*

琉球新報記事「海が戦場 県人犠牲」

公開日: : お知らせ, ごまめのはぎしり

琉球新報特集記事「海が戦場 県人犠牲」

海が戦場上

海が戦場下

8月13日琉球新報では「沖縄戦70年」の特集記事として1942年から1945年の戦時遭難船舶の話を3面にわたって紹介しています。

戦時下ではこのように民間の船舶が戦争に巻き込まれて沈没したと言うことを何となく知っていました。対馬丸事件という悲劇があったことも聞いていました。

しかしこの記事を見て、(沖縄関係戦時遭難船舶だけでも)こんなにも多くの民間のそれも引き揚げ船や疎開船が米軍の攻撃によって沈没し多くの犠牲を生んでいたことを知りませんでした。海の沖縄戦です。この写真の炎と煙の下、どのような阿鼻叫喚の苦しみがあったのでしょう。

いろいろなことを考えさせる特集記事でした。

「26隻、米軍が攻撃」

東京大空襲、ヒロシマナガサキ、朝鮮戦争やベトナム戦争、湾岸戦争、イラク、アフガニスタン戦争、アメリカ軍に限らず日本軍もどこの国の軍隊でも、あきらかに民間人とわかっていても攻撃ためらいもなく攻撃し、殺戮するのが軍隊なんだとあらためて感じました。何のために、「なぜ」はないのですね。

「軍事機密 事実は闇に」

戦時下においては、あるいは戦時体制下においては、自分たち(だれ?)に都合(どんな都合?)の悪いことは、ひとが何人死のうとも軍事秘密なんだなとあらためて思いました。そしていま「秘密保護法」によって、いつでもその便利な(だれにとって?)「事実を闇に」葬る道具は権力者の手にあって使い放題になるということ。

「軍事優先の住民疎開」「生存者や遺族の口封じ」

やはり連想してしまったのは5月15日、そして7月2日でしたか記者会見をしたときの安倍さんの得意そうな顔です。赤ちゃんを抱いたお母さんのイラストを中心に「邦人輸送中の米輸送艦の防護」集団的自衛権行使の筆頭にあげた事例であって、最も印象に残らせることをおそらく期待したあのイラストです。

母と子の乗っている軍艦の護衛

輸送艦(米軍艦)が民間人(邦人)を戦争からの避難のために乗せるなどあり得ないし、やらないという取り決めもあるにもかかわらず、それを批判されても二度も出してくると言うことは全く無知なのか、知っていて国民はこういう感情的な言い方をしていればだませると踏んでいるのか。

この沖縄の戦時遭難船舶の記事を見て、安倍さんが過去の戦争でどんなことがあったかもこれからの戦争が国民にとってどんな犠牲をもたらすものであるかも全く無知であるか、知ろうとしないか、想像もつかないか、それでいながら戦争できる体制、自分たちの都合の悪いことは隠し、都合良く事を運ぶのに便利な戦時体制を作ろうと躍起になっているという姑息で浅ましい姿を想像してしまったのです。

そしてまた、海に、島にどのような悲惨な戦争が在ったのかを顧みず、戦後、事実上の米軍政下に放置し、基地の島という戦時下同様な情況を押しつけ、いままたこの沖縄に力尽くで戦争を押しつけようとしているのが我が国の首相なのです。

「辺野古のブイ設置、くい打ちをもたもたせずにさっさとやれ」と防衛庁幹部を呼びつけて恫喝したのも首相だそうです。この暴走に対し、可能な限り、「人気」をおとしめ、倒閣する他ないのではないか、と思います。

琉球新報1面上 琉球新報1面下2琉球新報2面上琉球新報3面上琉球新報3面下

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事

写真

小平でもで考えたこと(子供たちにどう話せるか?)

【報告】小平デモに5日の日、行ってきました。 デモ行進がはじまる前のスピーチの最後は親子連れでした

記事を読む

第16回憲法を考える映画の会案内チラシオモテ(150220).pptx

第16回憲法を考える映画の会「証言 侵略戦争」のご案内

第16回憲法を考える映画の会は「証言 侵略戦争」三部作を見て話し合います。 第16回憲法を考える映

記事を読む

シチズンフォー

映画『シチズンフォー スノーデンの暴露』(原題:”CITIZENFOUR”)

映画『シチズンフォー スノーデンの暴露』(原題:"CITIZENFOUR") 2014年/アメリカ

記事を読む

第20回案内チラシ「誰も知らない基地のこと」150825(色-フェリオ).pptx

第20回 「憲法を考える映画の会」『誰も知らない基地のこと』

第20回 「憲法を考える映画の会」 『誰も知らない基地のこと』 第19回「憲法を考える映画の会」

記事を読む

市民行動カレンダー

市民行動カレンダーをリニューアルしました

「憲法を考える映画」ホームページの『市民行動カレンダー』を新しい体裁にしました。 http:/

記事を読む

野獣たちのバラードリーフレット

【更新】「ありふれたファシズム」の作品紹介・上映会案内

「ありふれたファシズム」の作品紹介 第14回憲法を考える映画の会に上映する「ありふれたファシズム─

記事を読む

「自主制作映画見本市#2」オモテ190923

自主制作・上映映画見本市#2

自主制作・上映映画見本市#2   と き:2019年9月23日(休・月)(9:30—20:0

記事を読む

琉球新報140611

「憲法を考える映画のリスト」が琉球新報に紹介されました。(2014年6月11日)

「憲法を考える映画のリスト」のご報告 5月24日の第12回憲法を考える映画の会」の時に「憲法を考え

記事を読む

無知の知オモテ

無知の知

無知の知   【映画の概要】 私は私自身が「原発」について「何も知らない」ということ

記事を読む

new20140619

【緊急】「9.19安倍政治と平和・原発・基地を考える緊急集会」のご案内

今朝の東京新聞の記事で「平和や原発考える集会」「明大、会場提供を拒否」「1週間前急きょ」と報道さ

記事を読む

ad

ad


第57回「地の塩」「人らしく生きよう」20201103・23(10月10日入稿時オモテ)
第57回憲法を考える映画の会『地の塩』

第57回憲法を考える映画の会『地の塩』 【上映会案内】 と き

「自主制作映画見本市4」200926入稿時原稿オモテ
自主制作・上映映画見本市 #4

自主制作・上映映画見本市#4 日時:2020年9月26日 (土)

第56回「ヤジと民主主義」「沖縄と本土 一緒に闘う」202000921
第56回憲法を考える映画の会「ヤジと民主主義」「沖縄と本土 一緒に闘う」

第56回憲法を考える映画の会 「ヤジと民主主義」「沖縄と本土 一緒に

17歳のウィーン
映画「17歳のウィーン」

映画『17歳のウィーン フロイト教授 人生のレッスン』(原題:Der

52hzLS_B1
映画「はちどり」

映画『はちどり』(英名:House of hummingbird)

→もっと見る

PAGE TOP ↑