*

映画『在日』

公開日: : 最終更新日:2019/08/31 人権を守る憲法, 憲法を考える映画, 戦争を考える, 日本の戦争

映画『在日』歴史編・人物編
第44回「在日」20180726入稿時-2  在日下北沢オモテ  在日下北沢ウラ

【上映案内】
2019/09/06 映画「在日」上映会(東京・下北沢)

記録映画「在日」上映会
2019年9月6日(金)北沢タウンホール
第一部歴史篇 午後3時開場 3時30分開映
第ニ部人物篇 午後6時開場 6時30分開映(完全入れ替え制)
午後8時50分 アフタートーク ゲスト 足立正生
入場料 前売800円 当日900円
お問い合わせ 090ー7730-8412

映画「在日」上映会(東京・下北沢)の案内チラシのダウンロードはこちらから

********************************************

第44回憲法を考える映画の会
『映画「在日」』歴史編・人物編
と き:2018年8月25日(土)13時30分〜19時05分
ところ:文京区民センター 3A会議室(地下鉄・春日駅/後楽園駅)
プログラム:13時15分 開場
13時30分〜16時00分「在日」歴史編 (上映時間 135分)
16時10分〜16時40分 トークシェア
17時00分〜19時05分「在日」人物編 (上映時間 123分)
参加費:一般1000円 学生 500円
********************************************
 
【作品の紹介】
 
記録映画◆戦後在日五十年史 [在日]
 
日本の敗戦、つまり在日にとっての解放から50年に及ぶ“在日の軌跡”克明に描写した初めての作品。
さまざまなインタビューと貴重な記録映像で在日の戦後史を描き、日本の憲法をはじめとした“戦後民主主義とは何だったのか?”を鋭く問題提起している。
 
歴史は、俯瞰の視点から、そしてその時代を生きた、あるいは殺されていった民衆の具体的な視点から見つめ、検証することで初めてその実相に迫ることが出来る。
この映画はそうした両方の視点に立ち、「歴史編」「人物編」と言う構成になっている。
 
[歴史編] 国内ロケにとどまらずソウル、ワシントンDCに取材し貴重な資料撮影に成功。
解放直後の在日朝鮮人に深く関わった元GHQ担当官たちがこれまで語られることの無かった衝撃の新事実を証言する。
 
[人物編] 日本社会に住む在日一世、二世、三世の6人にスポットをあて現在の在日像をあぶり出していく。
 
製作:映画「戦後在日五十年史」製作委員会
監督:呉徳洙 助監督:金聖雄 
撮影:本田茂・石倉隆二・篠田昇
録音:本田孜 音楽:野沢美香 
ナレーター:原田芳雄        
制作:1997年
 
【今回、この作品を選んだのは…】
 
在日」の視点から見た戦後史──
それは私たちが、知り、考えていかなければならない戦争と「戦後」の日本。
 
日本の敗戦の日とされる8月15日は、朝鮮の人たちにとっては解放の日、光復節の日です。
また1923年、9月1日は関東大震災の日。日本人の手によって多くの朝鮮人の虐殺が始まった日です。
そこで8月25日の上映会は、映画『在日』を見て歴史を知り、考えていきたいと思います。
 
この映画は、戦後、在日という言葉が生まれて50年目の1995年に撮影、1997年完成の長編記録映画です。
主に「在日」朝鮮人の人たちによって、「在日」の視点から作られた「在日」の戦後史の映画です。
日本と朝鮮半島の歴史を知れば知るほど、朝鮮半島民族分断の責任は、日本という国が行った侵略と植民地支配にあることがわかってきます。朝鮮戦争においても日本は加害者でした。
 
そしてまた戦後の「在日」朝鮮人やその社会に対する日本という国の施策がどのようなものであったかを知ると、その欺瞞性、無責任さに恥ずかしい気持ちになります。それらを知らないでいることが日本人の意識の中の差別性を生んでいます。
 
あらためて日本の加害を真摯に反省することでしか近隣諸国の信頼を回復する手段はありません。
今、問われているのは私たちです。
 

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事

shock

ショック・ドクトリン

20世紀の一時期、世界は資本主義から社会主義へ移行し、より平等な社会がやってくると信じる人々

記事を読む

ANPOジャケット表

ANPO あの熱かった時代の「抵抗」のアート

ANPO あの熱かった時代の「抵抗」のアート 六十年安保当時、熱かった日本をアーティスト

記事を読む

banzai

アメリカばんざい Crazy as usual

格差社会の底辺から、戦場へと押し出されてゆくアメリカの若者たち・・・  米軍は「志願制

記事を読む

沈黙を破る

沈黙を破る

■パレスチナ・イスラエル問題を20年以上にわたり取材してきたフリージャーナリスト、土井敏邦が

記事を読む

kuroi

黒い太陽・南京

1937年7月7日、盧溝橋での発砲事件から、日本と中国は戦争状態に突入。しだいに戦線は拡大し

記事を読む

Hirokawa_B5_H1_N_ol

映画『広河隆一 人間の戦場』

映画『広河隆一 人間の戦場』 監督:長谷川三郎 2015年/HD/日本/98分/ドキュメンタリー

記事を読む

第38回「隠された爪痕」20170920

隠された爪跡 払い下げられた朝鮮人

第38回憲法を考える映画の会 と き:2017年10月14日(土)13:30~16:30 ところ

記事を読む

renkou

証言 中国人強制連行

1942年秋、東条内閣は中国人の強制連行を閣議決定。主に中国の華北地方で行われた強制連行作戦

記事を読む

第41回「ザ・思いやりパート2」20180224

『ザ・思いやりパート2 希望と行動編』

『ザ・思いやりパート2 希望と行動編』   チラシpdf 「第41回憲法を考える映画の

記事を読む

hima

死んどるヒマはない ─益永スミコ86歳

益永スミコさんは、1923年大分で生まれた。教育勅語で育ち「軍国少女」だった彼女は、助産婦と

記事を読む

ad

ad


第67回「日本原」 (2022年12月25日)入稿時オモテ
第67回憲法を考える映画の会『日本原 牛と人の大地』上映会

第67回憲法を考える映画の会『日本原 牛と人の大地』上映会

第66回「教育と愛国」 (2022年10月23日)入稿時オモテ
第66回憲法を考える映画の会『教育と愛国』上映会

第66回憲法を考える映画の会『教育と愛国』上映会

「自主制作映画見本市9」20220918-2オモテ
自主制作上映映画見本市#9

第9回自主制作上映映画見本市   自主制作上映映画見本市#9

第65回憲法を考える映画の会『TOMORROW明日』2022年8月13日 3(7月25日版)オモテ
第65回憲法を考える映画の会『TOMORROW 明日』上映会

第65回憲法を考える映画の会『TOMORROW 明日』上映会

第2回国分寺憲法をる映考え画の会20220717オモテ
闇に消されてなるものか 写真家 樋口健二の世界

映画『闇に消されてなるものか 写真家 樋口健二の世界』 【上

→もっと見る

PAGE TOP ↑