*

ひまわり ~沖縄は忘れないあの日の空を~

公開日: : お知らせ, 上映会, 作品紹介, 沖縄を考える

映画「 ひまわり ~沖縄は忘れないあの日の空を~ 」

ひまわり

■あの悲惨な沖縄戦から生き延びた沖縄県民は、今度こそ戦争のない平和な時代をと一生懸命働いた。その矢先の1959年6月30日、突然、嘉手納基地から飛 び立った米軍のジェット戦闘機が石川市(現うるま市)へ墜落し民家を押しつぶしながら、宮森小学校へ炎上しながら激突した。住民6名、学童11名の尊い命 を一瞬に奪う大惨事となった。そこはまるで生き地獄の有様だった。沖縄戦で多くの命を失った県民にとって戦後の子ども達は正に沖縄の希望の星であった。遺 族をはじめ県民の嘆き悲しみは尽きることはなく52年たった今日まで続いている。この映画はその遺族・被害者たちの証言を元に制作され、今や沖縄だけでは ない日本人全体が抱える基地・外交問題などに大きな疑問投げかける久々の社会派ドラマである。2012年制作(監督:及川 善弘)

■DVD未販売 ■全国の配給会社:http://www.ggvp.net/himawari/agency.html

■公式ホームページ http://www.ggvp.net/himawari/

■予告編:http://www.youtube.com/watch?v=tkEJTaLGjls

【映画情報】

企画・製作:桂壮三郎

監督:及川善弘

原案/「石川・宮森ジェット機墜落事故証言集(石川・宮森630会編)」

脚本/大城貞俊、山田耕大  脚本協力/宜野座由子   製作/本村初枝  プロデューサー/森田勝政
撮影監督/前田米造(J.S.C)   撮影/岩崎登  照明/赤津淳一  録音/北村峰晴  編集/奥原好幸助監督/中里洋一  美術/春木章  音楽/山谷知明  視覚効果/田口清隆  スクリプター/堀北昌子
キャステイングプロデューサー/松永琴  協力プロデューサー/山本洋 宜野座映子

映画「ひまわり」製作委員会/ゴーゴービジュアル企画  沖縄県映画センター
主題歌/「ひまわり」 Civilian Skunk(アミディア/ポニーキャニオン)

ノベライゼーション/ひろはたえりこ(汐文社 刊)
配給/映画センター全国連絡会議 ゴーゴービジュアル企画    宣伝/トラヴィス  制作協力/青銅プロダクション

【上映会のご案内】

伊藤塾企画映画鑑賞会『ひまわり~沖縄は忘れない、あの日の空を~』(5月16日渋谷)

ひまわり鑑賞会チラシ

日時:2015年5月16日(土)14:30~17:30
会場: 伊藤塾 東京校(渋谷)
〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町17-5 TEL:03-5489-2153
入場無料:どなたでもご参加いただけます。

「実在の事件を基に 現在の日本に問う 沖縄の歴史と基地」

この映画は本土復帰40年企画作品として、実際に起こった2つの米軍機墜落事件をモチーフにして製作されました。
一つは1959年6月30日、アメリカ占領下での宮森小学校での事件、もう一つは2004年8月13日、本土復帰後の沖縄国際大学での事件です。
沖縄が日本に復帰して42年が経ちましたが、沖縄に存在する米軍基地の実態は復帰前とほとんど変わっていません。
日本の国土面積の0.6%しかない沖縄の地に、米軍施設の7割以上がひしめき、軍用機通過など訓練時の爆音により、周辺住民が人間らしい生活を営めないという理不尽な現状が今でも解消されていません。
「ひまわり」を鑑賞をすることで、苦しむ人の立場に立ち、一緒に基地問題を考えましょう。

監督:及川善弘、主演:長塚京三、須賀健太、能年玲奈、福田沙紀ほか

https://www.itojuku.co.jp/…/ot…/20150516_himawari/index.html

当日の流れ:
14:00~ 受付開始
14:30~ 主催者挨拶
法学館法律事務所代表弁護士/伊藤塾講師 山本有司
14:40~・沖国大 ヘリ墜落直後の映像放映(2004/8/13撮影)
・ 映画「ひまわり」鑑賞
16:40~ 司会挨拶、交流会
※ なお、当日は放映教室にて沖縄国際大学で起きたヘリ墜落
事故の現場周辺の写真の展示もご覧いただけます。
製作支援/映画「ひまわり」を成功させる沖縄県民の会 映画センター全国連絡会議 大阪教映社 中国共同映画
©2012年 映画「ひまわり」製作委員会

 

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事

love

【上映会】「憲法を考える映画の会 ちいさな映画会」のおしらせ

「憲法を考える映画の会 ちいさな映画会」のおしらせ 日時:6月21日(土)14時〜16時半

記事を読む

第36回「『テロリストは誰?』3

テロリストは誰?

テロリストは誰? 映画『テロリストは誰?』 2004年 フランク・ドリル:編集 120分

記事を読む

東京新聞「平和ブランドに傷」

「平和ブランド」に傷

「平和ブランド」に傷 8月12日東京新聞記事(こちら特報部) 69年前の8月、日本人の多くが心から

記事を読む

超訳特定秘密保護法

「秘密保護法を考える」ブックフェア

「秘密保護法を考える」ブックフェア 今回は5冊の本をご紹介します。各案内にあるアマゾンのリンク先か

記事を読む

fal

ファルージャ

2004年にイラクで起きた日本人人質事件の人質となった高遠菜穂子さんと、今井紀明さんのその後

記事を読む

ぼくたちは見た4

「第2回憲法を考える映画の会ちいさな映画会」のご案内

「第2回憲法を考える映画の会ちいさな映画会」(試写会)のご案内 「第2回憲法を考える映画の会ちいさ

記事を読む

shinryaku

証言 侵略戦争 人間から鬼へ、そして人間へ

三人の侵略戦争体験者は、自らの加害行為を語ってきた。子供の頃には虫も殺せなかった人間が、戦場

記事を読む

ハトは泣いているオモテ

ハトは泣いている 時代(とき)の肖像

ハトは泣いている 時代(とき)の肖像 「公正中立」って何だ?民主主義って何だ?浮き彫りにされるキナ

記事を読む

hisashi

井上ひさしさん九条を語る

  世界は九条の世界を実現しようとしている 2010年4月9日に亡くな

記事を読む

第34回憲法映画祭2017(2017・3・20)オモテ

憲法映画祭2017

憲法映画祭2017   【憲法映画祭2017】のご案内 と き:4月29日(祝)30日

記事を読む

ad

ad


第67回「日本原」 (2022年12月25日)入稿時オモテ
第67回憲法を考える映画の会『日本原 牛と人の大地』上映会

第67回憲法を考える映画の会『日本原 牛と人の大地』上映会

第66回「教育と愛国」 (2022年10月23日)入稿時オモテ
第66回憲法を考える映画の会『教育と愛国』上映会

第66回憲法を考える映画の会『教育と愛国』上映会

「自主制作映画見本市9」20220918-2オモテ
自主制作上映映画見本市#9

第9回自主制作上映映画見本市   自主制作上映映画見本市#9

第65回憲法を考える映画の会『TOMORROW明日』2022年8月13日 3(7月25日版)オモテ
第65回憲法を考える映画の会『TOMORROW 明日』上映会

第65回憲法を考える映画の会『TOMORROW 明日』上映会

第2回国分寺憲法をる映考え画の会20220717オモテ
闇に消されてなるものか 写真家 樋口健二の世界

映画『闇に消されてなるものか 写真家 樋口健二の世界』 【上

→もっと見る

PAGE TOP ↑