言 中国人強制連行

1942年秋、東条内閣は中国人の強制連行を閣議決定。主に中国の華北地方で行われた強制連行作戦

記事を読む

140612戦争をさせない1000人委員会集会

戦争をさせない1000人委員会「全国署名提出集会と抗議行動」ご案内

戦争をさせない1000人委員会が6月12日、全国署名提出集会と抗議行動を行います。 日時:6月12

記事を読む

ひまわり

ひまわり ~沖縄は忘れないあの日の空を~

映画「 ひまわり ~沖縄は忘れないあの日の空を~ 」 ■あの悲惨な沖縄戦から生き延びた沖縄

記事を読む

ad

ad


「靖国・地霊・天皇」上映とお話の会-2オモテ
「遠近を抱えてPART2」「靖国・地霊・天皇」上映会

「遠近を抱えてPART2」「靖国・地霊・天皇」上映会   【上映情

天皇制を考える20191012
特別講演会 「現代天皇制による『心の支配』」

憲法を考える映画の会 映像とお話 特別講演会  10月22日即位の礼

第53回「ニジノキセキ」20191026コピー3
映画「ニジノキセキ─「4.24」の未来へ、七色の架け橋─」

映画「ニジノキセキ─「4.24」の未来へ、七色の架け橋─」

「自主制作映画見本市#2」オモテ190923
自主制作・上映映画見本市#2

自主制作・上映映画見本市#2   と き:2019年9月23日

10月14日報告集会用チラシ(1010版その2)
あいちトリエンナーレ《表現の不自由展:その後》再開を明日につなげる報告集会

『あいちトリエンナーレ 《表現の不自由展:その後》』再開を 明日につな

→もっと見る

PAGE TOP ↑