*

第73回憲法を考える映画の会『流血の記録 砂川』

第73回憲法を考える映画の会『流血の記録 砂川』

と き:2023年12月23日(土)13時半〜16時40分

ところ:文京区民センター3A 会議室(地下鉄春日駅 2分・後楽園駅 5分)

プログラム

13:30〜13:40 砂川基地闘争について
13:45〜14:45 映画『流血の記録・砂川』(56分)
14:55〜15:55 砂川事件関連参考映像(59分)
16:00〜16:40 坂田和子さん(砂川事件国賠訴訟原告)のお話&トークシェア

参加費:一般 1000円 学生・若者 無料

第73回「流血の記録砂川」20231223チラシ(11月30日版)オモテ

 

12月23日の映画回の「手元資料」pdf(完成圧縮版)ダウンロードはこちらから

「流血の記録 砂川」手元資料表紙(12月15日版)

 

【解説】

映画流血の記録 砂川』1957年制作/56  

日米行政協定による一片の命令で、砂川の人々は祖先代々の土地を追われることになった。農民たちの必死の抵抗も警官隊の出動で破られ第一次測量を許す。そして昭和三十一年十月、砂川の町には全国から応援に集ってきた数千の労働組合員や全学連の学生たちの姿が見られた。
強制測量が始まり、数日間は小競合いが続く。ついに十月十二日、千三百の警官隊出動。
ピケ隊はもみくちゃにされ、数多い負傷者が出る。翌十三日、武装した警官隊は細雨をついてスクラム陣の中におどりこんだ。警棒の突撃、乱打と鉄カブトの頭突き。殴り合い、突き倒し、砂川の町は地獄の様相を呈するのだった。世論は警官隊の暴行と政府の無策にわきかえり、十四日夜、ついに今年度の測量中止が発表された。

企画:砂川闘争記録映画制作委員会 製作:大野忠
撮影:武井大 植松永吉城所敏夫 勅使河原宏 大野快 亀井文夫
音楽:長澤勝俊 録音:奥野重之助 大橋鉄也 大野松夫
編集:亀井文夫 豊富靖 渡辺正己 岸富美子 解説:寺島信子
製作・日本ドキュメント・フィルム社

今回のプログラムで考えたいこと

 反戦と生活のために、市民が国家と闘った「砂川基地闘争」は憲法との関わりにおいていくつもの重要な意味をもっています。
砂川闘争と砂川裁判を知ることを通して、戦後日本の政治がどのように憲法をねじ曲げて、日米安保体制を強め、軍備を拡張し「戦争する国」をつくってきたかがわかります。
住民の声に耳を傾けず、ひたすら力で軍事基地建設や拡張を強行する姿勢は、いまも南西諸島の基地で強行私たちが直面している軍拡と戦争への道につながっています。
この映画を見て、日米安保の推進のために、政治が何をしてきたか、それによって憲法がどうなし崩しにされてきたか、またそれに対して、市民がどのように闘ってきていまがあるかを、知り、学び、考えていきたいと思います。

 

 

 

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事

第8回小映画会「独裁者」20220625

第8回憲法を考えるちいさな映画の会(試写会)『独裁者』

第8回憲法を考えるちいさな映画の会(試写会)『独裁者』 【試写会情報】 第9回憲

記事を読む

1937

南京1937

日中戦争下の南京で日本軍が行ったいわゆる“南京大虐殺”を描いた実録歴史ドラマ。監督は「太陽山

記事を読む

mangekyo

憲法万華鏡

いま、「憲法」をテーマに映像で何が表現できるのだろうか? 様々な人々が様々な方法で「憲法」をテ

記事を読む

10569068_10152171252706836_5619608196899509430_n

「パレスチナ・ガザのドキュメンタリー映画 8.8 緊急上映会のご案内

「パレスチナ・ガザのドキュメンタリー映画 8.8 緊急上映会 Here and Now 私たちにで

記事を読む

メイシネマ祭2015

「メイシネマ祭 2015」のご案内

「メイシネマ祭 2015」のご案内 おかげさまでメイシネマ上映会25周年お越しをお待ちしています

記事を読む

0524hokoku

第12回「憲法を考える映画の会」のご報告

5月24日14時半〜16時半東京体育館第4会議室で映画「死んどるヒマはない─益永スミコ86歳

記事を読む

心のケアの必要な子どもたちがポーランドに招かれた

【報告】第2回憲法を考えるちいさな映画の会

【報告】第2回憲法を考えるちいさな映画の会 本日(8月17日)予定通りきっかり15時〜19時半まで

記事を読む

onekill

One Shot One Kill

米海兵隊・ブートキャンプ(新兵訓練所)の12週間の訓練に密着した衝撃作 人は人を殺すように

記事を読む

KANBATSUNODAICHI

アフガン 干ばつの大地に用水路を拓くー治水技術7年間の記録

アフガン 干ばつの大地に用水路を拓くー治水技術7年間の記録 【上映情報】 「アフガン 干

記事を読む

第72回「鶴彬」20230921上映会2オモテ

第72回憲法を考える映画の会『鶴彬 こころの軌跡』

第72回憲法を考える映画の会『鶴彬 こころの軌跡』 【上映会情報】 2023年10月21日(

記事を読む

ad

ad


第76回「アトミック・カフェ」20240629案内チラシ(20240607)テスト版表
第76回憲法を考える映画の会『アトミック・カフェ』

第76回憲法を考える映画の会『アトミック・カフェ』 第76回

第8回むのたけじ反戦塾案内チラシ2024年6月15日版オモテ
第8回 むのたけじ反戦塾(2024年6月15日)

第8回 むのたけじ反戦塾 日時:2024年6月15日(土)13:30

第75回憲法映画祭2024(2024・4・29)入稿版オモテ
憲法映画祭2024

憲法映画祭2024 「憲法映画祭2024」(第75回憲法を考

第7回むのたけじ反戦塾案内チラシ2024年3月20日版
第7回むのたけじ反戦塾

第7回むのたけじ反戦塾 第7回むのたけじ反戦塾 日

第74回「サイレントフォールアウト」20240203案内チラシ2
第74回憲法を考える映画の会『サイレント・フォールアウト 乳歯が語る大陸汚染』

第74回憲法を考える映画の会『サイレント・フォールアウト 乳歯が語る大

→もっと見る

PAGE TOP ↑