*

第62回憲法を考える映画の会『子どもたちの昭和史 第1部 大東亜戦争 第2部 15年戦争と教師たち』

公開日: : 最終更新日:2021/11/05 上映会, 作品紹介, 戦争を考える, 日本の戦争

第62回憲法を考える映画の会『子どもたちの昭和史』

20211121憲法を考える映画の会「子どもたちの昭和史」オモテ

【上映会情報】
第62回憲法を考える映画の会『子どもたちの昭和史』(2021/11/21)
と き:2021年11月21日 13時30分〜16時30分

ところ:文京区民センター3A会議室
(地下鉄春日駅A2出口2分・後楽園駅4b出口5分・JR水道橋駅東口15分)
参加費 一般:1000円 若者:500
プログラム:
13時30分 開会

13時40分 映画『子どもたちの昭和史
第1部大東亜戦争(53分)
第2部十五年戦争と教師たち(40分)
15時20分 休憩
15時30分 トークシェア(お話)
16時30分 閉会予定
「戦争は教室から始まる」「戦前の教育はすでに復活している」

映画『子どもたちの昭和史』は、1984年、東京都教職員組合の企画によって作られました。
戦争中、子どもたちを軍国少年に仕立てあげる教育の姿を、当時のニュース映像によって映し出し、その当時、そうした教育を受けた子ども達、および教育した立場の教師たちの「証言」によって明らかにします。

戦争に子どもたちを駆り立てていった戦前、戦中の教育とはどのようなものだったかについて、映画を見て考えていきたいと思います。
それが戦後一貫して、自民党政権が目指してきた「教育」のねらいと重なるからです。

テーマ:政治と教育、戦争に向かう教育考える

「若い人たちの多くは、批判することを悪いことだと思っているのではないか」。このような文章をある映画のパンフレットの記事で見つけたことが、今回の企画のきっかけです。「政治について話すと、場がシラケる」とか「空気を読まない」とか。でもそれは、若い人に限らず、私たちも同じように感じていることではありませんか。
「お上にはたてつくな」「出る杭は打たれる」……。
ずうっとそう言われ続けてきました。どうして自分で考えたことを主張することを抑えてしまうようになったのでしょうか。そこには、自分で考え、議論することをさせてこなかった戦後の教育への「政治」の圧力と介入があることに気がつきます。

一方において、自民党政治が戦後の教育に対して介入してきたことは、戦前の教育に引き戻すことでした。
「日の丸・君が代」の強制、侵略戦争や戦争責任を教科書から外す、教育目標から憲法を外す。政治を批判させない、戦争をする国に従わせる─そのための教育です。

そこでもう一度、「戦前・戦中の教育」とはどのようなものであったのか、その復活を目論む自民党や保守勢力は、戦後から現在に至る教育をどのように歪めてきたのか、きちんと捉え直したいと思います。
そして自分たちを含め、これからの人たちが自主自立した考えをもって行動して行くためにはどうしたら良いのか、一緒に考えていきたいと思います。

 

 

 

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事

sensouwoshinai

戦争をしない国日本

この映画は憲法公布60周年にあたり、日本国憲法とその平和主義をめぐる規定が、なぜ、どのように

記事を読む

第28回案内チラシ「焼け跡に生まれた憲法草案」オモテ面

焼け跡から生まれた憲法草案

焼け跡から生まれた憲法草案 NHKETV特集 2007年2月10日放送 90分 【上

記事を読む

hisashi

井上ひさしさん九条を語る

  世界は九条の世界を実現しようとしている 2010年4月9日に亡くな

記事を読む

「靖国・地霊・天皇」上映とお話の会-2オモテ

「遠近を抱えてPART2」「靖国・地霊・天皇」上映会

「遠近を抱えてPART2」「靖国・地霊・天皇」上映会   【上映情報】 2019年11月3

記事を読む

ファルージャチラシ表面

「ファルージャ」上映会(国分寺)のお知らせ

「ファルージャ」上映会(国分寺)のお知らせ   7月24日(木)7月25日(金)国

記事を読む

第49回「天から落ちてきた男」190302入稿用

映画「天から落ちてきた男」

映画「天から落ちてきた男」 【上映情報】 第49回憲法を考える映画の会 日 時:2019年

記事を読む

kato

加藤周一さん九条を語る

評論家として生き、運動に直接かかわることのなかった加藤さんが、自ら呼びかけ人となって実践にの

記事を読む

KANBATSUNODAICHI

アフガン 干ばつの大地に用水路を拓くー治水技術7年間の記録

アフガン 干ばつの大地に用水路を拓くー治水技術7年間の記録 【上映情報】 「アフガン 干

記事を読む

love

ラブ沖縄 @辺野古・高江・普天間

米軍基地問題に揺れる沖縄の各地で繰り広げられている抵抗運動を記録したドキュメンタリー。普天間

記事を読む

camera

壊された5つのカメラ パレスチナ・ビリンの叫び

■息子の誕生で手にしたカメラがパレスチナの現実を鮮明に写し出す パレスチナの民衆抵抗運

記事を読む

ad

ad


第66回「教育と愛国」 (2022年10月23日)入稿時オモテ
第66回憲法を考える映画の会『教育と愛国』上映会

第66回憲法を考える映画の会『教育と愛国』上映会

「自主制作映画見本市9」20220918-2オモテ
自主制作上映映画見本市#9

第9回自主制作上映映画見本市   自主制作上映映画見本市#9

第65回憲法を考える映画の会『TOMORROW明日』2022年8月13日 3(7月25日版)オモテ
第65回憲法を考える映画の会『TOMORROW 明日』上映会

第65回憲法を考える映画の会『TOMORROW 明日』上映会

第2回国分寺憲法をる映考え画の会20220717オモテ
闇に消されてなるものか 写真家 樋口健二の世界

映画『闇に消されてなるものか 写真家 樋口健二の世界』 【上

第8回小映画会「独裁者」20220625
第8回憲法を考えるちいさな映画の会(試写会)『独裁者』

第8回憲法を考えるちいさな映画の会(試写会)『独裁者』

→もっと見る

PAGE TOP ↑