*

闇に消されてなるものか 写真家 樋口健二の世界

映画『闇に消されてなるものか 写真家 樋口健二の世界』

第2回国分寺憲法をる映考え画の会20220717オモテ

【上映情報】

第2回 憲法を考える映画の会@国分寺
『闇に消されてなるものか
写真家 樋口健二の世界』上映会
 
と き:2022年7月17日(日)13:30〜16:40
ところ:国分寺リオンホール Aホール
プログラム:
13:30 ドキュメンタリー映画『闇に消されてなるものか 写真家樋口健二の世界』
15:00 トークシェア:樋口健二さん(報道写真家)永田浩三さん(本映画 監督)
 
『闇に消されてなるものか 写真家樋口健二の世界』
 
樋口さんは、自身を「売れない写真家」と呼ぶ。川崎の製鉄所の工員時代、ロバート・キャパ展に衝撃を受け、写真の道を志す。
大気汚染に苦しむ三重県四日市市、毒ガスが製造された広島県大久野島、国や企業を相手にした原発労働者の被曝訴訟などを取材。まなざしはいつも傷ついた民衆に向けられた。炉心付近で働く労働者を世界で初めて撮影することに成功した。
 
報道写真家・樋口健二さん。84歳。
日本人初の「核なき未来賞」を受賞するなど、世界的に評価が高い。半世紀にわたるフォト・ルポルタージュの軌跡を、圧倒的な語りによって振り返る。
 
2021年制作/80分/永田浩三監督/
ドキュメンタリー映画
 
(監督からの一言)
2012年新宿ニコンサロンで、安世鴻さんの中国に遺された日本軍「慰安婦」の写真展が不埒な攻撃で中止になりました。まさに表現の自由の危機。そのとき声を上げ応援に駆けつけてくださったのが樋口さん。地獄に仏でした。それ以来、おつきあいが始まりました。
わたしが勤務する武蔵大学前のギャラリー古藤で続く「江古田映画祭・福島を忘れない」。10年目の節目にこの作品をつくりました。樋口さんのひとを大事にする姿勢、妻節子さんへの思いの深さ、驚異の記憶力、語りの熱量にただただ圧倒されます。
樋口健二さんの写真集から)
四日市 樋口健二写真集
六月社書房、1972年
四日市─樋口健二写真集

フォトドキュメント 原発 樋口健二写真集
オリジン出版センター、1979年

毒ガス島 樋口健二写真集 大久野島毒ガス棄民の戦後
三一書房、1983年

山よろけ 北海道じん肺 樋口健二写真集
三一書房、1992年

原発 1973〜1995年 樋口健二写真集
三一書房、1996年

樋口健二報道写真集成日本列島’66‐’05
こぶし書房、2005年
樋口健二報道写真集成

原発崩壊樋口健二写真集
合同出版、2011年

新版 四日市 YOKKAICHI』写真集
こぶし書房、2014年



ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事

1201市民メディアチラシ181128修正

「われわれに今、表現の自由はあるか?」映画と講演の市民集会

「われわれに今、表現の自由はあるか?」映画と講演の市民集会 〜地域・民衆ジャーナリズムから新たな市

記事を読む

第41回「ザ・思いやりパート2」20180224

『ザ・思いやりパート2 希望と行動編』

『ザ・思いやりパート2 希望と行動編』   チラシpdf 「第41回憲法を考える映画の

記事を読む

sanga

いのちの山河 日本の青空Ⅱ

「日本国憲法」が施行されてから60年あまり。戦後の日本が60年以上もの間、かろうじて戦争をす

記事を読む

第16回憲法を考える映画の会案内チラシオモテ(150220).pptx

第16回憲法を考える映画の会「証言 侵略戦争」のご案内

第16回憲法を考える映画の会は「証言 侵略戦争」三部作を見て話し合います。 第16回憲法を考える映

記事を読む

17歳のウィーン

映画「17歳のウィーン」

映画『17歳のウィーン フロイト教授 人生のレッスン』(原題:Der Trafikant )

記事を読む

love

【上映会】「憲法を考える映画の会 ちいさな映画会」のおしらせ

「憲法を考える映画の会 ちいさな映画会」のおしらせ 日時:6月21日(土)14時〜16時半

記事を読む

mangekyo

憲法万華鏡

いま、「憲法」をテーマに映像で何が表現できるのだろうか? 様々な人々が様々な方法で「憲法」をテ

記事を読む

ラ時・スラーニさん

2014年ガザ攻撃で何が起こったのか

2014年ガザ攻撃で何が起こったのか ─ラジ・スラー二氏のガザ・パレスチナ上告と映画上映会─ 日

記事を読む

わたしの描きたいこと

映画「わたしの描きたいこと─絵本作家クォン・ユンドクと『花ばぁば』の物語」

映画「わたしの描きたいこと─絵本作家クォン・ユンドクと『花ばぁば』の物語」 上映情報 と き

記事を読む

hibaku

映画「ヒバクシャ 世界の終わりに」

映画「ヒバクシャ 世界の終わりに」 2003年制作 日本映画 116分 鎌仲ひとみ監督(2003

記事を読む

ad

ad


第65回憲法を考える映画の会『TOMORROW明日』2022年8月13日 3(7月25日版)オモテ
第65回憲法を考える映画の会『TOMORROW 明日』上映会

第65回憲法を考える映画の会『TOMORROW 明日』上映会

第2回国分寺憲法をる映考え画の会20220717オモテ
闇に消されてなるものか 写真家 樋口健二の世界

映画『闇に消されてなるものか 写真家 樋口健二の世界』 【上

第8回小映画会「独裁者」20220625
第8回憲法を考えるちいさな映画の会(試写会)『独裁者』

第8回憲法を考えるちいさな映画の会(試写会)『独裁者』

シバサシ
憲法を考える映画の会―小さな上映会@中野『シバサシ―安里清信の残照―』

憲法を考える映画の会―小さな上映会 @中野 “抗い”の軌跡を見つめ

第1回国分寺「荒野に希望の灯をともす」2022年5月15日オモテ
第1回 憲法を考える映画の会@国分寺『荒野に希望の灯をともす〜医師・中村哲 現地活動35年の軌跡〜』

第1回 憲法を考える映画の会@国分寺 「中村哲さんと日本国憲法を考え

→もっと見る

PAGE TOP ↑