*

無知の知

公開日: : お知らせ, 作品紹介, 原発を考える

無知の知

無知の知オモテ  無知の知ウラ

【映画の概要】

私は私自身が「原発」について「何も知らない」ということを知っている。だからこそ聞いて見たかった。そして福島に行ってみなければならなかった。(監督:石田朝也)
原子力は、未来永劫わたしたちの文明を照らす光だろうか? 東日本大震災と福島第一原発事故を経験したわたしたちはその神話を必ずしも信じることは
もうできない。しかし発展した文明を手放すこともできずにいる…。2011年の大震災、そして原発事故以降、監督・石田朝也は「原発」に疑問を持った。
自分の目で確かめるため福島の人々や震災直後の混乱した官邸と福島第一原発の状況を知る当時の内閣関係者のインタビューを決行。そして「原発って何?」と原子力工学の第一人者に聞き、「新しいエネルギー」について太陽光発電関係者に尋ねる。
そこから見えてくるのは、それぞれの立場から描き出される日本の未来の設計図。そしてそれぞれの正義。
「何しにきた!」と怒られたり、「不勉強な」と呆れられたりするものの、歩みを止めない、怖いもの知らずの“無知な男”石田監督。その突撃インタビューの記録。

公式ホームページ

http://muchinochi.jp/gaiyou.html

監督・編集:石田朝也

ゼネラル プロデューサー:大塚馨

エグゼクティブ プロデューサー:北島成治・松本典丈・櫻井隆

アソシエイト プロデューサー:植田真仁

撮影:松崎高久 録音:小松一之

ラインプロデューサー:米倉宏一 音響設計:芹川賢

協力:株式会社ケイ・アイ・エス・株式会社PINE10・

   株式会社バルーン・アンド・カンパニー

特別協賛:パルシステム生活協同組合連合会 特設webサイト ▶︎ 特別協賛ドキュメンタリー映画「無知の知」

協 賛:生活クラブ事業連合生活協同組合連合会・生活クラブ生活協同組合 静岡・株式会社大地を守る会・グリーンコープ・東都生活協同組合

デジタル/カラー/モノラル/107分 企画・制作:株式会社大風 配給:アルゴピクチャーズ

製作:「無知の知」製作委員会 ©「無知の知」製作委員会2014

★『無知の知』 12/20より再上映、ラストスパート9DEYS!

作品詳細
予告編
公式サイト
公開初日~上映最終日 11/1 ~ ~ ~ 12/5
12/20 ~ 12/28
作品データ 2014/日本/107分/デジタル/カラー/モノラル
タイムテーブル
12/20(土)~28(日) 18:30
料金
当日 : 一般 1700円 / 大学・専門 1500円 / シニア 1100円

 【ニコ生割引実施】
 11/3の「無知の知」トークライブを観た方は当日料金から200円引で
ご覧になれます。
一般 1700円⇒1500円  / 大学・専門学生 1500円⇒1300円
 更に、11/15からのレイトショーではなんと500円引!
(一般1700円⇒1200円/大学・専門1500円⇒1000円
 ※シニア・中・高校生料金の割引併用はできません)
※トークライブ中に石田朝也監督がニコ生視聴者に誰に似てると言われて
いたか「監督は◯◯◯似」と窓口でお答えください。


前売 : 1300円 (Pコード:465-819)

イベント情報
☆【石田監督最後のお願い『無知の知』ラスト9days特別上映】舞台挨拶!!
12/20(土)~28(日)  上映後
ゲスト : 石田朝也監督 舞台挨拶

☆トークショー!!
12/22(月) 上映後
ゲスト : 末井昭(編集者)
石田朝也(本作監督)

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事

国分寺9条の会1409-1

「私たちは国分寺まつりに出店を拒否されました」

「私たちは国分寺まつりに出店を拒否されました」 国分寺9条の会から会報が届きました。 8月3

記事を読む

51WVbeVXe0L._SL500_AA300_

陸軍

陸軍 木下恵介監督 1944年 87分 【上映の機会】 「戦争と原発と人権を考える

記事を読む

首相官邸の前で

映画『首相官邸の前で』

映画『首相官邸の前で』 【映画の解説(チラシ・ホームページより転載)】 2012

記事を読む

ハトは泣いているオモテ

ハトは泣いている 時代(とき)の肖像

ハトは泣いている 時代(とき)の肖像 「公正中立」って何だ?民主主義って何だ?浮き彫りにされるキナ

記事を読む

main

【更新】『消えた画 クメール・ルージュの真実』を作品紹介にアップしました。

【更新】『消えた画 クメール・ルージュの真実』を作品紹介にアップしました。 プノンペンの戦

記事を読む

あとおいニュース第3号20130801表紙

あとおいニュース第3号

あとおいニュース第3号 あとおいニュース第3号20130801

記事を読む

shock

ショック・ドクトリン

20世紀の一時期、世界は資本主義から社会主義へ移行し、より平等な社会がやってくると信じる人々

記事を読む

10569068_10152171252706836_5619608196899509430_n

「パレスチナ・ガザのドキュメンタリー映画 8.8 緊急上映会のご案内

「パレスチナ・ガザのドキュメンタリー映画 8.8 緊急上映会 Here and Now 私たちにで

記事を読む

no_%e3%83%9b%e3%82%9a%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc

映画『NO(ノー)』

映画『NO(ノー)』 監督:パブロ・ラライン チリ映画 2012年制作 118分

記事を読む

空想の森映画祭

第19回空想の森映画祭

「第19回空想の森映画祭」のご案内 日時:9月13日(土)14日(日)15日(祝) 会場新得

記事を読む

ad

ad


第43回「500年─独裁者を裁くのは誰か?」「グラニート」20180509決定稿
映画『500年─権力者を裁くのは誰か?』

映画『500年─権力者を裁くのは誰か?』   「第43回憲法を

朝日新聞2018年5月1日
「憲法を考える映画の会」紹介記事(朝日新聞)

「憲法を考える映画の会」紹介記事(朝日新聞) と き:2018年

憲法を考える映画のリスト2018オモテ
「憲法を考える映画のリスト」2018年版

「憲法を考える映画のリスト」2018年版 「憲法を考える

第42回憲法映画祭2018(3月11日修正原稿)オモテ
憲法映画祭2018

憲法映画祭2018 2018年4月29日(日)30日(休) 国立オ

第41回「ザ・思いやりパート2」20180224
『ザ・思いやりパート2 希望と行動編』

『ザ・思いやりパート2 希望と行動編』   チラシpdf

→もっと見る

PAGE TOP ↑