*

「ぶっとばせ弾圧!」7.12新宿デモ」のご案内

公開日: : お知らせ, イベント

「ぶっとばせ弾圧!」7.12新宿デモ」のご案内

反原発運動・秘密法反対運動への不当逮捕や、警察の職質・デモ規制…
問題を広く伝え、変えるための反弾圧デモ、開催!

日時:2014年7月12日(土)16時:新宿アルタ前広場集合・アピール17時デモ出発

アルタ前ではさまざまな弾圧の当事者や支援者がアピールします。(チラシ裏面参照)

デモは新宿繁華街の中心部を練り歩きます。

主催7.12反弾圧デモ実行委員会

ぶっとばせ弾圧7.12新宿デモぶっとばせ弾圧7.12新宿デモチラシ裏面

****************************************

【連絡先:救援連絡センター】

個人的な感想ですが、チラシの連絡先の「救援連絡センターTEL03-3591-1301」を見て懐かしさを感じました。

この電話番号はかつて「獄入り意味多い(ゴクイリイミオオイ)」と教わった番号のままなのではなのかな、と思ったからです。デモに参加して、もし逮捕されるようなことになったら、この電話番号を取り調べの警察官に伝えて後は黙秘するように」と教えられたのです。「あとは救援連絡センターの弁護士が対応し、不当逮捕によるでっち上げの起訴をさせないようにする」とデモの前の集会で説明されました。

43年くらいのことです。

といっても、過激なデモに参加していたわけではありません。ベ平連のデモとか市民主体のデモです。あの頃もそうした比較的おだやかなデモであっても、不当な逮捕があり、そうした注意が参加者に呼びかけられていたんだと思います。

【感激・愕然・憤り】

そして今回、「集団的自衛権行使容認反対」官邸前集会で配られていたこのビラを見て、40年以上、この救援連絡センターの地道な活動が市民運動を支えてきたんだ、と感激すると共に、とくにチラシ裏面を見て40年前以上に、市民がデモをする、直接行動によって意見を述べる、訴えるアピールすることに対して権力が弾圧を加えたり、不当逮捕されないまでも参加者に圧力を加えていることに憤りを感じました。

そしていま「秘密保護法」が実施される中で、その危険がますますエスカレートしていくことがおおいに察せられます。

映画『標的の村』に描かれたスタップ訴訟(裁判)が示すように「座り込み」という反対のための最後の抗議の手段に対しても国は裁判の被告にしてそれを見せしめのようにして権力の行使に異議を唱える市民に対して抑えつけています。

チラシ裏面を見ても「6)警察官の暴行で次々殺されている。「保護房」を無くそう!」に書かれていることを読んでも、こんなことが行われていることを知らないでいたことに震撼とさせられ、これが不当逮捕と結びつくと、戦前の特高警察の小林多喜二虐殺と全く同じではないか、と遠い過去にいた亡霊がすぐ目の前に表れたような思いがしました。

【安倍政権のねらいとその実現によって】

安倍政権成立以来そうした思いばかりさせられ、それが自分の「思い」や「危惧」だけで無く着々と現実のものになるように進められています。暗然とします。ますます安倍さんは、戦後の長い間国民や市民が積み上げかち得てきた権利とそれの支えになってきた憲法を壊し、戦前に回帰し、権力の思いのままの政治、社会をつくり出したいと思い、詭弁を弄して実行していると感じますし、次々押し切られているのが現実です。

でも、国会で多数を占め、反対するものの弱みを握り、メディアを思い通りに抑え、不都合なことを知らしめまいとして、そこそこに成功している安倍さんの先に何があるのか。彼らはその何ら論理の無さ(破綻する以前です、もともとない)ことが明らかになり、流れが変わることを恐れるから、市民の直接行動が拡大するのを恐れ、このような弾圧や規制、圧力をかけさせまいとする行為を繰り返すのだと思います。

【私たちになお残されているのは】

私たちは、ほぼ最後の手段として直接行動からはじめて、伝えて、拡げて、、力にすることだ、とこのチラシ一枚に、救援連絡センターの変わらない活動に力づけられました。S.H.

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事

約束・名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯

【更新】映画『約束 名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯』

作品紹介に、映画『約束 名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯』の案内を追加更新しました。 死刑

記事を読む

十代の君たちへ

書籍『十代の君たちへ─ぜひ読んでほしい憲法の本 日野原重明著』のご案内

書籍の紹介になりますが、いま、日本国憲法を知り考えたいと思っている人たちにそして、日本国憲法につ

記事を読む

yugon

【更新】「証言 侵略戦争」「証言 中国人強制連行」「証言 20世紀からの遺言」の3作品を追加

「日本の戦争」シリーズの第2弾。「証言 侵略戦争」「証言 中国人強制連行」「証言 20世紀

記事を読む

51lsHl6FmmL._SL500_SL160_

書籍「漫画家たちの戦争」のご案内

書籍「漫画家たちの戦争」のご案内 昨年刊行された全集ですが、こどもたちに戦争をどう伝えるかをマンガ

記事を読む

6.15新宿デモ

「集団的自衛権」行使容認反対のさまざまな行動提起のご案内

「集団的自衛権」行使容認反対のさまざまな行動提起のご案内 いよいよ大詰めです、という言い方は使いた

記事を読む

kodomo

憲法を考えるWebサイトを立ち上げました!

「憲法を考える映画」Webサイトをベータ版を公開しました。 これからどんどん充実させて

記事を読む

東京新聞「平和ブランドに傷」

「平和ブランド」に傷

「平和ブランド」に傷 8月12日東京新聞記事(こちら特報部) 69年前の8月、日本人の多くが心から

記事を読む

sato_main_B5

映画「さとにきたらええやん」

映画「さとにきたらええやん」 2015年/日本/100分 重江良樹監督   【映画

記事を読む

アムネスティ・フィルム・フェスティバル表

アムネスティ・フィルム・フェスティバル2015

アムネスティ・フィルム・フェスティバルのご案内 政府を批判するだけで投獄される、 紛争下で人びと

記事を読む

第22回案内チラシ「ハーツ・アンド・マインズ」151128()

第22回憲法を考える映画の会のご案内

第22回憲法を考える映画の会 『ハーツ・アンド・マインズ』を見て 私たちが今巻き込まれようと

記事を読む

ad

ad


第47回「南京!南京!」20181208入稿時
映画『南京!南京!』

映画『南京!南京!』 【上映情報】 第47回憲法を考える映画の

1201市民メディアチラシ181128修正
「われわれに今、表現の自由はあるか?」映画と講演の市民集会

「われわれに今、表現の自由はあるか?」映画と講演の市民集会 〜地域・

20181118国際勇気映画祭2018
国際有機農業映画祭2018

国際有機農業映画祭2018 と き:2018年11月18日(

第46回「OKINAWA1965」20181010一部修正2
映画『OKINAWA 1965』

映画『OKINAWA 1965』   【上映

ねりま沖縄映画祭2018オモテ
ねりま沖縄映画祭2018 わたしの沖縄 あなたの沖縄

ねりま沖縄映画祭2018 わたしの沖縄 あなたの沖縄   【上映案

パンドラ創立31周年1
時代とともに パンドラ創立31周年特集上映

時代とともに パンドラ創立31周年特集上映 2018年9月15日(土

→もっと見る

PAGE TOP ↑