*

第62回憲法を考える映画の会『子どもたちの昭和史 第1部 大東亜戦争 第2部 15年戦争と教師たち』

公開日: : 最終更新日:2021/11/05 上映会, 作品紹介, 戦争を考える, 日本の戦争

第62回憲法を考える映画の会『子どもたちの昭和史』

20211121憲法を考える映画の会「子どもたちの昭和史」オモテ

【上映会情報】
第62回憲法を考える映画の会『子どもたちの昭和史』(2021/11/21)
と き:2021年11月21日 13時30分〜16時30分

ところ:文京区民センター3A会議室
(地下鉄春日駅A2出口2分・後楽園駅4b出口5分・JR水道橋駅東口15分)
参加費 一般:1000円 若者:500
プログラム:
13時30分 開会

13時40分 映画『子どもたちの昭和史
第1部大東亜戦争(53分)
第2部十五年戦争と教師たち(40分)
15時20分 休憩
15時30分 トークシェア(お話)
16時30分 閉会予定
「戦争は教室から始まる」「戦前の教育はすでに復活している」

映画『子どもたちの昭和史』は、1984年、東京都教職員組合の企画によって作られました。
戦争中、子どもたちを軍国少年に仕立てあげる教育の姿を、当時のニュース映像によって映し出し、その当時、そうした教育を受けた子ども達、および教育した立場の教師たちの「証言」によって明らかにします。

戦争に子どもたちを駆り立てていった戦前、戦中の教育とはどのようなものだったかについて、映画を見て考えていきたいと思います。
それが戦後一貫して、自民党政権が目指してきた「教育」のねらいと重なるからです。

テーマ:政治と教育、戦争に向かう教育考える

「若い人たちの多くは、批判することを悪いことだと思っているのではないか」。このような文章をある映画のパンフレットの記事で見つけたことが、今回の企画のきっかけです。「政治について話すと、場がシラケる」とか「空気を読まない」とか。でもそれは、若い人に限らず、私たちも同じように感じていることではありませんか。
「お上にはたてつくな」「出る杭は打たれる」……。
ずうっとそう言われ続けてきました。どうして自分で考えたことを主張することを抑えてしまうようになったのでしょうか。そこには、自分で考え、議論することをさせてこなかった戦後の教育への「政治」の圧力と介入があることに気がつきます。

一方において、自民党政治が戦後の教育に対して介入してきたことは、戦前の教育に引き戻すことでした。
「日の丸・君が代」の強制、侵略戦争や戦争責任を教科書から外す、教育目標から憲法を外す。政治を批判させない、戦争をする国に従わせる─そのための教育です。

そこでもう一度、「戦前・戦中の教育」とはどのようなものであったのか、その復活を目論む自民党や保守勢力は、戦後から現在に至る教育をどのように歪めてきたのか、きちんと捉え直したいと思います。
そして自分たちを含め、これからの人たちが自主自立した考えをもって行動して行くためにはどうしたら良いのか、一緒に考えていきたいと思います。

 

 

 

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事

49h

東電テレビ会議 49時間の記録

「本店!本店!大変です!3号機が爆発しました!」故吉田昌郎元所長の緊迫した声を覚えている人は

記事を読む

第28回案内チラシ「焼け跡に生まれた憲法草案」オモテ面

焼け跡から生まれた憲法草案

焼け跡から生まれた憲法草案 NHKETV特集 2007年2月10日放送 90分 【上

記事を読む

広島・長崎原子爆弾の影響

第71回 憲法を考える映画の会「広島・長崎における原子爆弾の影響」

第71回 憲法を考える映画の会「広島・長崎における原子爆弾の影響」   第71回憲法を考える

記事を読む

ありふれたファシズムジャケット写真

ありふれたファシズム

ありふれたファシズム 野獣たちのバラード 原題名:Ordinary Fascism 1965

記事を読む

第41回「ザ・思いやりパート2」20180224

『ザ・思いやりパート2 希望と行動編』

『ザ・思いやりパート2 希望と行動編』   チラシpdf 「第41回憲法を考える映画の

記事を読む

第32回「小林多喜二」20170209 オモテ

映画「小林 多喜二」

映画「小林 多喜二」 今井正監督 1974年制作 119分 多喜二プロダクション製作

記事を読む

ikiru

“私”を生きる

職員会議では職員の意向を確認するための挙手・採決を行うことを禁止され、 卒業式や入学式で国歌

記事を読む

ハトは泣いているオモテ

ハトは泣いている 時代(とき)の肖像

ハトは泣いている 時代(とき)の肖像 「公正中立」って何だ?民主主義って何だ?浮き彫りにされるキナ

記事を読む

kana

カナリア諸島の日本国憲法第9条

■ ─スペイン・テルデ市 サンティアゴ市長インタビュー─ 映画「シロタ家の20世紀」の

記事を読む

第19回案内チラシ「東京裁判」20150629).pptx

第19回憲法を考える映画「東京裁判」のご案内

第19回憲法を考える映画「東京裁判」のご案内   と き:7月18日(土)13:30~18:

記事を読む

ad

ad


第76回「アトミック・カフェ」20240629案内チラシ(20240607)テスト版表
第76回憲法を考える映画の会『アトミック・カフェ』

第76回憲法を考える映画の会『アトミック・カフェ』 第76回

第8回むのたけじ反戦塾案内チラシ2024年6月15日版オモテ
第8回 むのたけじ反戦塾(2024年6月15日)

第8回 むのたけじ反戦塾 日時:2024年6月15日(土)13:30

第75回憲法映画祭2024(2024・4・29)入稿版オモテ
憲法映画祭2024

憲法映画祭2024 「憲法映画祭2024」(第75回憲法を考

第7回むのたけじ反戦塾案内チラシ2024年3月20日版
第7回むのたけじ反戦塾

第7回むのたけじ反戦塾 第7回むのたけじ反戦塾 日

第74回「サイレントフォールアウト」20240203案内チラシ2
第74回憲法を考える映画の会『サイレント・フォールアウト 乳歯が語る大陸汚染』

第74回憲法を考える映画の会『サイレント・フォールアウト 乳歯が語る大

→もっと見る

PAGE TOP ↑