*

自由と壁とヒップホップ

公開日: : お知らせ, 作品紹介

自由と壁とヒップホップ

音楽に境界はない!!!

パレスチナのヒップホップムーブメントを取り上げた初めての長編ドキュメンタリー。自身もパレスチナにルーツを持つ女性監督ジャッキー・リーム・サッローム替え楽、若者たちの音楽による非暴力の抵抗。中東の若者たちに芽生えた新しいカルチャーの動きを最先端で捉え、彼らが抱える社会的問題や歴史的背景の複雑さを映し出す。

ヒップホップと出会った若者たちは、音楽の力を使い、占領と貧困がもたらしている分断(占領地に設けられた検問所や分離壁)だけでなく、ジェンダー差別や世代ギャップに至るまで、自分たちを分かつさまざまな壁を乗り越えようとする。そこからみえてくるパレスチナやイスラエルのアラブ人たちの生き方や、彼らが模索する多様なアイデンティティのあり方はこれまでの“アラブ人像”を大きく変える。

自由と壁とヒップホップスチール❶

あらすじ

イスラエル領内のパレスチナ人地区で生まれた史上初のパレスチナ人ヒップホップ・グループ“DAM” 。彼らは言葉を紡ぐ。占領と貧困、差別により生きる意味を見いだせない若者たちのために。パレスチナ人としての誇りを失いかけている多くの人たちのため に。服役中の親を持ち、行き場のない子どもたちの前で夢を語り、社会的な制限や抑圧の多い女性たちに楽曲を提供し、ラッパーとして背中を押す。

DAMの音楽は国境、年齢、性別といった壁を越える。そして、彼らに影響を受けたガザ地区や西岸地区の若者たちもまたヒップホップを志 す。自身のおかれた苦難に立ち向かい、本来手にすべき自由を獲得するために。絶望的な状況をヒップホップのリズムに乗せ、歌うことは、これまで麻痺してい た感情や思考を再び呼びさます。彼らの作り出す曲は、同じ境遇を生きる人々の大きな共感を呼び、熱狂を持って迎えられた。絶望から生まれた叫びが、多くの 仲間たちの生きる希望に変わったのだ。

そんな彼らにDAMは最高のステージを用意する。各地で活躍するパレスチナ人ヒップホップ・グループを集めての音楽フェス。しかし、お 互いの居住地は分離壁や検問所により隔てられている。地理的、歴史的な断絶を音楽で補いあってきた彼ら。同じパレスチナ人として一緒に舞台に立ちたいとい う願いは、果たして叶うのか。

自由と壁とヒップホップスチール❷自由溶けベトヒップホップ❸

予告編

http://www.cine.co.jp/slingshots_hiphop/trailer.html

自由と壁とヒップホップチラシ表  自由と壁のヒップホップチラシ裏

作品情報

作品時間 86分

監督(製作年) ジャッキー・リーム・サッローム(2008年)

問い合わせ・販売先 シグロ

公式ホームページ http://www.cine.co.jp/slingshots_hiphop/

 

 

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事

新しい憲法草案の話2

書籍「新しい憲法草案のはなし」

書籍「新しい憲法草案のはなし」のご紹介 あたらしい憲法草案のはなし 自民党の

記事を読む

41NVMK63SXL-1

白バラの祈り

白バラの祈り ヒトラー独裁政権末期、人々に“自由“を呼びかけた“白バラ“のメンバーで、戦後、ド

記事を読む

flyer_omote_s

オマール、最後の選択

オマール、最後の選択   映画『オマール、最後の選択』について 主人公のオマールは、

記事を読む

annai

【更新】「戦争案内」「靖国 YASUKUNI」の2作品を追加

戦争を考える映画 日本の戦争2作品「戦争案内」「靖国 YASUKUNI」を掲載しました。

記事を読む

第22回案内チラシ「ハーツ・アンド・マインズ」151128()

第22回憲法を考える映画の会のご案内

第22回憲法を考える映画の会 『ハーツ・アンド・マインズ』を見て 私たちが今巻き込まれようと

記事を読む

沈黙を破る

沈黙を破る

■パレスチナ・イスラエル問題を20年以上にわたり取材してきたフリージャーナリスト、土井敏邦が

記事を読む

annai

戦争案内

明治以来日本が起こした戦争は、いったい誰がなぜ始めたのだろうか?アジア各国への長年の 取材と

記事を読む

new20140619

【緊急】「9.19安倍政治と平和・原発・基地を考える緊急集会」のご案内

今朝の東京新聞の記事で「平和や原発考える集会」「明大、会場提供を拒否」「1週間前急きょ」と報道さ

記事を読む

v65oai7fxn47qv9nectx-1

Twitterはじめました。

  「戦争を考える映画」のTwitterをはじめました。主に更新情報などを発信してい

記事を読む

メイシネマ祭2015

「メイシネマ祭 2015」のご案内

「メイシネマ祭 2015」のご案内 おかげさまでメイシネマ上映会25周年お越しをお待ちしています

記事を読む

ad

ad


第34回憲法映画祭2017(2017・3・20)オモテ
憲法映画祭2017

憲法映画祭2017   【憲法映画祭2017】のご案内

第33回「武器なき斗い」20170225
武器なき斗い

武器なき斗い 『武器なき斗い』(140分)監督:山本薩夫

テロ等準備罪は必要か?
上映会にインターネットTVの取材が来ました。

前回の『横浜事件を生きて』の上映会には,テレビ朝日系のインターネット報

第32回「小林多喜二」20170209 オモテ
映画「小林 多喜二」

映画「小林 多喜二」 今井正監督 1974年制作 119分 多喜二プ

スキャン 10
座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバル

ドキュメンタリーフェスティバル     2017年

→もっと見る

PAGE TOP ↑