*

【ご紹介】「日本政府の“邦人擁護”の実績は?(大貫 康雄)」

公開日: : ごまめのはぎしり

「【大貫 康雄】日本政府の“邦人擁護”の実績は?」のご紹介

集団的自衛権行使容認の閣議決定をめぐって,安倍総理の感情論に終始した言動が続いています。
日本人を乗せた米艦艇を自衛隊が守る事例を挙げ、「今挙げた事例で,憲法が国民の命を守る責任を果たさなくていいと行っているとは私にはどうしても思えない」と言っています。
しかしその事例は想定するにかなり突飛な事例であり、その対応として自衛隊を戦場(戦闘地域)に出すことが解決策なのかははなはだ疑問です。
では想定ではなくて,実際に過去に「邦人擁護」しなければならないときに日本政府はどうしたかについて,書かれたものを読み返しました。

【大貫 康雄】日本政府の“邦人擁護”の実績は?
文中、「イラク人質事件」については、いまいちど「そうだったんだ」と怒りがこみ上げてきました。
(この事件については「憲法を考える映画の会」が7月19日に予定している映画『ファルージャ』でも考えたいと思います。)

「集団的自衛権」行使の15事例については、東京新聞の半田滋さんが「まるわかり集団的自衛権」で毎日ひとつひとつ丁寧に、以下に「あり得ない」また「意味のない」事例を並べているかを説明してくれています。

http://ameblo.jp/heiwabokenosanbutsu/entry-11876178203.html

(東京新聞さんすみません、こちらがまとまっていて便利だったものですから)
安倍総理の感情的いいのがれが、いかに過去の事例や歴史や人々の気持ちにあるものを無視したものか、あらためて見直したいと思って紹介します。

写真はこの「「【大貫 康雄】日本政府の“邦人擁護”の実績は?」
(http://no-border.co.jp/archives/21805/)を見つけた「マスコミ9条の会」のページにあったものです。
「まず、総理から前線へ」「広告」1982年6月号
(デザイン:浅葉克己/コピー:糸井重里)

 

koukoku198206

『死んどるヒマはない』の益永陽子さんからいただいた手紙にあった益永スミコさんの「血を流したければ自分の血を流しなさいと安倍に言いたい。」という言葉に通じますね。

1982年の広告が、今通じるとは…

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事

640px-Gojira_1954_Japanese_poster

『GODZILLA』

映画『GODZILLA』を見に行ってきました。 おすすめの関連図書でご紹介した『映画で憲法を学ぶ』

記事を読む

写真

【報告】「『閣議決定』で戦争する国にするな!緊急国会行動」に行ってきました。

【報告】「『閣議決定』で戦争する国にするな!緊急国会行動」に行ってきました。 ◎6月9日 18

記事を読む

栁沢さん講演3

報告 「栁沢協二さんの講演『迷走する集団的自衛権』」から

報告「9条フェスタ市民ネット学習会」で栁沢協二さんの講演『迷走する集団的自衛権』を聞きました。

記事を読む

琉球新報1面上

琉球新報記事「海が戦場 県人犠牲」

琉球新報特集記事「海が戦場 県人犠牲」 8月13日琉球新報では「沖縄戦70年」の特

記事を読む

7月1日官邸前

市民の運動、活動について考えたこと

市民の運動、活動について考えたこと 7月1日に考えたこと。個人的な意見です。  

記事を読む

国分寺9条の会1409-1

「私たちは国分寺まつりに出店を拒否されました」

「私たちは国分寺まつりに出店を拒否されました」 国分寺9条の会から会報が届きました。 8月3

記事を読む

ラブ沖縄チラシ裏面

6月21日「憲法を考える映画の会(第1回ちいさな映画会)再ご案内

憲法を考える映画の会(第1回ちいさな映画会)の再ご案内 日時:6月21日(土)14時〜16

記事を読む

憲法9条、未来をひらく1

『9条の会』パンフレットの中の「憲法9条、未来を開く」のご紹介

『9条の会』パンフレットの中の「憲法9条、未来を開く」のご紹介 集団的自衛権行使容認をめぐる閣

記事を読む

vlcsnap-2014-08-18-22h55m11s74

軍隊のこと、軍人のこと、兵隊のこと、兵士のことをもっと考えたい。

軍隊のこと、軍人のこと、兵隊のこと、兵士のこともっと考えたい。 昨日の「第2回憲法を考えるちいさな

記事を読む

本会のコラム7月2日山口二郎

泣く子はきちんと叱り、地頭の横暴は許さないようにしましょう!

泣く子はきちんと叱り、地頭の横暴は許さないようにしましょう! 東京新聞の「本音のコラム」は7人の書

記事を読む

ad

ad


第44回「在日」20180726入稿時-2
映画『在日』

映画『在日』歴史編・人物編 【上映案内】 第44回憲法

第43回「500年─独裁者を裁くのは誰か?」「グラニート」20180509決定稿
映画『500年─権力者を裁くのは誰か?』

映画『500年─権力者を裁くのは誰か?』   「第43回憲法を

朝日新聞2018年5月1日
「憲法を考える映画の会」紹介記事(朝日新聞)

「憲法を考える映画の会」紹介記事(朝日新聞) と き:2018年

憲法を考える映画のリスト2018オモテ
「憲法を考える映画のリスト」2018年版

「憲法を考える映画のリスト」2018年版 「憲法を考える

第42回憲法映画祭2018(3月11日修正原稿)オモテ
憲法映画祭2018

憲法映画祭2018 2018年4月29日(日)30日(休) 国立オ

→もっと見る

PAGE TOP ↑