*

憲法を考える映画の会―小さな上映会@中野『シバサシ―安里清信の残照―』

憲法を考える映画の会―小さな上映会 @中野 “抗い”の軌跡を見つめる #2〈沖縄編II〉映画『シバサシ―安里清信の残照―』(2022/6/12・中野ゼロホール=中野駅)
シバサシ@中野オモテ  シバサシ@中野ウラ
と き:2022 年 6 月 12 日(日) 13:00~17:00
ところ:中野ゼロホール視聴覚室(本館地下 2 階)
JR 中野駅南口線路沿い新宿方向へ 5 分
参加費: 一般:1000 円 若者・学生・ハンディのある方:500 円
映画:『シバサシ―安里清信の残照―』(監督:輿石正)
(2012 年制作 90 分)
シバサシ
プログラム :
13:30~15:00 ドキュメンタリー映画『シバサシ―安里清信の残照― 』上映
休憩 15分
15:15~16:30 Q & A 輿石 正さん
日本〈復帰〉50 年。
“復帰”とはいったい何だったのか?
民意無視の基地継続・新基地建設。
今また〈ミサイル防衛網・要塞化〉が 強行されている琉球弧の島々・・・「沖縄」がわたしたちに鋭く問いかける。
監督:輿石 正
エンディング曲:「祈り歌」作詞作曲・山城美由紀/歌・ミーワムーラ
—「海はひとの母」
—「海と大地と共同の力」
—「沖縄の住民運動にリーダーはいらない」
「住民の一人一人が代表」 *沖縄住民運動家・思想家 安里清信。60 歳からのやり直し人生―「金武湾を守る会」と共に闘い抜いた「反 CTS(石油備蓄基地・巨大コンビナート)闘争」の中で生み出されたことば。
不屈の「抗いの意志」と「海と大地」への深い感謝と祈りに満ちたことば 。
「生存」をかけたその生きざまが、いま、わたしたちの胸を激しく揺さぶる。
シバサシ
沖縄諸島などで旧暦8月に行われる物忌(魔除けの行事)ススキなどを屋敷の四隅にさす
監督:輿石正さんのことば (2012年制作 DVD『シバサシ』ケース裏面より)
本土復帰とは何だったのか。
このねぼけた問いがまだ続けられねばならないのはなぜか。
1913 年、与那城村屋慶名で生まれ、中國山西省での激戦に従事し、深い悲しみをいだいて帰ってきた安里清信。
廃墟の沖縄で教員として生き、本土復帰の翌年、国策としての CTS (石油備蓄基地)をふくむ巨大な金武湾コンビナート計画に抗った安里清信。
もし 10 年にわたる「反 CTS 闘争」がなかったら、金武湾には原子力発電所ができていたことを、沖縄は 忘れてしまっている。
“沖縄の住民運動にリーダーはいらない”と言い続け、一人一人の 生存をかけた歩みを共に歩みぬいた安里清信。
「海はひとの母である」、その一点につっ 立ち、時の革新県政の「平和産業論」に対して抗い続けた安里清信。
屋慶名人(ヤケナン チュ)としての誇りにみちた 69 年間を生きぬいた。
それはそのまま、現在の沖縄そして日本本土を告発し超克する生き方であった。
飼いならされ、着ぶくれにあえぐ沖縄。
埋め立てられ続ける沖縄の海の底で、安里清信は “自分の生存は自分で創れ”と沖縄をつき放し、その海底森林で命の交歓の場をこしらえ ているだろう。
「金武湾を守る会」がつむぎ出したことば〈海と大地と共同の力〉、それ は一人一人が自分の生存の足元をかためるときにつかみとった祈りのことばでもあった。
安里清信生誕 99 年。山原の地より安里清信に会いに行く。
憲法を考える映画の会(http://kenpou-eiga.com/)
小さな上映会@中野 連絡先:090-4756-7655(石谷・坂口)

 

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事

第2回国分寺憲法をる映考え画の会20220717オモテ

闇に消されてなるものか 写真家 樋口健二の世界

映画『闇に消されてなるものか 写真家 樋口健二の世界』 【上映情報】 第2回 憲法を

記事を読む

10年後の空へ

10年後の空へ OKINAWAとフクシマ

10年後の空へ OKINAWAとフクシマ 【上映情報】 ▪️上映可能 →上映会

記事を読む

highpower_jp_v5

映画「ハイ・パワー:大いなる力」

映画「ハイ・パワー:大いなる力」 映画「印・タラプール原発を描いた映画「ハイ・パワー:大いなる力」

記事を読む

yahishi

教えられなかった戦争・沖縄編 阿波根昌李鴻・伊江島のたたかい

大平洋戦争の激戦地となり、民間人にも多くの死者を出した沖縄の近・現代史についての長篇記録映画

記事を読む

o1020140413713289040

飯舘村の母ちゃんたち 土とともに

飯舘村の母ちゃんたち 土とともに 原発事故から5年 古居みずえ監督が描く へこた

記事を読む

沈黙を破る

沈黙を破る

■パレスチナ・イスラエル問題を20年以上にわたり取材してきたフリージャーナリスト、土井敏邦が

記事を読む

renkou

証言 中国人強制連行

1942年秋、東条内閣は中国人の強制連行を閣議決定。主に中国の華北地方で行われた強制連行作戦

記事を読む

日本と原発オモテ

『日本と原発』

映画『日本と原発』   【解説】 この映画は、弁護士河合弘之と盟友弁護士海渡雄一、訴訟を共に闘

記事を読む

第65回憲法を考える映画の会『TOMORROW明日』2022年8月13日 3(7月25日版)オモテ

第65回憲法を考える映画の会『TOMORROW 明日』上映会

第65回憲法を考える映画の会『TOMORROW 明日』上映会 【上映会情報】 第65

記事を読む

第7回小映画会「言わねばならないこと」20190702

テレビドキュメンタリー番組『言わねばならないこと─新聞人 桐生悠々の警鐘』

テレビドキュメンタリー番組『言わねばならないこと─新聞人 桐生悠々の警鐘』 【上映情報】

記事を読む

ad

ad


第66回「教育と愛国」 (2022年10月23日)入稿時オモテ
第66回憲法を考える映画の会『教育と愛国』上映会

第66回憲法を考える映画の会『教育と愛国』上映会

「自主制作映画見本市9」20220918-2オモテ
自主制作上映映画見本市#9

第9回自主制作上映映画見本市   自主制作上映映画見本市#9

第65回憲法を考える映画の会『TOMORROW明日』2022年8月13日 3(7月25日版)オモテ
第65回憲法を考える映画の会『TOMORROW 明日』上映会

第65回憲法を考える映画の会『TOMORROW 明日』上映会

第2回国分寺憲法をる映考え画の会20220717オモテ
闇に消されてなるものか 写真家 樋口健二の世界

映画『闇に消されてなるものか 写真家 樋口健二の世界』 【上

第8回小映画会「独裁者」20220625
第8回憲法を考えるちいさな映画の会(試写会)『独裁者』

第8回憲法を考えるちいさな映画の会(試写会)『独裁者』

→もっと見る

PAGE TOP ↑