*

“私”を生きる

公開日: : 最終更新日:2014/05/20 作品紹介, 憲法と共に生きる, 憲法を考える映画

ikiru

職員会議では職員の意向を確認するための挙手・採決を行うことを禁止され、 卒業式や入学式で国歌である君が代の斉唱・起立を職務命令で強制されるなど、教師たちの言論が急激に統制されてきている東京都の教育現場。その巨大な流れに抗う3人の教師たち、根津公子、佐藤美和子、土肥信雄。

教育における自由と民主主義を守るために孤独な闘いを続ける彼らに対する弾圧は、身体をも蝕むような理不尽さに満ちている。『”私”を生きる』は教育論を超えて、自分が自分であるために歩んできた人々の物語である。

ikiru_sub

作品情報
 
作品時間74分
監督(製作年)土井敏邦(2010年)
販売・上映土井敏邦(doitoshikuni@mail.goo.ne.jp)
DVD販売4,000円(個人)10000円(団体=10人未満の上映権込み)
自主上映10人未満:1万円 10人以上 50人未満:3万円 
         50人以上 100人未満:5万円100人以上:500円 X 人数 (いずれもDVDを購入しての上映)
公式HPhttp://www.doi-toshikuni.net/j/info/ikiru.html

 

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事

映画「在日」

映画『在日』

映画『在日』 【映画『在日』解説】 映画「在日」河正雄 光復(解放)50年を記

記事を読む

第33回「武器なき斗い」20170225

武器なき斗い

武器なき斗い 『武器なき斗い』(140分)監督:山本薩夫 上映会案内チラシはこちらか

記事を読む

annai

戦争案内

明治以来日本が起こした戦争は、いったい誰がなぜ始めたのだろうか?アジア各国への長年の 取材と

記事を読む

mangekyo

憲法万華鏡

いま、「憲法」をテーマに映像で何が表現できるのだろうか? 様々な人々が様々な方法で「憲法」をテ

記事を読む

ひまわり

ひまわり ~沖縄は忘れないあの日の空を~

映画「 ひまわり ~沖縄は忘れないあの日の空を~ 」 ■あの悲惨な沖縄戦から生き延びた沖縄

記事を読む

軍隊を捨てた国オモテ

映画『軍隊をすてた国』

映画『軍隊をすてた国』   解説 中米コスタリカ共和国は、軍隊を廃止してから半世紀以上

記事を読む

流血の記録 砂川1

映画「流血の記録 砂川」

流血の記録 砂川 1957年制作 日本映画(ドキュメンタリ−) 57分 亀井文夫 監督作品

記事を読む

doro

泥にまみれた靴で 未来につなぐ証言 侵略戦争

1931年から15年におよんだ侵略戦争で加害者となった兵士たちは、人間性を奪われ、鬼へとわっ

記事を読む

第41回「ザ・思いやりパート2」20180224

『ザ・思いやりパート2 希望と行動編』

『ザ・思いやりパート2 希望と行動編』   チラシpdf 「第41回憲法を考える映画の

記事を読む

1937

南京1937

日中戦争下の南京で日本軍が行ったいわゆる“南京大虐殺”を描いた実録歴史ドラマ。監督は「太陽山

記事を読む

ad

ad


「自主制作映画見本市」190408入稿時
自主制作・上映映画見本市

自主制作・上映映画見本市 「自主制作・上映映画見本市」 2

第50回「憲法映画祭2019」オモテ
憲法映画祭2019

憲法映画祭2019のご案内   と き:2019年4月26日(

第49回「天から落ちてきた男」190302入稿用
映画「天から落ちてきた男」

映画「天から落ちてきた男」 【上映情報】 第49回憲法を考える

わたしの描きたいこと
映画「わたしの描きたいこと─絵本作家クォン・ユンドクと『花ばぁば』の物語」

映画「わたしの描きたいこと─絵本作家クォン・ユンドクと『花ばぁば』の物

1201市民メディアチラシ181128修正
「われわれに今、表現の自由はあるか?」映画と講演の市民集会

「われわれに今、表現の自由はあるか?」映画と講演の市民集会 〜地域・

→もっと見る

PAGE TOP ↑