*

飯舘村の母ちゃんたち 土とともに

公開日: : 最終更新日:2016/11/04 上映会, 人権を守る憲法, 作品紹介, 原発を考える

飯舘村の母ちゃんたち 土とともに

原発事故から5年 古居みずえ監督が描く

へこたれない母ちゃんたちの愛しき友情ストーリー

2016年/95分/HD/ドキュメンタリー

o1020140413713289040

【上映情報】

「ふるさとの喪失に向き合う「飯舘村の母ちゃんたち 土とともに」上映、シンポ 古居みずえ 他(2016/11/05・国立駅)
と き:11月5日 土曜日(一橋祭2日目)12:00 4時間程度(予定)
ところ:一橋大学 如水会百周年記念インテリジェントホール
参加費:無料
主 催:一橋大学〈福島〉の今を伝えるプロジェクト、エスラボ(連絡先:lm141027@g.hit-u.ac.jp村山)
『飯舘村の母ちゃんたち 土とともに』上映&トーク
と き::2016 年 11 月 5 日(土)午後 6 時 30 分上映(6 時 20 分開場)
1、午後6時30分〜上映
  『飯舘村の母ちゃんたち 土とともに』上映(95 分)
         (古居みずえ監督 2016 年)
2、・『あの日から 5 年、帰りたけれど、帰れない。』
    (飯館村からの避難者・村上日苗さんのお話)
 ・参加者の感想・意見交流と脱原発の取り組みアピール
   (午後9時15分までには終了予定)
ところ:ひと・まち交流館京都 第4・第5会議室(3階)
案内:http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html
TEL:075―354―8711
参加費:1000円
主 催:ピースムービーメント実行委員会
映画|『飯舘村の母ちゃんたち 土とともに』(2016/08/11・東武東上線大山駅)
と き:8月11日(木・休)10時半~/13時半~/18時~
ところ:いたばしグリーンホール2階ホール(東武東上線大山駅)
映 画:『飯舘村の母ちゃんたち 土とともに』
プログラム:10時半~/13時半~/18時~
要申込み:上映委(03-5943-1888)

【映画の解説】

菅野榮子(かんの・えいこ/写真右)さんは79歳。
孫に囲まれた幸せな老後を送るはずが、
福島第一原発の事故で一転する。
榮子さんが暮らす福島県飯舘村は全村避難となり、
ひとりで仮設住宅で暮らすことになった。

支えは親戚であり友人の78歳の
菅野芳子(かんの・よしこ/写真左)さんだ。
芳子さんは避難生活で両親を亡くし、
ひとりで榮子さんの隣に移ってきた。
「ばば漫才」と冗談を飛ばし、互いを元気づける、
2人の仮設暮らしが始まった。

榮子さんの信条は、食べるものは自分で作ること。
ふたりで畑を耕し、トマト、キュウリ、芋、大豆、
大根、様々な作物を収穫する。
かぶや白菜の漬物、おはぎ、にんじんの胡麻和え・・・、
「おいしいよ」と笑顔で食卓に手料理を並べる。
村の食文化を途絶えさせたくないと、
昔ながらの味噌や凍み餅(しみもち)の作り方を、
各地に出向いて教えるようにもなった。

飯舘村では帰村に向けた除染作業が行われている。
だが高い放射線量、変わり果てた風景・・・。
ふたりは先の見えぬ不安を語り合い、
泣き笑いながら、これからを模索していく。

355980_001

355980_003

maxresdefault

【予告編】

映画「飯舘村の母ちゃんたち 土とともに

https://www.youtube.com/watch?v=H6uLziTEb0s

【キャスト・スタッフ】

出演:菅野榮子 菅野芳子
監督・撮影:古居みずえ
プロデューサー:飯田基晴/ 野中章弘 編集:土屋トカチ 整音:常田高志
宣伝協力:東風 配給:映像グループ ローポジション
製作
協力:映像グループ ローポジション/ アジアプレス・インターナショナル
製作:映画「飯舘村の母ちゃん」制作支援の会
2016年/95分/HD/ドキュメンタリー

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事

野獣たちのバラードリーフレット

ありふれたファシズム─野獣たちのバラード─

ありふれたファシズム─野獣たちのバラード─ の作品紹介 1971年日本での公開時は、邦題が『野獣た

記事を読む

oshie

やーさん ひーさん しからーさん ─集団疎開学童の証言─

やーさん(ひもじい)ひーさん(寒い)しからーさん(寂しい) もう一つの沖縄戦─ それは

記事を読む

第37回「戦ふ兵隊・日本の悲劇」20170731

戦ふ兵隊 日本の悲劇

第37回憲法を考える映画の会 と き:2017年8月27日(日)13:30~16:30 ところ:

記事を読む

ありふれたファシズムジャケット写真

ありふれたファシズム

ありふれたファシズム 野獣たちのバラード 原題名:Ordinary Fascism 1965

記事を読む

メイシネマ祭2015

「メイシネマ祭 2015」のご案内

「メイシネマ祭 2015」のご案内 おかげさまでメイシネマ上映会25周年お越しをお待ちしています

記事を読む

kenpo

映画日本国憲法

■戦後60年目を迎えた2005年、自衛隊のイラク派兵をきっかけに憲法についての踏み込んだ議論

記事を読む

福島映画祭2014-1

福島映像祭2014

福島映像祭2014のご案内 日時:2014年9月20日(土)〜26日(金) 会場:ポレポレ東中野

記事を読む

1937

南京1937

日中戦争下の南京で日本軍が行ったいわゆる“南京大虐殺”を描いた実録歴史ドラマ。監督は「太陽山

記事を読む

第22回案内チラシ「ハーツ・アンド・マインズ」151128()

第22回憲法を考える映画の会のご案内

第22回憲法を考える映画の会 『ハーツ・アンド・マインズ』を見て 私たちが今巻き込まれようと

記事を読む

ニッポンの嘘

ニッポンの嘘 報道写真家福島菊次郎90歳

  ニッポンの嘘 報道写真家福島菊次郎90歳 ■問題自体が法を犯したものであれ

記事を読む

ad

ad


第43回「500年─独裁者を裁くのは誰か?」「グラニート」20180509決定稿
映画『500年─権力者を裁くのは誰か?』

映画『500年─権力者を裁くのは誰か?』   「第43回憲法を

朝日新聞2018年5月1日
「憲法を考える映画の会」紹介記事(朝日新聞)

「憲法を考える映画の会」紹介記事(朝日新聞) と き:2018年

憲法を考える映画のリスト2018オモテ
「憲法を考える映画のリスト」2018年版

「憲法を考える映画のリスト」2018年版 「憲法を考える

第42回憲法映画祭2018(3月11日修正原稿)オモテ
憲法映画祭2018

憲法映画祭2018 2018年4月29日(日)30日(休) 国立オ

第41回「ザ・思いやりパート2」20180224
『ザ・思いやりパート2 希望と行動編』

『ザ・思いやりパート2 希望と行動編』   チラシpdf

→もっと見る

PAGE TOP ↑