*

映画「裁判所前の男」

公開日: : お知らせ, 人権を守る憲法, 作品紹介

映画『裁判所前の男』

監督:松原明

2015年/日本/65分ドキュメンタリー 制作・配給:ビデオプレス

裁判所前の男オモテ 裁判所前の男ウラ

上映の情報

と き:1月15日(金) 18時半~21時
ところ:スペースたんぽぽ(水道橋駅下車、ダイナミックビル4階、地図
http://www.tanpoposya.net/main/index.php?id=336
テーマ:映画「裁判所前の男」上映とトーク
主 催:人権と報道・連絡会(03-3328-7609 山際)

と き:2016年1月28日(木)19時より                         ところ:東京ボランティア・市民活動センター(03-3235-1171)
東京・飯田橋セントラルプラザ10階
東京都新宿区神楽河岸1-1JR中央線・地下鉄飯田橋駅下車 徒歩1分            上映後、監督の松原明さんと主人公・大髙正二さんを交えたトーク&ディスカッション有

『裁判所前の男』映画の解説

裁判所批判を続ける大髙正二さん(写真)のドキュメンタリーです。2007年から2013年までの7年間を記録したものです。

「裁判官は証拠資料をちゃんと読め」「裁判官の数を増やせ」「撮影・録音の自由を」など、ごくまっとうの訴えを裁判所前で連日行ってきた大髙さんは、裁判所の目の上のタンコブでした。
大髙さんは、2010年に裁判所内にカメラ付きケータイを持ち込んだことを理由に強制退去させられ、そのときに守衛を殴ったという理由で「公務執行妨害、傷害」罪で逮捕されました。本人は事実無根と否定しましたが、3年近く勾留されました。
国家権力が「もの言う人間」をひねりつぶそうとしたのです。
果たしてその事件の真相は? 公判が行われた「恐怖の429号警備法廷」の実態は? 秘蔵映像を通して、知られることのなかった裁判所の闇が浮かび上がります。映画の中で元裁判官・生田暉雄弁護士も登場し、「裁判所の実態」を告発します。

勇気とは何か?正義とは何かを考えさせる映画でした。そうしたことをもっと考えさせる教育をすべきと思います。勇気や正義についてちゃんと考える個人が育って、日本国憲法が実現するのだ、と思いました。(法学館憲法研究所「シネマ・DE・憲法」記事http://www.jicl.jp/now/cinema/backnumber/20150420.htmlより転載)

予告編

【予告編】https://www.youtube.com/watch?v=9Hdi4nIB78s

●「私は無罪です」大高正二・最終陳述書 2013年9月25日はこちらから

裁判所前の男

【映画情報】

監督:松原明
製作:ビデオプレス
公開:2015年5月 上映時間:本編65分
*上映貸出など、お問い合わせは、ビデオプレスTEL03-3530-8588まで。

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事

スクリーンショット(2014-06-23 0.13.48)

「解釈改憲に反対する市民行動」カレンダーをつくりました

「解釈改憲に反対する市民行動」カレンダーのご案内 随時、解釈改憲に反対する市民行動を紹介して行きま

記事を読む

41NVMK63SXL-1

白バラの祈り

白バラの祈り ヒトラー独裁政権末期、人々に“自由“を呼びかけた“白バラ“のメンバーで、戦後、ド

記事を読む

yasukuni

靖国 YASUKUNI

脅迫、抗議などを怖れ、上映前から大きな話題を呼び、上映が決まってからも、急遽上映を取りやめる

記事を読む

kenpo

映画日本国憲法

■戦後60年目を迎えた2005年、自衛隊のイラク派兵をきっかけに憲法についての踏み込んだ議論

記事を読む

onekill

One Shot One Kill

米海兵隊・ブートキャンプ(新兵訓練所)の12週間の訓練に密着した衝撃作 人は人を殺すように

記事を読む

東京新聞「平和ブランドに傷」

「平和ブランド」に傷

「平和ブランド」に傷 8月12日東京新聞記事(こちら特報部) 69年前の8月、日本人の多くが心から

記事を読む

国分寺9条の会1409-1

「私たちは国分寺まつりに出店を拒否されました」

「私たちは国分寺まつりに出店を拒否されました」 国分寺9条の会から会報が届きました。 8月3

記事を読む

20110701_949745

Peace ピース

Peace ピース 監督・製作・撮影・編集:想田和弘 2010年/HD/日本、アメリカ、韓国/7

記事を読む

ありふれたファシズムジャケット写真

ありふれたファシズム

ありふれたファシズム 野獣たちのバラード 原題名:Ordinary Fascism 1965

記事を読む

アルマジロ

アルマジロ

映画「アルマジロ」 デンマーク映画/制作2010年/105分 監督: ヤヌス・メッツ 20

記事を読む

ad

ad


第43回「500年─独裁者を裁くのは誰か?」「グラニート」20180509決定稿
映画『500年─権力者を裁くのは誰か?』

映画『500年─権力者を裁くのは誰か?』   「第43回憲法を

朝日新聞2018年5月1日
「憲法を考える映画の会」紹介記事(朝日新聞)

「憲法を考える映画の会」紹介記事(朝日新聞) と き:2018年

憲法を考える映画のリスト2018オモテ
「憲法を考える映画のリスト」2018年版

「憲法を考える映画のリスト」2018年版 「憲法を考える

第42回憲法映画祭2018(3月11日修正原稿)オモテ
憲法映画祭2018

憲法映画祭2018 2018年4月29日(日)30日(休) 国立オ

第41回「ザ・思いやりパート2」20180224
『ザ・思いやりパート2 希望と行動編』

『ザ・思いやりパート2 希望と行動編』   チラシpdf

→もっと見る

PAGE TOP ↑