*

戦場ぬ止み

戦場ぬ止み

監督:三上知恵

2015年 日本 129分

戦場ぬ止み

 

【劇場予告編】

【上映情報】

http://ikusaba.com/jyouei/

都道府県 会場名 上映日 詳細 備考
東京都 国立市公民館 2016年1月17日(日) 詳細
埼玉県 プラザイースト 映像シアター 2016年1月24日(日) 詳細 ◎各回上映後、仲宗根 和成さん(辺野古海上抗議船「勝丸」船長)によるトーク
埼玉県 越谷市中央市民会館劇場 2016年1月25日(月) 詳細
神奈川県 杜のホールはしもと 2016年2月5日(金) 詳細
群馬県 藤岡市総合学習センター 2016年2月20日(土) 詳細
千葉県 サンプラザ市原 2016年2月21日(日) 詳細
神奈川県 藤沢市民会館 小ホール 2016年2月21日(土) 詳細
東京都 田町交通会館6階ホール 2016年2月25日(土) 詳細
栃木県 益子町中央公民館 2016年2月27日(土) 詳細
群馬県 館林市文化会館 小ホール 2016年3月4日(金) 詳細
東京都 板橋文化会館 小ホール 2016年3月30日(水) 詳細 14:00の回上映後、豊田直巳さん(フォトジャーナリスト)による<スライド&トーク>あり
東京都 大田区民ホール アプリコ小ホール 2016年5月11日(水) 詳細

【解説】

日本にあるアメリカ軍基地・専用施設の74%が密集する沖縄。今、辺野古の海を埋め立てて最新のアメリカ軍基地が作られようとしている。巨大な軍港 を備え、オスプレイ100機が配備されるそれは、もはや普天間基地の代替施設などではない。2014年8月14日、大浦湾を防衛局と海上保安庁の大船団が 包囲。日本政府は機関砲を装備した大型巡視船まで投入して、建設に抗議するわずか4隻の船と20 艇のカヌー隊を制圧した。陸上でもなんとか工事を止めよ うと市民が座り込みを続ける。基地を作るのは防衛局だが、市民の前に立ちはだかるのは沖縄県警機動隊と民間警備会社。国策に引き裂かれ、直接ぶつかり合う のは県民同士だ。「私を轢き殺してから行きなさい」と工事車両の前に身を投げ出したのは、あの沖縄戦を生き延びた85歳のおばあ。彼女にとって沖縄はずっ といくさの島、それを押し付けるのは日本政府だった。

沖縄の怒りは臨界点を超えた。11月の県知事選は保革を越えた島ぐるみ闘争に発展。「イデオロギーよりアイデンティティー」と新基地建設反対の翁 長雄志氏が圧勝、続く衆院選でも民意を叩きつけた。しかし国策は止まらない。海上の抗議活動を屈強な「海猿」たちが排除していく。日々緊張を増す現場で負 傷者や逮捕者が出る……。はたして今、沖縄で本当は何が起きているのか?

本作で三上智恵監督(『標的の村』「海にすわる~辺野古600日の闘い~」)が描くのは激しい対立だけではない。基地と折り合って生きざるをえな かった地域の人々の思いと来し方。苦難の歴史のなかでも大切に育まれた豊かな文化や暮らし。厳しい闘争の最中でも絶えることのない歌とユーモア。いくさに 翻弄され続けた70年に終止符を打ちたいという沖縄の切なる願いを今、世界に問う。

監督:     三上智恵
プロデューサー:橋本佳子 木下繁貴
撮影:     大久保千津奈
監督補:    桃原英樹
配給:     東風

書籍販売

【自主上映の案内】

http://ikusaba.com/jyouei/

合同会社 東風 上映会係

〒160-0022 東京都新宿区新宿5丁目4-1 新宿Qフラットビル306号室

TEL: 03-5919-1542 (平日11:00~18:00) FAX: 03-5919-1543

E-mail: info@tongpoo-films.jp

◆上映料金
1日の上映につき、基本上映料金として60,000円(税込)
※1日に何回上映しても、基本上映料は60,000円です。2日目以降は、基本上映料が30,000円になります。
(※2日目以降とは、連続した日程のことです。日数が空く場合は、1回ごとの上映会としてカウントいたします。)
◆有料上映の場合
有料入場者数が150人までは60,000円
※150人を越えた場合は有料入場者数×400円が上映料金になります。
※2015年内開催の上映会に限り、鑑賞料の金額は当日一般料金を999円以上に設定してください。

ex)有料入場者数が200人の場合
50人×400円=20,000円+基本料60,000円=80,000円
◆無料上映会の場合
無料入場者数が300人までは60,000円
※300人を越えた場合は追加料金がかかります。お問い合せください。
※全国劇場公開中のため2015年内は鑑賞料を徴収しない「無料上映会」は開催できません (沖縄県を除く)。
※2015年内に沖縄県外で研修会・勉強会等の、公に告知をしない団体内部での「無料上映会」を希望の場合は、別途詳細をお問合せください。

 

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事

hn

ヒロシマナガサキ

白い光、黒い雨、あの夏の記憶―『はだしのゲン』の中沢啓治氏ら14人の被爆者と、原爆投下に関与

記事を読む

日本と原発オモテ

『日本と原発』

映画『日本と原発』   【解説】 この映画は、弁護士河合弘之と盟友弁護士海渡雄一、訴訟を共に闘

記事を読む

20110701_949745

Peace ピース

Peace ピース 監督・製作・撮影・編集:想田和弘 2010年/HD/日本、アメリカ、韓国/7

記事を読む

わたしの描きたいこと

映画「わたしの描きたいこと─絵本作家クォン・ユンドクと『花ばぁば』の物語」

映画「わたしの描きたいこと─絵本作家クォン・ユンドクと『花ばぁば』の物語」 上映情報 と き

記事を読む

圧殺の海オモテ

圧殺の海─沖縄・辺野古

映画「圧殺の海─沖縄・辺野古」のご案内 2014 年7月1日、安倍首相が集団的自

記事を読む

fal

ファルージャ

2004年にイラクで起きた日本人人質事件の人質となった高遠菜穂子さんと、今井紀明さんのその後

記事を読む

自由と壁とヒップホップ

自由と壁とヒップホップ

自由と壁とヒップホップ 音楽に境界はない!!! パレスチナのヒップホップムーブメントを取り上げた

記事を読む

レーン

レーン・宮沢事件 もうひとつの12月8日

■いま初めて映像化される“国家秘密体制”の爪痕 レーン・宮沢事件とは 太平洋戦争開戦

記事を読む

第46回「OKINAWA1965」20181010一部修正2

映画『OKINAWA 1965』

映画『OKINAWA 1965』   【上映案内】 第46回 憲法を

記事を読む

第7回小映画会「言わねばならないこと」20190702

テレビドキュメンタリー番組『言わねばならないこと─新聞人 桐生悠々の警鐘』

テレビドキュメンタリー番組『言わねばならないこと─新聞人 桐生悠々の警鐘』 【上映情報】

記事を読む

ad

ad


第52回「ひろしま」「ピカドン」20190810
映画「ひろしま」

映画「ひろしま」   【上映情報】 と き:2019年8

第7回小映画会「言わねばならないこと」20190702
テレビドキュメンタリー番組『言わねばならないこと─新聞人 桐生悠々の警鐘』

テレビドキュメンタリー番組『言わねばならないこと─新聞人 桐生悠々の警

第51回「沖縄から叫ぶ戦争の時代」「宮古島からのSOS」20190630オモテ
第51回憲法を考える映画の会(2019/6/30)

第51回憲法を考える映画の会『 沖縄から叫ぶ戦争の時代 』『 宮古島か

第8回浦安ドキュメンタリー映画祭
第8回うらやすドキュメンタリー映画祭

第8回うらやすドキュメンタリー映画祭(千葉・浦安市)のご案内

「自主制作映画見本市」190408入稿時
自主制作・上映映画見本市

自主制作・上映映画見本市 「自主制作・上映映画見本市」 2

→もっと見る

PAGE TOP ↑